現代/その他ファンタジー 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

リバース・ウィッチ

作者からの一言コメント

魔女見習いが挑む『災厄』の物語

読了目安時間:23分

総エピソード数:7話

霧の都ロンドン。 かの有名な名探偵シャーロック・ホームズが数多の事件を解決した、歴史的に名高い都市。 その都市の地下には、『幻獣』などを取り扱う魔女が住む【地下世界≪リバースワールド≫】が広がっていた。 日本から単身ロンドンへやって来た少女、水沢キョウカは魔女になるべく【地下世界】ロンドンへと足を踏み入れる。 ロンドンの魔女事情を知らない彼女は、先輩であり良きいじられキャラ(?)ローラ・モールトゥスとともに【地上世界】では対処しきれない災厄に立ち向かっていく。 ※作者サイト、小説家になろうで連載中。

総エピソード数:7話

作品情報

作品名 リバース・ウィッチ
作者名 巫夏希
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル 女主人公 西洋風 日常 異能 魔女
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年10月5日 19時00分
最終投稿日 2021年5月9日 17時51分
完結日 -
文字数 11,737文字
読了目安時間 23分
総エピソード数 7話
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 開闢のミーディアム ~人ならざる者が見える辰美の視点~

    異界を視る眼と無理難題ハッピーエンド

    7,800

    5


    2022年5月26日更新

    【あらすじ】 ─「視点」を変えれば未確認生物、神使や人ならざる者が存在している? 日本の首都圏にあるS玉県の山奥にある田舎町、越久夜町(おくやまち)に住む女子大生の辰美(たつみ)はある時から人界とは剥離した異界や人ならざる者が見える目を持っていた。 一方世界は神々や摩訶不思議な─超自然的な事柄を信じなくなっていた。 そんな辰美はある日、「異界」の影響を受ける。地球の神であるという麗羅(らいら)という女性から「ハッピーエンドにして欲しい」と頼まれてしまう。 夢の中で起きる摩訶不思議な経験、そして友人の妹がいなくなる事件。長閑な山間部の田舎町が徐々に様相を変え、不穏な空気が漂い出す。人間が認識している世界では起こりえない出来事が辰美を巻き込んでいく。 町の神域を破壊する悪い魔法使いははたして悪なのか?正義なのか?町を守るタヌキたち、神使たち─人ならざる者たちの思惑の行方は? 辰美の前に現れた喋る赤眼のカラスは何者なのか? とある時空での都内で起きた出来事がきっかけで物事が狂い、「変哲のない」女子大生の辰美へ影響を与える。越久夜町を破壊する様々な出来事が起きていき、最期へ向かう。 『そんじょそこらの使わしめ』の主人公、童子式神の視点から離れた、また別の話。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ ※漫画やイラストで現在創作中の『そんじょそこらの使わしめ』のハイパーリンク小説です。 本編ストーリーを読まなくても大丈夫なように書いていきたいです。 ジャンルは現代ファンタジーですが、自分は現代的で和風要素があり、ほんのり薄らと民俗学的な要素ありなハッピーエンドストーリー感じだと思っています。 絶対ハッピーエンドにさせますし、完結させたいと思っています

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間9分

    この作品を読む

  • テン★漢♡娘

    遊びで繋がり紡ぐ物語

    300

    0


    2022年5月26日更新

    ひょんな事から捨てられた神社に住まう悪霊(女神様)に呪いを掛けられたごく普通? の男子高校生、紬(つむぎ)。神社の復興しなければ巫女として女の子になり一生、悪霊(女神様)に尽くさなければならなくなった。復興の仕方なんて分からない紬は両親に相談すると、両親の悪乗りからVtuberとして活動する羽目になる。 丁度良いとばかりに、女神様の呪いが発動して、視聴者や仲間内の思いによって男の娘にされたり、女の子にされたりと、性別が変化してしまう日々を送る羽目になる。 廃れた神社を舞台にして盛り上げようとしたりして、徐々に人気になっていくが、周りの友達は己の欲望を叶える為に、ワザと悪霊(女神様)に取り入って紬を女の子にしようとしたり。 紬の貞操を守るために奮闘したり、紬の周りも段々と騒がしくなっていく。時に女同士の攻防があったり、共闘がしたりする。 ゲームを通じて色々な人と繋がり、女神様と遊ぶ人々を主人公が紡いであげる物語。

    読了目安時間:6時間19分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る