連載中 長編

辺境夫婦善哉-ひきこもり雪獅子公と陽気な嫁様-

作者からの一言コメント

手と手を繋ぐ、夫婦のおはなし

ファンロン王政国の端っこ、ツァスマの領主の娘マイラは、ある日突然父からとある男との縁組を通告される。 その男とは、隣の大国クォンシュの皇帝と帝位を争い敗れたという“雪獅子公”トウキだった――!? 辺境から辺境(領地的には国境の川一本を挟んだ「お隣さん」)へと嫁いだ元気いっぱい前向き奥様(18)と生き延びたい陰気なワケアリ旦那様(29)、そして周囲の優しい人たち(と獣)が繰り広げる、たま~に不穏な空気もあるけれど結局は滅茶苦茶平和なところに着地する、ゆったりゆっくり絆を深める大河風物語。 ※登場人物の怪我について触れることがあるため、セルフレイティングを「残酷描写あり」にしてあります。 ※書いている人がたいへん気まぐれなので不定期更新です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 辺境夫婦善哉-ひきこもり雪獅子公と陽気な嫁様-
作者名 半井 幸矢
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの コメディ ちょっぴりシリアス ラブコメ 日常 ファンタジー たまに惚気がすごい
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年1月17日 20時35分
最終投稿日 2020年8月11日 21時22分
文字数 101,897文字
ブックマーク登録 19件
コメント/スタンプ 62件
応援ポイント 72,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年8月13日更新

    ※設定集は“最初に読まなくとも”楽しめます ※コメント等は積極的に歓迎しております ※海軍、特に軍艦の知識を募集しております 主人公“ゼルゲイド・アルシアス”は、敬愛する父親が遺してくれた辺境の小国「サロメルデ王国」に位置する家で、自給自足の生活をしていた。 しかし、そこに二人の来客が現れる。“アドレーネ”と名乗る少女と、“M”と名乗る初老の男は、ゼルゲイドの力を以て、亡国「ゲルゼリア王国」の再興を要請する。はじめは断ろうとするゼルゲイドであったが、『父親の不名誉の真実が分かる』との言葉を聞くと、態度を一変させて協力する意思を見せる。 時を同じくして、サロメルデ王国が戦争状態へと突入する。強大な軍事力を持つ「ベルゼード帝国」の圧倒的な力の前に、王国の民は一人、また一人と殺されていく。 ゼルゲイドはアドレーネやMのため、また、今まで過ごしていたサロメルデ王国、そして、今は亡き父親の名誉ために、愛機「シュヴァルリト・グラン」を駆り、戦争へと身を投じるのであった。

  • ───カッコ良ければ何でもいい

    ♡1,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話 ハリィ

    2020年8月13日更新

    亜小神タモツは異界の地で目覚める。 それも生ゴミの上、小汚い少年として。