文芸/純文学 短編 完結済

真夏の幻影の火花

作者からの一言コメント

幻覚たちがパーティーをしている。

読了目安時間:2分

真夏の幻影の火花の表紙

「俺の頭はいつも何かに支配されている。幻覚だったり幻聴だったり思考だったり感情だったり。とにかく俺の思い通りにならない何かにいつも支配されている」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 真夏の幻影の火花
作者名 Wkumo(湖無カー)
ジャンル 文芸/純文学
タグ 幻覚 幻影 真実 支配 操作 狂気
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月22日 14時38分
最終投稿日 2021年7月22日 14時39分
完結日 2021年7月22日 14時38分
文字数 1,189文字
読了目安時間 2分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 四季織のいろは

    折り紙で織りなす新しい文芸青春物語

    5,700

    0


    2021年7月30日更新

    ──夢見月にキミ想ふ。それはあの日私が出会った一冊の古い本。その中で彼女が最後に折った折鶴、それは千年の時を越えて現代に届けられた変わらぬ愛のかたちでした──高校最後の夏のある日、私は一人の女生徒と出会う。その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。私達を繋いだのは一枚の折り紙。四季と短歌、日本文化で紡がれる色鮮やかで美しい世界観と、折り紙を通して描く心の成長物語。四季織のいろはをどうぞお楽しみ下さい。 ※【春】編は毎日更新します。 ※ファンの皆様へ。今回はこのまま続きと冬編まで書いて行きます。 ※ポイントは入りません。(コメントは貰えたら嬉しいかも) ※ご意見、ご感想、誤字報告お待ちしております。

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 僕はまた金魚鉢の夢を見る

    初めて書いた小説、温かい目で見守ってね

    100

    0


    2021年7月30日更新

    大学2年生の夏休み、大人になり切れない大学生の糸川紡(いとかわつむぐ)は5年ぶりに故郷に帰る事になった。その町は紡にとって思い出したくない思い出の町。だから彼はずっとその場所を避けていた。5年ぶりに見たその町は昔も今も豊かな自然に包まれていて何も変わらない。けれどそこには一つだけ足りないものがあった。欠けてはならない大切なモノが…。5年間の空白。埋まらない溝。後悔という名の悪夢。それら全てを乗り越えた時、人はきっと大人になる。これはそんな子ども以上大人未満の糸川紡がつむぐ人生の物語だ。

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    450,100

    1,800


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む

  • エレス冒険譚 ~竜騎士物語~

    転生ではない、王道系ファンタジーです

    239,400

    100


    2021年7月30日更新

    考古学者として旅していたカシムだが、誘拐された王女を偶然助けたことで、国王から「竜騎士」を目指すように命令される。 それは、この世界で最も恐ろしい十一柱の創世竜の元を巡らなければならない、「死刑宣告」と同義の命令だった。 この物語は、エレスという世界を舞台に繰り広げられる、カシムやその仲間たち、そして、さらに沢山の冒険者たちの物語である。 ※一応セルフレイティング入ってますが、それが主眼の話しではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:30時間3分

    この作品を読む