怪異に乙女とチェーンソー

第1章 舞宇道村

1-1

 春のうららかな日、奏矢(そうや)ジュリはここ、舞宇道村(ぶうどうむら)に訪れた。運転席から、ここまで運転してくれた依頼者である、浦河 智也( うらかわ ともや)が降りる。 「奏矢さん、着きました。ここが俺の家です」 智也は目の前の一軒家を指差す。2階建ての一般的な建物である。 「……」 ジュリはそのショートカットの黒髪をかきあげると、助手席から降り立つ。 「妻を……リオをお願いします……」 ジュリは無言でその碧眼を智也に向けると、手に持った大型チェーンソーの燃料を確認する。 「リオ……無事で居てくれよ……」 智也は猟銃を車から下ろすと、構えながら自身の家のドアを開ける。そのドアは大きく割られ、もはやドアの(てい)を成していなかった。一歩中に入ると、そこには玄関から大量の泥まみれの足跡が室内に続いていた。 「リオー!」  玄関から大きな声で、智也は自身の妻へ声を掛ける。 返事は、ない。しかし、その声に反応してか、居間の方から飛び出してくる、男が1人。 「うっ……」 智也は呻いた。その男の容姿は、体が不自然に膨れあがり、所々から体液が漏れ出していた。左目は落ち、変色した右目だけでジュリたちを捉えている。まさしく、動く死体と言ったところか。  ジュリはチェーンソーの刃を回転させると、その男が突きだした腕を薙ぎ払う。男の両腕は床に落ち、赤茶けた液体がこぼれ落ちる。ジュリはさらに倒れ込んでくる男に足払いをすると、倒れた男の首へ目掛けて、チェーンソーの刃を振り下ろした。  男の生首が床に転がり、首と胴体から溢れた赤茶けた液体が水たまりを作る。辺りには鉄さびの臭いと生臭さが広がった。 「……早く2階に行きましょう」  ジュリは玄関からの足跡が2階へと続いているのを見て、2階へと上がる。先頭はジュリ、その背後を猟銃を構えた智也がカバーする。足跡は寝室へと続いており、ジュリが寝室のドアノブへと手を掛けたときに寝室の中から物音がしていることに気がついた。 「開けるわよ……」  ジュリは小声言いながら、智也に振り返る。 浦河は緊張からか額に脂汗が浮いていたが、無言で頷くと身構える。   バンッ!  ジュリがチェーンソーのエンジンを入れるとともに、扉を蹴り開ける。 そこには、こちらに背を向けて座り込んでいる女が1人。 「あの人があなたの奥さん?」 「い、いや。背格好が全く違う……」  その言葉を聞いたジュリはチェーンソーのエンジンを吹かすと、辺りに大きな音がこだまする。 「お、お前は、誰だ。俺の、妻をどうした!」  智也は猟銃を構えて、その女を警戒する。 その声に反応したのか、その女はゆらりと立ち上がると、ジュリたちの方に向いた。  「ひっ……」  智也の銃を握る手が、恐怖により震える。 その女の顔は、酷く腐乱しており、鼻と唇が削ぎ落ちていて、歯茎が露出していた。 さらには、顔色は土気色を通り越した茶色であり、髪はボサボサで、ウジが髪の間で白く蠢いていた。  急に女がジュリたちの方へ突進してくる。浦河は、その女に猟銃を向けて発砲するが、女の勢いは止まらない。  ジュリは一歩踏み出すと、チェーンソーの刃を横向きに構える。突進してくる女を、チェーンソーを構えたまま、そのままの体勢で受け流す。  重たい音が2つ、低く響いた。  女はそのままの勢いのまま、腰の辺りから2つに分断される。2つに分かれた女は、臓腑を撒き散らしながら廊下に転がった。赤黒い血が、廊下に広がり、鉄さびの強い臭いが鼻をつく。  ジュリは廊下に転がったそれらに目を向けた。 うつぶせで上半身だけになった女は、ぴくりと指先を動かした。その動きが、指先から腕、顔へと伝わっていく。  髪を振り乱した女は顔を上げて、ジュリを焦点合わない濁った目で見つめる。 そしてはみ出た大腸と何かの臓器をこぼしながらも、ジュリたちに這いずり寄ってきた。 「……」  ジュリは再度チェーンソーのエンジンを吹かすと、今度は頭部に向けてその刃を振り下ろした。 頭部から脳漿とウジの混ざった黒い液体が、チェーンソーの刃によって辺り一面に飛び散る。ドロリと腐臭がする粘度のある液体を垂れ流しながら、女は静かになった。 「はあ、まったく……」  ジュリは愛用のチェーンソーの刃に絡みついた髪の毛を摘まみながら、大きくため息をつく。 「なんでこんな面倒くさい依頼を受けてしまったのかしら」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ステラ

    四秋

    ♡300pt 〇100pt 2019年8月5日 0時00分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    四秋

    2019年8月5日 0時00分

    ステラ
  • かぼのべら

    重弘 茉莉

    2019年8月5日 23時21分

    木原 唯様応援ありがとうございます!!ノベラポイントを頂けるなんて、とても嬉しいです!!!まだまだお話は続きますので、どうぞ楽しんでいってください!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    重弘 茉莉

    2019年8月5日 23時21分

    かぼのべら
  • 十二単風ノベラ

    チーム奇人・変人

    ♡200pt 〇100pt 2019年8月13日 6時55分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    チーム奇人・変人

    2019年8月13日 6時55分

    十二単風ノベラ
  • かぼのべら

    重弘 茉莉

    2019年8月14日 0時19分

    チーム奇人・変人様応援ありがとうございます! ノベルポイント応援ありがとうございます!!毎日頑張って投稿するので、よろしくおねがい致します!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    重弘 茉莉

    2019年8月14日 0時19分

    かぼのべら
  • 猫のべら

    上村夏樹

    ♡100pt 〇100pt 2019年8月21日 9時28分

    一話のインパクトがすごいですね! 続きも気になります!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    上村夏樹

    2019年8月21日 9時28分

    猫のべら
  • かぼのべら

    重弘 茉莉

    2019年8月21日 20時59分

    上村夏樹様 応援ありがとうございます! まだまだ血みどろなお話が続きますので、どうぞ楽しんでいってください!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    重弘 茉莉

    2019年8月21日 20時59分

    かぼのべら
  • ひよこ剣士

    電咲響子

    〇41pt 2019年8月20日 1時11分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    君なら世界を救えるかもしれない

    電咲響子

    2019年8月20日 1時11分

    ひよこ剣士
  • かぼのべら

    重弘 茉莉

    2019年8月20日 8時36分

    電咲響子様 応援ありがとうございます!こちらでも応援していただけて嬉しいです!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    重弘 茉莉

    2019年8月20日 8時36分

    かぼのべら
  • ひよこ剣士

    穂村緋彩

    ♡100pt 〇5pt 2019年8月17日 19時28分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    穂村緋彩

    2019年8月17日 19時28分

    ひよこ剣士
  • かぼのべら

    重弘 茉莉

    2019年8月17日 23時54分

    穂村緋彩様 応援していただきありがとうございます!どうぞお楽しみくださいませ!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    重弘 茉莉

    2019年8月17日 23時54分

    かぼのべら

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お人好し大学生と妖しい三十路男のバディ

    ♡23,900

    〇2,210

    ホラー・連載中・96話 長埜恵

    2020年8月12日更新

    クトゥルフ×ブロマンスの異色ホラーサスペンス。前作「怪異の掃除人」の続編。 怪しい三十路男とツッコミ体質のお人好し青年が、時に軽口を叩き合い、時に背中を預けながら、名状しがたい怪異に立ち向かっていく。 きっちり着込んだスーツの上に不審者面が乗っかった曽根崎は、知る人ぞ知る“ 怪異の掃除人 ”である。 警察では解決できない不気味な事件を専門とし、必要とあらばあらゆる手を尽くして“ 無かったこと ”にする。 そこにひょんなことからアルバイトとして勤めることになった大学生・景清は、今日も曽根崎に金をちらつかせられながら共に調査に向かうのであった。 ※表紙絵はヨシモト様に描いていただきました。

  • おまえら全員皆殺しだ!

    ♡0

    〇0

    ホラー・連載中・3話 Philip Brackman

    2020年8月12日更新

    オレゴン州ホームセンターのザ・ハウス・デポで勤続二十年のベテランである、おれ(ザカリー・ジンデル)は六月のある晴れた一日、社内で店長をチェンソーで殺害した。あっという間の出来事だった。完全武装したおれが全員を監禁し、まるで悪夢のような、緊迫した時間――。

    タグ: