異世界ファンタジー 短編 連載中

君とFのアルペジオ 天透ST編

作者からの一言コメント

ギター擬人化〈音女〉の過去のお話

読了目安時間:1分以内

総エピソード数:1話

君とFのアルペジオ 天透ST編の表紙

ギター擬人化〈音女〉の過去のお話

前へ

1-1

次へ

前へ

1-1

次へ

作品情報

作品名 君とFのアルペジオ 天透ST編
作者名 夏來ミト
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 学園 百合 女主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月14日 11時07分
最終投稿日 2021年10月14日 11時08分
完結日 -
文字数 234文字
読了目安時間 1分以内
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 邪神

    図らずも裏切られた男が行き着く先は……

    1,000

    0


    2021年10月22日更新

    邪神封じの魔剣を操れる者として、邪神討伐を目的とした勇者一行の一員となった魔族のファブリス。様々な苦難を乗り越えてファブリスが邪神の胸に魔剣を突き立てたその時、仲間だったはずの勇者によってファブリスは背後から剣で貫かれてしまう。また同時に、村でファブリスの帰りを待つファブリスの父母と妹も勇者たちの扇動によって、村人たちの手で惨殺されるのだった。さらには子供を身籠っていた恋人も勇者一行によって蹂躙されて殺されてしまう。畳みかけるような悲劇を目の当たりさせられ、その過程で自らの片腕をも失うファブリス。怒りと呪詛、そして悲しみ……様々な負の感情を抱えた瀕死のファブリス。その時、自らがその胸に剣を突き立てたはずだった邪神の声が頭の中で響くのだった。 一方、奴隷の身である魔族の娘、エル。いつもと何ら変わらない日常化した酷な虐待を受けたその夜、エルの前に大剣を持つ片腕の男と獣人族の女性が現れる。彼らは瞬く間に館にいたエル以外の人々を惨殺してしまう。かつて目にしたこともないような嵐の如き暴力に自らの死を覚悟したエルだったが、片腕の男と獣人族の女性と一緒に図らずもその旅に同行することになるのだった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 置き去りにされて追放されたけど奴隷から解放された上に超一流のクラフト士になってクソ令嬢達を見返してやったのです

    クソ悪役令嬢達を見返すのです!

    20,900

    0


    2021年10月22日更新

    少女レイは、町の権力者の娘であるセロリィ嬢に、奴隷として買い与えられ、残虐な暴力を受け続けていた。 そして、それまでの虐待や着服の証拠を消す為に、見知らぬ土地で野垂れ死にする様に仕組まれ、追放されたのだ。 しかし、レイは追放により自由の身になったことで、生きる希望を持ち奮起する。 彼女は生き延びて、持ち前の『クラフト』スキルを活かし、新たな街で幸せな生活を始めるのだった。 素敵な出会いによって、レイの元に集まる仲間達と、可愛いインキュバスの幼生ポコとの生活を通じ、彼女は知らず知らずのうちに成り上がって行く。 醜悪な性癖と、卑劣な知恵を持つセロリィ嬢が引き起こす問題は、いつしか町を越えて、国を巻き込む戦争へと繋がって行く。 再び相見える事になる二人の運命。 我が世の春を謳歌しているセロリィ嬢に、レイの足元に跪き許しを請う日が来るのだろうか……。 「小説家になろう」「カクヨム」サイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 月とアンタレス

    異世界無双?できらぁっ!日常SFコメディ

    3,444

    0


    2021年10月14日更新

    完結済・ショート読切。サクッと軽い異世界転移コメディ。 失業3か月目のオレが、月のない夜にコインランドリーの洗濯機の前に立ったとたん、"こちらの人間"がもれなく異能のチート体質になれる異世界に転送され、戦場をイッキに無双する。 味方の軍から歓待を受け、美女に囲まれ酒宴を楽しみ、美しい姫から「どうかこのまま、この世界に残ってください」と懇願をされるが…

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ききょうくんとなずなさん

    友達以上恋人未満の明るく切ない青春物語

    806,678

    8,190


    2021年10月20日更新

    中学生の頃、僕はいじめを受けていた。そのトラウマから登校できなかった僕が高校生活を始めたのは、入学式から一週間程経ってからだった。 そんな僕が一番最初に話したのは、退屈そうな顔をした隣の席の女の子。無愛想に見える彼女が昼休みに向かったのは、立ち入り禁止の屋上。「そこ、立ち入り禁止じゃないの?」そう問いかけた僕を見下ろした瞳は、どこか影を帯びているように見えた。屋上に繋がる扉から見えたどこまでも自由な春空。そして、僕を見つめる空色の瞳。見えない何かに背中を押され、立ち入り禁止の先に踏み入れた時、僕と彼女の人生が交差する──。 表紙イラスト→八女茶様 本文内タイトルロゴ→紅蓮のたまり醤油様 ※HJ小説大賞2020最終選考

    読了目安時間:11時間7分

    この作品を読む