現代/その他ファンタジー 長編 完結済

読書キャンペーン開催中!

幽霊退治専門の職場に何故かオバケ嫌いの上司が来た

作者からの一言コメント

若手除霊師×オバケが怖い上司

読了目安時間:4時間34分

総エピソード数:66話

幽霊退治専門の職場に何故かオバケ嫌いの上司が来たの表紙

「今日からコネで諸君らの上司になった|幽雅正継《ゆうがまさつぐ》だ。言っておくが私は幽霊や妖怪の類を信じてはいない。だが、怖いものは怖いから私の前では可愛くオバケと言うように!!」  ──これが、俺の初めての相棒との出会いだった。 人に害をなす『悪鬼』を退治する『幽特』に現れたのは、幽雅グループ会長の孫、幽雅正継。 幽特のボスである灯屋善助は、勝手にボスよりも上の地位をつくり無理矢理上司になったユウガが嫌いだ。しかもユウガは悪鬼が見えないと言う。 命懸けの危険な現場に役立たずで邪魔な存在はいらないとアカリはハッキリ伝えるが、ユウガは全く気にする様子は無い。 幽雅には能力が二つあった。一つは呪いで繋がった相手の外傷を肩代わりする『贄の神子の呪い』、もう一つは悪鬼は見えないが、どんな悪鬼でも気配を感じる事ができる『探知能力』だった。 普段から部下を危険に晒さないよう、無理をして現場で怪我を常に負っているアカリのために呪いをかけるユウガ。 会長からユウガと相棒を組むように指令を受けたアカリは、自らの『消滅』の能力とユウガの二つの能力によって無傷で悪鬼退治を達成する。 しかし、アカリは突如襲ってきた人間からの攻撃によってトラウマが刺激され何もできなくなってしまう。オバケに怯えていたはずのユウガは人間には滅法強く、あっさりと制圧してみせた。 初めて人から守られた事で、アカリはユウガに好意を抱き、猛アタックを開始する。 突然の変化に驚くユウガだが、長年アカリを見守っていた愛着があるため邪険にもできずに絆されていく。 急速に仲が深まるアカリとユウガだが、好きだからこそ危険な現場へ出て欲しくないという思いが湧いてくる。 オバケ嫌いなユウガのために、アカリは自らの能力を使ってユウガの能力を消す事を提案する。 ユウガはそれを聞いて激怒したのだが、アカリの能力が万能過ぎる事が気になり、いつもアカリが能力について相談しているという“友人”を調べるのだが……。 イラスト:はゆるふ様

総エピソード数:66話

作品情報

作品名 幽霊退治専門の職場に何故かオバケ嫌いの上司が来た
作者名 くろなが
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ BOYSFANコン 男主人公 現代日本 ハッピーエンド コメディ ほのぼの ダーク アクション/バトル
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年9月28日 10時26分
最終投稿日 2022年5月18日 20時19分
完結日 2022年3月11日 19時10分
文字数 136,913文字
読了目安時間 4時間34分
総エピソード数 66話
ブックマーク登録 11件
コメント 141件
スタンプ 73件
ビビッと 49件
応援ポイント 244,700pt
ノベラポイント 910pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ♯04【神楽坂ゴシック・フォックス探偵事務所のB級的調査譚】激痛茶館

    おっさんの書く、しょうもない妖狐もの

    0

    0


    2022年5月29日更新

    春を迎えるころ。 日本のお隣は韓国のソウルでも、人びとが春の到来に心を躍らせる中、ある事件が起きていた。 “連続人さらい事件”―― それも、被害者には“茶会の招待状”が届けられるという奇妙なものであり、その招待状も、花をモチーフに痛覚を司る神経系や伝達物質などのイラストが描かれるという、悪趣味かつ不気味なものであった。 そんな不穏な香りの漂う案件を、“スタイル”ことカン・ソジュン率いるSPY探偵団が調査する中、神楽坂怪奇探偵コンサルタント事務所に相談することに…… ■■ 主な登場人物 ■■ ● 神楽坂文(かぐらざか・ふみ) 事務所副所長の肩書を持つ妖狐。 北川景子似の美女の外見にして、性格はクズでキモキャラ。声色は子安武人似。 チートクラスの力を持つも、その妖力はリボ払い式。 ● 綾羅木定祐(あやらぎ・ていすけ) 事務所所長の中年男。 人間嫌いで仕事嫌いのダメ人間。 ● 上市理可(かみいち・りか) 事務所助手。 武田玲奈似の20代女子。 ◆ SPY探偵団メンバー ● カン・ロウン SPY探偵団団長。丸サングラスをした中年。コードネームは“スタイル”。 ● パク・ソユン モデル体型の美女で、ソウの芸名で兼業モデル。あだ名は“ソウ”、“ジグソウ・プリンセス”。 ● ドン・ヨンフォ 黄色とピンクの組み合わせの奇妙なスーツを着た、長身の兼業実業家。あだ名は“フラワーマン”。 ● キム・テヤン 中年男で兼業屋台のオヤジ。あだ名は“チジミ屋のおっさん”。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • 神有り神無し神名町

    かみありかみなしかんなまち

    0

    未参加


    日時集計中

読者のおすすめ作品

もっと見る