リバース・ウィッチ

読了目安時間:2分

第五話 幻獣

「幻獣の調査が終了した。幻獣の警戒レベルは4。具現化している対象は(ドラゴン)だ」 「……龍、ですか」 「久しぶりじゃね? 龍って。今までは妖精とかそれぐらいの規模だったよーな記憶があるけど」  レイラの言葉に、それぞれの反応を示すキョウカとローラ。  サーフボードを片手に、ゴーグルを頭に装着した二人は、今にもゲレンデに滑りに行きそうな感じだ。 「サーフボードだからどちらかと言えば海水浴という認識の方が正解なんでしょうけど……」 「で? ドラゴンは何処に出撃したの?」 「ベイカー・ストリートって知っているかな?」  それを聞いて頭を抱えるローラ。 「何だっけ……聞いたことはあるんだけどな。コナン・ドイルが生まれた場所?」 「コナン・ドイルが生まれた場所はエディンバラだよ、ワトソンくん」 「?」 「……ネタで返したのに、それを知らないか、或いは知らない振りするのはどうかと思うな! ……答えを言うと、シャーロック・ホームズで有名になったストリートのことだよ。ほら、ベイカー・ストリート221Bって有名だろう? シャーロック・ホームズ博物館があの近辺にもあるから、幾ら世間知らずのローラでも知っていると思ったんだが……」 「世間知らずで悪かったね。……で? まさかその龍はホームズのファンだったりする訳?」 「シャーロッキアンってことですか? 幻獣もそういう俗世の物を好んだりするんですかね?」 「……キョウカ。ローラの話は話半分に聞くように。普通に考えて、龍がシャーロッキアンな訳ないだろう。とにかく、その龍を何とかしないといけないのが我々の任務って訳だから」 「任務って言いますけど……具体的には何をすれば?」 「沈静化すれば良いよ。幻獣は人を、いや、人以外でも何でもとにかく動物を、直接殺すことは出来ない。さっきも言った通り、二次災害で殺すことは大いに可能だが」 「……龍の大きさはどれぐらいなんですか?」 「基本的には、十メートルオーバーと思って良いだろうねえ。十メートルを超えると龍、超えなかったら……何だっけ? トカゲ?」 「そうそう。オオトカゲ。一応、そういう分類になってるらしーけど。でも、十メートルぐらいのトカゲが居たらそれはそれで困るよな……」  十メートル近いトカゲって、それはもうトカゲではないのでは? 「……まあ、とにかくあなた達への任務は至ってシンプル。龍を成敗するだけ。成敗と言っても、実際問題、龍を含めた幻獣を手玉に取るのは難しいのであって……であるなら、もっと簡単なやり方が用意されている訳」 「?」 「小難しいこと言ってないで、さっさと解説したらどう? キョウカが何も分からなくて困惑してるようだけど」 「ああ、ごめんごめん。別に悪気があって言った訳じゃない。ただ、これを使えば楽に物事が進められるという訳であって……」  そう言ってポケットから取り出したのは、小さなカプセルだった。  そのまま手に取っていたら、何かの薬剤だと間違えてしまいそうなぐらいな形。  しかしカプセルの中には何も入っていなく――ただ空白だけが広がっていた。   

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,900

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • ラピスの再生論

    変わりゆく社会を生きる人々のSF風群像劇

    92,500

    3


    2021年5月14日更新

    ――何かを忘れたように淡々と陽が昇り、月が出る。 七つの都市と七万の人口を抱える街、新都ラピスは今日も平穏だった。そこは、共同体を保つために人間が「生産」され「役割」の名の下に歯車として働く、人と社会の使役関係が逆転した世界。ラピスの最高権力機関・統一機関に所属するリュンヌは、読書家で人との関わりを苦手とするところ以外、ごく一般的な研修生として暮らしていた。19歳の秋、幹部候補生に抜擢される研修生が発表される日の朝に、異言語を話す少年ティアがやってきたときから、彼女の日常は、そしてラピスという世界は、徐々に変化していく。 形を変えゆく世界のなかで、自身を変革してゆく人々の群像劇。 ------ リュンヌ・バレンシア(ルナ)…… 本作の主人公。統一機関の研修生。事なかれ主義で厭世的、消極的でごく少数の人間としか関わりを持とうとしないが物語の中で次第に変化していく。本を読むのが好きで、抜群の記憶力がある。長い三つ編みと月を象ったイヤリングが特徴。 ソレイユ・バレンシア(ソル)…… 統一機関の研修生。ルナの相方で幼馴染。ルナとは対照的に非常に社交的で、人間関係を大切にする。利他的で、時折、身の危険を顧みない行動を取る。明るいオレンジの髪と太陽を象ったイヤリングが特徴。 ------ 全十章。 「小説家になろう」「NOVELDAYS」にも投稿しています。 他2サイトに投稿したものは完結済です。そちらを改稿し、順次投稿していく予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間42分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 蒼き瞳の異能破壊者

    異能破壊者と『万能』を操る少女の物語

    20,500

    100


    2021年5月15日更新

    太古の昔、一人の人間である最初の異能発言者(ファーストアビリティ-)が世界を歪ませる程の大規模異能を発動したことにより、様々な種族やエルフなどがこの世界に来訪した。 数多の戦争を繰り返したが、当事者の最初の異能発言者により和平が行われてその大戦争が終結した。 それから数千年の月日が経ち、世界は異能を使って様々な進化と発展を繰り返し、異能者を育成する機関が増えつつあった。 東の大陸と言われる巨大なユースリティア大陸の聖都地域にある第一異能学園に通う少年リク・ワンストは、新学期を迎えて二年生へと進級した。 ある時、学園で不可思議な事件が発生し、それの調査を行うリク。 そしてその際にリクは運命的な出会いを果たす。 彼女の名前はアテナ・セブンス。異能者の中でも特に優れている家系であり、世界で十人しか存在しない最高超越者の一人だった。 アテナとリク、二人の出会いが全ての物語の歯車を動かすことになるのだった! 異能破壊者の二つ名を持つ少年と最高超越者と呼ばれる少女による、バトルコメディ!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間57分

    この作品を読む

  • 普通のJK、実は異世界最強のお姫様でした〜みんなが私を殺したいくらい大好きすぎる〜

    魔女と魔法使いのガールズファンタジーです

    12,400

    0


    2021年5月15日更新

    いたって普通の女子高生・花園 アリス。彼女の平穏な日常は、魔法使いを名乗る二人組との邂逅によって破られた。 異世界からやって来たという魔法使いは、アリスを自国の『姫君』だと言い、強引に連れ去ろうとする。 心当たりがないアリスに魔の手が伸びた時、彼女を救いに現れたのは、魔女を名乗る少女だった。 未知のウィルスに感染したことで魔法を発症した『魔女』と、それを狩る正統な魔法の使い手の『魔法使い』。アリスはその戦いの鍵であるという。 わけもわからぬまま、生き残りをかけた戦いに巻き込まれるアリス。自分のために傷付く友達を守るため、平和な日常を取り戻すため、戦う事を決意した彼女の手に現れたのは、あらゆる魔法を打ち消す『真理の剣』だった。 守り守られ、どんな時でも友達を想い、心の繋がりを信じた少女の戦いの物語。 覚醒した時だけ最強!? お伽話の様な世界と現代が交錯する、バイオレンスなガールミーツガールのローファンタジー。 ※非テンプレ。異世界転生・転移要素なし。 ※GL要素はございません。 ※男性キャラクターも登場します。 ※イラストがある話がございます。絵:時々様( @_to_u_to_ )/SSS様( @SSS_0n0 ) 旧タイトル「《ドルミーレ》終末の眠り姫 〜私、魔女はじめました〜」 ※他サイト(小説家になろう・カクヨム・アルファポリス)でも掲載。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:70時間32分

    この作品を読む