辺境夫婦善哉-ひきこもり雪獅子公と陽気な嫁様-

読了目安時間:14分

エピソード:45 / 45

雪獅子公の嫁取り 後編

 はっきり断ってくれればよかったのに、と思った。  確かに、命を救ったのかもしれない。  確かに、突然の災難に見舞われたところを保護したのかもしれない。  確かに、そんなときに無償で寝食を提供したのは助かっただろうし、安心したのかもしれない。  勢いで言ってしまったことも、言ってしまって自分で驚いてしまったことも、多分わかっていたはずだ。  それなのに、かの姫君の父アデン・シェウは、トウキの申し出に対して困惑の色を隠せないながらも、 「……喜んで」  そう答えたのだ。      ◎     ◎     ◎ 「断るところだろう普通……」  まるで解せない、といった顔でトウキが(こぼ)すと、術具の向こうのリュセイはにまにま笑った。おかしさ半分、嬉しさ半分といった顔だ。酒が入っているせいもある。明らかに浮かれている。 「トウキ、トウキ・ウィイ。お前、ときどき突拍子もないことをするなぁ」 「どうしよう……」  机に突っ伏したところで、リュセイが(たま)らず失笑した。笑いに合わせて手元の杯がカタカタ揺れている。 「いいじゃないか、この際だ、身を固めておけ。ツァスマあたりならウェイダと似たような田舎だろう、お前が俺の敵だって話もまだ多少はまろやかに伝わっているんじゃないのか」 「どうかな」 「何なら教えてやればいい、お前は皇帝の敵じゃないって」  言われてトウキは顔を上げた。 「敢えてこのままにしている意味がわかっているのかリュセイ」  十四年前に起きた、帝位継承問題による皇太子暗殺未遂事件――初代皇帝と供にクォンシュを作り上げたといわれる国祖・赫き龍の血を引くトウキを皇帝に奉じようとした一派の謀略であったが、その皇太子であったリュセイを身を(てい)して(かば)ったのはトウキだったこと、またトウキ自身が暗殺を企てた者たちと接触していなかった(どころか面識がない者がほとんどだった)こと、関与していた証拠が全くなかったことから、裁判ではトウキは無罪という判決が出た。それでも騒動の責任の一端があるという皇太子派の声が強かったことから、臣下の身分に降格とされ都から少し離れたウェイダに封じられるという処分が下ったものの、「実は裏で何かしていたのではないか」という疑惑の目を持つ者、皇帝の御為に徹底的に排除しようとする者、また「やはり尊き赫き龍の血族をこそ帝位に就かせるべきだ」という考えを捨てぬ者は未だに絶えない。  そんな不穏分子を泳がせて対策を取るべく、リュセイとトウキは表向きは仲違いしたままという姿勢を貫いていた。そのお陰で、トウキがウェイダの領主と定まってから約十二年の間に二件も事件を未然に防げている。  酒を一口含み、リュセイはふぅん、と不満そうに唸った。 「そろそろお前と俺が小さい頃から滅茶苦茶仲良しで今もそうだって公の場で言ってもいいと思うんだけどな」 「ダメだ」 「俺の夢はお前を宰相にすることだったのに! あわよくばお前の子と俺の子を結婚させることだったのに!」 「嫌だ絶対帰らない」 「でもお前に娘ができればノユの嫁にできるな? 俺は諦めないからな!」 「変なところで職権乱用するな。ノユにはちゃんとした妃が必要だろう、椅子は空けておけ」 「何を言っている。お前の女房になるのはファンロンの姫、その娘が皇太子の妻になれば、より強固な繋ぎになるじゃないか。……うん、選択肢としてはアリだな、そうだな」  一人で勝手に進めようとするリュセイにトウキは焦った。 「ま、まだ結婚すると決まったわけじゃ、第一傍流とはいえファンロンの姫だぞ、許しが」  リュセイは、にこりと笑った。実に楽しそうに。 「皇帝(おれ)が許可する。大臣どもにも話を通しておく。なぁに大丈夫さ、これは国益のある婚姻、反対なんぞ出させない、いや出るもんか。シュイリ王にも書状を送っておこう、俺の可愛い弟分だくれぐれも宜しくとな!」 「あわっ……」    とんだことになった。うっかり放ってしまった一言で。  トウキは気が気でなかった。何しろ経緯はどうあれ、異国の貴人の娘を妻にと請うてしまい、了承されてしまった。そして異国の貴人の娘を妻に迎えることになる「かもしれない」ということで――あくまで「かもしれない」であり、相手次第では破談もあり得ると一応念を押して――皇帝へ報告したわけだが、当の皇帝は親友のめでたい話に本人以上に喜び、この上なく乗り気だ。  まだ会ってもいないのに、どう思われるかもわからないのに、こんなにトントン拍子に進んでしまって本当に大丈夫だろうか?  湯浴みの後の着替えを手伝う侍女シウルが言った。 「じゃあ会いに行ってきなよ」  本当は着替えなど一人でできるのだが、「こういうのは形だからね」と国境警備の任で詰所に泊まる日以外は毎日してくれる彼女も、リュセイと同じように長い付き合いがある幼馴染みで一つ年上の姉のような存在だ。屋敷の中では言動に遠慮がない。  しかし、先程のリュセイとの話が終わってから、しどろもどろになりながらも正直に全てを打ち明け相談したところ、シウルは当初は驚き呆れてはいたが、そのうち穏やかに笑いながら話を聞いてくれた。幼い頃から頼りにしている数少ない人物の一人だ。 「あの、いや、でも、」 「すぐ隣の領地だしスニヤもいるんだし、あんただけなら日帰りで行ってこられるでしょ。ちょっとファンロン側行って戻ってくるだけなんだから、出国許可なんていらないいらない!」 「いや、それも、けど、そんな、」 「アデン様を送っていくの。早く帰してあげなきゃいけないし、また賊が出るかもしれないし、橋の様子も見てこないと。そういう正当な理由があるんだからさ。……あんたは昔から勘がいいからね、多分そのお姫様のこと何か感じ取ってたんじゃない? 何たって、赫き龍の娘アルマト様の息子だもん。大丈夫、きっといい子がお嫁さんになってくれるよ」 「……でも、俺、こんな、顔、歳もちょっと、離れてるし」  俯くと、シウルの手が左半面を覆う金属の仮面をぺちぺちと叩いた。 「ほんと、優しい子だねあんたは。大丈夫だって。こういうのも縁ってもんだよ」 「縁」  そうだろうか。  自分の不用意な言葉でこんなことになってしまったのに。  そんなあやふやな、それでいてちょっといい話みたいな片付け方でいいのだろうか。  自分はいいのだ。来てもらえれば、きっと妻として大事にできる、と思う。  が、親しくできればそれに越したことはないが、向こうがそう考えてくれるとは限らない。何しろ自分はこの国では肩身が狭い身の上だし、リュセイが暗殺されかかったときに身代わりに術薬を浴びたせいで、顔から胸にかけての左側にはひどい火傷痕が残っている。 「こんな顔、気持ち悪いじゃないか」  自室で鏡を見ながら、焼けた左半面を撫でる。痛みはもう残ってはいないが、肉が引き()っているせいで左目は右目のようにちゃんと開ききらないし、ものが触れたときの感覚が違う。  事件当時、屈指の術士である母と宮廷の医療術士たちが力を尽くしてくれたが、ただの火傷ではなく呪いの術が込められた薬液による火傷であるため、痕は完全には治せないと言われた。トウキは龍の血を引いているから身体的に少し丈夫で術に対する耐性もあり命に別状はなかったものの、普通の人間だったら死んでいたらしい。  本人としては五体満足で生きていられるだけで御の字、消えないものは仕方がないと特に気にはしていないが、他人から見れば気分のいいものではないことは理解している。だからとりあえず隠しているのだが、いつものように仮面で隠すにしても、夫婦になればずっとそうしているというのも難しくなるだろう。子を作らないというのなら別だが――いや、その方がいいのかもしれない。こんな顔を見る苦痛など与えない方がいいに決まっている。そのあたりのことはちゃんと話し合って決めよう。そうだ、それがいい。  そこまで考えて、はっとする。だから、そんなに上手くいくはずがないじゃないか!  そういえば、学ぶことを楽しむ娘だという話だ。それならば、やりたいと言ったことを、好きにやらせてやればいい。ほしいと言ったものも、買い与えればいい。  こんな自分の相手をしなくても済むように。  表向きだけでも妻となってくれるのならば、それ以上求めるだなんて、そんな酷なことはしたくない。  そう思っていたのに。  供の者たちを先に送り、最後にアデン・シェウを送り届けたとき、駆け寄ってきた娘は真っ直ぐにこちらを見た。 「……あの、えっと……」  美人、というわけではない。  かといって決して不美人というわけでもない。それなりに整っている方だ。  少し日に焼けている。  捲り上げた袖から伸びる腕もやはりそこそこ焼けていて、ほっそりとしなやかというよりも、ぎゅっと引き締まった肉質に見える。  化粧するどころか、眉も整えていない。  衣などどうだ、地味な色に生地も粗く、洗濯を繰り返し過ぎているのか褪せて、裾はすり切れているではないか。  確かに、姫君らしくはない。一般的な平民の娘でさえ、もう少し小綺麗にしている。  それなのに、目が離せない。  珍しい獣である雪獅子(ルイツ)を連れている自分が何者なのかは、恐らく察しただろう。  それでも恐れることなく彼女は言った。 「父をお助けいただき、ありがとうございます。あっ、どうぞ、粗末な館ではありますが是非」  やわらかく笑う。そこだけがふわりとあたたかく光るように。  それは決して無理をした笑顔ではない。ごく自然に出た、客人を歓迎する表情だ。  顔が熱くなった。  何と応えたらいい? 「いや、すぐに、帰ると言って出てきた」  やっと出た言葉がこれか! ――トウキは熱を持った顔面とは裏腹に、腹の底がひやりとしたのを感じた。相手は自分よりもだいぶん若い娘、もう少し気の利いた言葉を掛けるべきではないのか。そうは思っても、何故か上手い言葉が出てこない。 「……左様で、ございますか。それではまた、日を改めて御礼に」 「っ、いや、……そのっ、いい」  何故断った!? 来てくれると言い掛けていたのに、何故断った!?   自身の口下手さ加減に絶望する。しかし言ってしまったからには、今更是非来てほしいとは言えない。激しい後悔の波が押し寄せる。本当に、何故断ったのか。来てもらえれば、ウェイダ領内の景観のいい場所を案内したり、人のいい領民たちと馴染むきっかけを与えることができたかもしれないというのに。辺境とはいえ決して悪い場所ではないから安心してほしいと示すことができたかもしれないというのに。  あぁ、ダメだ。何も浮かばない。これ以上は無理だ。 「……では、(かぶと)を取らぬまま失礼した」  頭の中でぐるぐると巡る。  会いたいと思っていたこと。言葉を交わしてみたいと思っていたこと。  やっとそれが叶ったというのに、何と無様な。  万が一賊が出たときにと鎧と冑を身につけて武装してきたが、頭部をすっぽり覆ってしまっている冑で顔が見えないのは幸いだった。一体どれだけ情けない顔をしていることだろう。  子飼いの雪獅子スニヤを促し来た道を戻ろうとすると、 「あの、せめて国境までお見送りを」  呼び止められる。が、トウキは限界だった。 「いや、いい」  そう応えるのが精一杯で、スニヤに飛び乗るとそそくさとその場から走り去った。  何も悪いことはしていないのに、逃げたくて堪らなかった。  顔が、体が、燃えるように熱い。全身が心の臓になってしまったように、どくどくと脈打つのを感じる。  鎧も冑も脱ぎ捨てて、風に当たりたい。  しばらく無我夢中で、スニヤを全速力で走らせていたが、国境を越えてクォンシュに入ると、少しだけ――本当に、ほんの少しだけ、落ち着いてきた。感じ取ったらしいスニヤも速度を徐々に落とし、遂には立ち止まって振り返り、うるるぅ、と心配するように小さく鳴く。 「……大丈夫、大丈夫だスニヤ。何でもない」  (たてがみ)を撫でながら、冑の頬当(ほおあて)を下げて大きく息をする。冷たい空気が火照った顔と喉の奥に心地よい。  思い出す。  西日が艶々(つやつや)と照り返る長く美しい髪。  これから迫ってくる夜の空に似た深く濃い青色の、星を含んでいるようにきらきらとした(まる)く大きな瞳。  美人ではない。  が、 「…………かわい、かった、な」  口にした途端、再び顔が熱を帯びる。  全く初めての感覚。  どういうことなのか嫌でもわかる。わからない方がおかしい。 (あぁ、そうか、これが)  「恋に落ちる」ということか。  どうしようもない、と思った。ほんのひととき、向き合って、僅かな言葉を交わしただけなのに。きっといい子なのだろうという思い込み越しに見ていたのだとしても、こんな気持ちになるだなんて。  次に会ったときは、もう少しまともに話せるだろうか。そうなっていたい。さっきはあまりにもみっともなかった。せめて、相手を気遣える言葉を出せるように。  そこまで考えて、ふと我に返る。  「次に会えるとき」とはもしかしたら、婚儀のときではないか?  婚儀。  そうだ、自分はアデン・シェウに是非息女を――彼女を、妻にと。 「……………………あっ? ああぁ!?」  彼女が、自分の、妻になる。そう、向こうが断ってこなければ。  しかし断ってくることはまずないだろう。あの誠実そうなアデンが言葉を違えるとは考えにくいし、娘の行き遅れている状態も何とかしたいはずだ。そしてあの姫も、父から詳しい話を聞けばきっと了承してしまうに違いない。  あの娘が、自分の妻になる。十中八九、妻になる。 「ああぁあぁぁ!?」  もう何がなんだかわからなくなった。  とにかく、顔が。胸の奥が。  熱い。  などと、混乱している場合ではなかった。断る場合は五日以内に申し出てくれと送っていくときにアデンに言っていたのだが、案の定期日を過ぎてもそんな連絡はなかったので、婚儀を行う方向で事を進めていかねばならなくなった。  「隣国の姫を妻に迎えたいので許しをいただきたい」という旨を書いた公式な形の書状を皇帝に宛てて送り、返事を待つ間にも花嫁を迎える準備を整えていく。一人で使っていた広い寝室の改装をし、婚儀の為に礼装を新調、領民に触れを出す。輿入れのときに大変だろうから壊れた橋ももう少し通りやすく補修して、夫婦で共に所持する揃いのものも用意しなければ。  揃いのものはやはり装飾品が無難なところか。どうせ形だけの婚姻になるのだから身に着けてもらえなくても構わないが、もし着けるのであれば、確か畑仕事をしたり剣や弓を使うということだったから手に着けるもの以外がいいだろう。首飾りも屈んだり下を向いたときに邪魔になりやすいから、耳飾りならいいかもしれない。領内の鉱山で採れる氷晶石、その中でも質の高いものを熟練の職人に選び出してもらい、それを護り石として付けたら気に入ってもらえるだろうか、などと考えたりした。  あとは、自分の顔――仮面を、もっと、顔を隠す部分が大きなものを。  自分の気持ちはさておき、彼女には少しでもいい気分になってもらえるように。できるだけ、嫌な気分にならないように。  可能な限りのことをして迎えたかった。  そんなことを考えながら過ごしているうちに、あっという間に二月が過ぎた。  彼女を妻にするのだから当たり前、必要なことではあったとはいえ、彼女のことばかりを考えて、彼女のためにしたくて。  やらなければならないことは多かったが、不思議と全く苦ではなかった。  あぁ、これが、好きな相手ができるということか。  そう自覚するたび顔は熱くなり、胸の奥がむず痒くなったが、それも不快ではなかった。  輿入れの当日、初対面のときのとても一国の地位ある者の娘とは思えなかった姫君は、薄いながらも化粧をして髪を結い、細やかで丁寧な金の刺繍が施された常磐色の装束と黒い帯を締めた礼装で婚儀に臨んだ。(あで)やかだとか華やかだとか儚げだとか、そういう(たぐい)の「美女」というわけではなく、ともすれば少年のようにも思える面立ちなのだが、そういった凜々しさとでもいうのだろうか、不思議な美しさを醸し出していた。こういう顔もするのかと感心していた矢先、揃いのものを渡せば心底嬉しそうな表情をしたり、トウキの焼けた半面のことを気遣って何やらわたわたしたり。面白いくらいにくるくる表情が変わる。  何とも微笑ましく思えたそのさまに、ふと、彼女のことを語っていた民のことを思い返す――そうか、そういうことか。  明るく素直で前向きで努力家で、他人を思いやる心を忘れない。  簡単なようで意外と難しいことをやってのける彼女が、慕われないわけがないのだ。  これからはもっと、いろいろな彼女を見られるのだろうか。 「参りましょう!」  手を引かれ、祝宴の支度が整った広間へと導かれる。何の躊躇いもなく繋がれた手は、笑顔と同じようにやわらかくあたたかい。  彼女となら、共に歩んでいける気がした。  彼女になら、素顔を見せても―― 「……その、」 「名前で呼んで下さいませ、旦那様」 「マイラ、どの」 「『どの』いりません」 「…………マイ、ラ」 「はい」 「顔……」 「はい」 「…………あ、えぇ、と……」 「ゆっくりいきましょう、旦那様」 「……すまない」 「大丈夫、大丈夫ですよ」  やはりまだ少し勇気が出ない。  申し訳ないがお言葉に甘えて、ゆっくりいかせてもらおう。  彼女と一緒なら、きっと大丈夫だから。 ---------------  雪獅子公トウキ・ウィイ・アヴィロは、長年皇帝リュセイの政敵であったといわれてきたが、実は過酷で波乱に満ちた青少年期を過ごしていながら温厚な人物で、皇帝とも非常に親しかったのだと、後に発見された皇帝と雪獅子公との間で交わされたと(おぼ)しき書簡によって明らかにされた。  その中には皇帝が雪獅子公とその奥方との間のことをからかうような内容や、雪獅子公の方からも惚気じみたことを述べているものが多数残されており、この頃のクォンシュがファンロンとの結びつきを強め皇帝が傾きかけていた国を立て直したことに関し、政略結婚でありながら雪獅子公が妻に迎え入れたファンロンの姫君と大変仲睦まじかったという事実が一役買っていたのではないか、と、とある歴史研究家の著書には書かれている。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界に転生して性転換したけどとりあえず生きてる

    書きながら考えた結果

    1,500

    0


    2022年8月14日更新

    小説家になろうで公開している物をこちらでも公開してみたいと思います。 異世界に性転換して転生した主人公が転生した先で生活する話です。 貴族の家に生まれるも魔力が無いために捨てられてしまい、捨てられた先で龍と出会ってなんだかんだでくっついてしまう。 それからもいろんなものとくっつくがそれでも人として日常生活を営んでいく話。

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 異世界に行って転生者を助ける仕事に就きました

    いろんな世界を書いてみたかった

    2,500

    0


    2022年8月14日更新

    異世界に転生した人は星の数ほどある、しかしその転生者たちは全員がチートを使えるわけでもなく、運命的な出会いがある訳でもない、ただ単純に日本で生活していた記憶があるだけでその記憶が異世界の生活に役に立つ訳でもない。 主人公はそんな転生者達を手助けする仕事についている、時には直接介入したり先に脅威を潰したりしてしる。 以下なろうからコピペ 若くして死ぬと異世界転生するらしい。 まさか自分がそうなるとは思わなかった。 しかしチートはもらえなかった。 特殊な環境に生まれる事もなく、そこそこ大きな街の平民として生まれ、特殊な能力や膨大な魔力を持つことも無かった。 地球で生きた記憶のおかげで普通び人よりかは魔法は上手く使えるし特に大きな苦労はしていない。 学校こそ身分の関係で行けなかったが平凡にくらしていた。 そんなある日、初めて同じ日本の記憶がある人と出会った。 なんでもその人は異世界に転生した日本人の手助けをする仕事についているそうだ。 自分もその職につけるようで参加してみた。 すると好感度が振り切った嫁をもらった。 それから自分も転生した人たちを助ける仕事を始めることになりました。

    読了目安時間:3時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 結城 恵一(ゆうきけいいち) 今年から大学生になった異性との交際経験なし男の子。 父親の転勤の事情で、子供のころに住んでいた湘東市へと引っ越しをし、そこで大学生活を過ごすことになったのだが、そこは去年まで女子大で今も95%が女の子のハーレム大学だった。 子供の出会った恵一に片思いを抱く、黒髪でおしとやかだけど重い愛を持っている女子千歳。 お調子者で、恵一を誘惑しようとしてくる、実は暗い過去があるギャル。 京都弁を離す上品で、おしとやかな女の子。 優等生でツンツンしているが、意外な性格がある優等生の美少女。 若くてモデルのようなスタイルをした、男にトラウマがある若い講師。 不器用で交際経験がない恵一はうまくやっていけるか不安になりながらも、持ち前のひたむきさで正面から女子たちに接触していく。 そうして女の子たちに尽くしていくうちになぜか女の子たちから好意を抱かれるも、修羅場を迎えてしまったり、戸惑ったりしてしまう恵一。 一生懸命彼女たちのために汗をかいていくうちに、恵一は気が付いてきてしまった。 「なんか俺、周囲の女子から告白されてるっ?」 そんな風に戸惑いながら、恵一は女の子たちとともに一度しかない大学生活を過ごしていくのであった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間29分

    この作品を読む

  • ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~

    少しダークな、組織もの現代ファンタジー

    590,395

    1,870


    2021年1月14日更新

    日本にある複合企業《P・Co》。その末端に、《Peace×Peace》――略して《P×P》という、ファッション部門の事務所がある。 通常業務は、服飾商品の開発と販促営業。その裏で、変則的に本社から送られてくる特務……主に、暗殺業務を請け負っている。 幼少期、とある組織の人体実験によって“蛇人間”になった潤は、《P×P》で副所長を務めていた。 所長は男女問わず複数人の“カノジョ”がいる、バイセクシャリスト。 長身細身の紫頭や、怪力女や、その怪力女に盲目的に恋をしているクールビューティー(?)な後輩女子や、怪力女と犬猿の仲の美形白髪頭や、その相方のモブ顔や―― そんな愉快な仲間たちの、少しダークで、時折くすりと笑える日常。 そんな日常に現れる、潤の複製少年と少年愛好家の女。 食べたり飲んだり笑ったり怒ったり喰べたりする、ちょっとハードな日常の一部分。 ◇◆◇ ブックマーク、コメント、スタンプなどを頂けると跳んで喜びます。 ご新規読者様、大歓迎です! ※作品の一部に、LGBT(性的少数者)、虐待、暴力、残酷な表現が含まれます。 苦手な方はご注意ください。 本作はどちらかというと、女性向け(らしい)です。 ※小説家になろうからの転載です※ 2017年12月27日に完結した作品です。 (なろう版とは間違い探しレベルで違う箇所があります) ※挿し絵も自作※ なろう版より、挿し絵も増えています。 ※※※※ ありがたいことに 「セシャトのWeb小説文庫 a la carte dans Novel up」 https://novelup.plus/story/127083484 にてご紹介していただいております。 作品募集もされているので、作品紹介に興味のある方は是非覗いてみてくださいね!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間33分

    この作品を読む