現代/その他ファンタジー 短編 完結済

私の名前を当ててみよ

作者からの一言コメント

ゴーストの問いに答えることが出来ないと?

読了目安時間:2分

総エピソード数:1話

古城ホテルを作ろうと格安なお城を見学に来た俺は、幽霊と出会ってしまった。 ノベプラ様の第2回勉強会参加作品。2作目。課題「名前の出し方」。この1話内で完結しています。

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 私の名前を当ててみよ
作者名 チーム ホワイトミルク
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 第2回勉強会 男主人公 ハッピーエンド 幽霊/古城 なぞかけ ヒストリカル 秘密 ファンタジー
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月16日 11時06分
最終投稿日 2022年5月16日 11時07分
完結日 2022年5月16日 11時06分
文字数 1,199文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 3件
コメント 4件
スタンプ 23件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,600pt
ノベラポイント 6pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女剣士セルティス

    自身の弱さを乗り越え、強くなれるのか……

    104,800

    10


    2022年7月5日更新

    今から10年前、四天王がいた。四天王は世界を略奪し、 人々を滅ぼそうとした。その四天王は伝説の剣士によって 封印された。 10年経った今、封印していたはずだった四天王が復活した。 モンスターが世界を占領し、人々を滅ぼしていく。人々は そんな世界に怯えている。 四天王を復活させたのは誰なのか、人々がまた笑顔になれる 日がくるのか。ひとりの女剣士が立ち上がる。 セルティスのメンタルの成長を暖かく見守って いただけると幸いです。 ★文章の書き方など、試行錯誤で書いていますので、 途中で書き方が変わったりすることもあると思いますが、 ご了承ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間6分

    この作品を読む

  • 神在神無神名町

    かみありかみなしかんなまち

    0

    未参加


    2022年7月5日更新

    神様が居るけど居ない町 全然関係ないけど 「とげありどげなしとげはむし」てゆう名前の虫がテレビで紹介されてて思いついた。 神在神無神名町(かみありかみなしかみなまち) これ読んで、神居るのか居ないのか分からないし 神名町だって神の名の町だとも解釈できる。 よけいに分からんよな

    読了目安時間:59分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生物部員はコスプレイヤーの夢を見る

    レイヤー女子と、生物部男子の邂逅は!

    18,100

    100


    2022年4月28日更新

    生物部である男子高校生たちは、同人誌やコスプレデビューを目指し、先達や異性との出会いの中、リア充なオタクライフを満喫する。 って、スムーズに青春出来ると思ってました。 女子は女子で色々あるのです。青春だもの。 笑えて、コスプレのノウハウもわかって、さらに泣ける展開もあるかもしれない、ラブコメディ。 2021/10/06 第1話にキャラ立ち絵8点追加。 2021/10/31 第2話公開。 2022/01/03 第3話公開。 2022/02/20 第4話公開。 2022/03/26 第5話公開。 2022/03/27 第5話にキャラ立ち絵1点追加。 2022/04/28 第6話公開。 2022/04/28 第6話にキャラ立ち絵1点追加。

    読了目安時間:3時間32分

    この作品を読む

  • この世の果てで誰もが幸せになれる世界を探して

    誰かと幸せを探して

    23,000

    100


    2022年7月5日更新

    この世界は悲劇である。 誰かが救われれば、誰かは救われない。 誰かが幸せになるならば、誰かが不幸になる。 世の中はそうしてバランスをとってできている。 自分が幸せになるためには誰かが不幸になるしかない。 そういうことは学校では教えてくれない。 繰り返すがこの世界は悲劇でできている。 革命は血を流して起こっている。 平和は戦いの後で成り立つものだ。 誰かが笑っているそばで誰かが泣いている。 誰かが楽しそうにしている横で誰かが泣いている。 歴史は悲劇でできている。 現代を生きる我々が美化しているだけだ。 「ならば今を生きる私には何ができる?」

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む