SF 長編 連載中

オリエント・オリエンス

作者からの一言コメント

機械に覆われた街を生きる人と兵器たち

読了目安時間:7時間3分

オリエント・オリエンスの表紙

災禍と叡知の継承を描くSF。機械樹に覆われた街、シリカ・トーラスには青空がない。シリコンの身体を持つ人型兵器「ノンフェラス」であるヒムフミ・サカイが、わけもなく惹かれる女性型兵器、イナシアに出会ったところから物語は始まる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 オリエント・オリエンス
作者名 織野 帆里
ジャンル SF
タグ シリアス アクション/バトル 未来 サイバーパンク
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年5月23日 20時00分
最終投稿日 2021年9月20日 11時36分
完結日 -
文字数 211,392文字
読了目安時間 7時間3分
ブックマーク登録 16件
コメント 11件
スタンプ 51件
ビビッと 0件
応援ポイント 62,400pt
ノベラポイント 220pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 宇宙船をもらった男、もらったのは星だった!?

    宇宙SFものです。

    10,700

    0


    2021年9月21日更新

    俺は、検査偽装の濡れ衣を着せられ、会社を辞めた30代前半の男だ。それが、どういうわけか宇宙船の艦長にスカウトされてしまった。しかもその宇宙船、地球よりも大きな巨大宇宙船だった。 この物語は、いきなり超巨大宇宙船の艦長になってしまった山田圭一(ヤマダケイイチ)が、時に日本政府と交渉し、時にまったり生活し、宇宙の危機を救ったりする物語である。 なお、この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称・国名等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 拙作「常闇(とこやみ)の女神 ー目指せ、俺の大神殿!ー」のエンディングをご理解できるよう、ノベルアップにも投稿始めました。

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む

  • AI

    AIは愛を語ることが出来るのか?

    1,100

    0


    2021年9月21日更新

    うら若き天才科学者が生み出した男性型アンドロイド「オ・ミークロン 」、通称オミ。 生みの親であるハカセと暮らすうちに、彼の意識には愛が芽生えた。 家族愛、恋愛、親愛、どれともつかない不思議な愛情を抱えたAIは、ハカセに愛を語ることが出来るのか? ドタバタしつつ時々シリアス。 SF要素を盛り込んだAI×ハカセのライトな恋愛モノです!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ゴブリンガールはガチャを引く!

    抗え! レベル2のド底辺モンスター!

    159,600

    201


    2021年9月20日更新

    勇者はレベルアップしてどんどん強くなれるのに、モンスターには生まれながらに『固定レベル』が定められている世界。 そんな理不尽なルールを作った魔王を倒すべく、レベル2のゴブリンが立ち上がる! ガチャで排出されたアイテムを召喚できるチート装備『スマートフォン』さえあればどんな魔物でも一刀両断! ……と思いきや、ハマるハマる課金地獄! そして陥る借金苦! ついにはドワーフのギャング団に捕らえられ、小金稼ぎのクエスト攻略に駆り出されて……!? ゴブリンガールのドタバタ返済アドベンチャー、ここに幕開け! ※Twitterでキャラ絵や挿絵の公開などの活動しています! https://twitter.com/GoblinGirlGacha ※「小説家になろう」と重複投稿です。 https://ncode.syosetu.com/n2037gy/

    読了目安時間:4時間52分

    この作品を読む

  • 江浦草子

    目標、大日本帝国による世界征服!

    400

    0


    2021年9月21日更新

    皇紀2701年、遂に地球は世界政府を樹立した。通称「地久共栄圏」と称されるその国際機関は、大日本帝国の勝利によって立ち上がった「大東亜共栄圏」を母体としており、それは言うなれば、大日本帝国の世界征服といっても、まず過言では無かった。 ある男が28世紀の号砲を告げる。彼は大日本帝国内閣総理大臣であり、つまりはこの地球上で天皇の次に尊い立場の人物であった。権威ではなく権力だけで考えるならば、世界一重要な人物、といってもまず過言では無い。彼は曾祖父、垣屋孝三よりの基盤を脈々と受け継いだ貴公子であり、言うなれば生まれながらの勝ち組と言っても、まず過言では無かった。 彼には、三人の妹がいた。保波、菊理、崇華の三人である。彼女等は佳く兄を支え、また兄も彼女等を慈しむことを忘れなかった。 そう、なぜなら、その三人の妹の前世とは……。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む