辺境夫婦善哉-ひきこもり雪獅子公と陽気な嫁様-

読了目安時間:13分

エピソード:12 / 45

第十一話

 チェグルは夜も明るいところが多い。従業員の勤務態勢を整えた工場はほぼ一日中稼動しているし、そこで働く民の為に夜も開けている店もある。  そんな町がすぐ目の前にある領主ツトゥ・エンインの館も、真夜中であっても真の夜の闇に包まれることはない。夜間のトラブルにも対応できるよう、誰かしらが起きている。  暗いのは客室とその周辺だけ。  一番大きな客室に、近付く影があった。  音を立てないように扉を開け、部屋に入ると、寝台に眠る客人を確認する。二人いるうちの小さい方、若い娘。顔立ちのせいかやや幼く見える。 「ごめんねぇ、特に恨みはないんだけどさ」  小さく呟きながらその口を塞ごうとすると── 「それなら手を引いて下さい、無礼者」  娘が目を開け、跳ね起きたその反動を利用して間合いを取った。剣を鞘から抜かないまま構える。全く想像していなかった事態とその身軽さ、素早さに驚き硬直していると、背中につん、と何かが当たった。 「動けば刺す」  低く、静かな威嚇。侵入者は、はは、と力なく笑いを漏らし、両手を顔の高さまで上げる。右手から落ちた短剣の刃が、一瞬だけきらりと光った。 「何だよ、あれだけ飲んだのに全然酔ってないじゃん」 「黄金酒(おうごんしゅ)と比べればあんなのただの紫スモモのおいしい汁です」  言い草に、トウキ・アヴィロは思わず吹き出しそうになったが何とか堪えた。黄金酒とはマイラの祖国ファンロン原産の、「美味いが大陸随一のきつさ」と言われる酒のことだ。トウキも以前少しだけ、本当に舐める程度に口にしたことがあるが、あれを基準にすればいかにも甘い果実酒など酒のうちに入らないだろう、と、ひとりこっそり納得すると、侵入者もまた少し、笑った。 「あぁ、そりゃそうだろな。さっすが酒飲みの国の姫様、お子ちゃまみたいな顔して酒豪でいらっしゃる」 「ただの民族的な体質です。私はお酒はそんなに好きではありません」  剣の構えを解き、飾り棚の上にあった箱状の灯りに手早く火を入れる。さほど大きくはないものだが、窓掛けで外から入る光が遮られた部屋の中では、充分な明るさに感じる。  薄暗い中に灯された、頼りなくもあたたかい火に照らされた顔を見たマイラは、怪訝な顔をした。 「……ユーイ様?」 「は?」  後ろを取っていたトウキも驚き、肩に手を掛けて己の方を向かせる。  頭部に巻き付けた布の隙間から零れるように落ちている蜜色の髪、白い面輪(おもわ)。  この館の主人の妻ユーイ・エンインその人ではないか。 「へぇ、あんた、その金の目。ほんとに龍の血引いてるんだな」 「え」  肩を掴んでいた手を弾かれた。その隙にユーイは床を蹴り、夫婦から距離をとる。 「うーわ、どうしようかなぁ。これはちょっと、やらかしにも程があるよなぁ」  口元を歪める笑いは自嘲しているようでもあり、どこか愉快そうでもある。  そんなユーイに、トウキが目を細めながら持ったままの短剣の先を向けた。 「お前、男だな」 「おっ? わかった?」 「細く見えるが女の肩ではなかった」 「やだァ~、何それやらしい~! はは、嫁さんとは違うってか! どう見ても俺の方が美人だけど!」  短剣の先が僅かに揺れたのを見て、動揺したと察したユーイは窓際に逃げようと動いたが、咄嗟にトウキの口が古い言葉を紡ぎ、ユーイに向けられた切っ先が円を描くように動く。と── 「をぷっ……?」  ユーイの体が、大きな水の(たま)にすっぽりと覆われた。  突然のことに息を止めることも適わず、その中で溺れもがく。頭を巻いていた布が解け、蜜色の髪が水草のように揺らめき踊る。  短剣を鞘に収めたトウキは、ゆっくり、美しき刺客が囚われた水の檻に近付いた。 「さっきから聞いていれば。俺の前で俺の妻を愚弄するとはいい度胸だ」 「旦那様、ダメです! 殺してしまってはいけません!」  慌ててマイラが駆け寄って(すが)るが、トウキは不快そうに苦しむユーイを睨む。 「お前を、殺そうとした。……死ねばいい」 「誰が命じたのかわからなくなってしまいますお願いです旦那様やめて下さい!」  応えるようにこちらを見たその顔が、微かに笑った、気がした──マイラは理解した。()()()だ。 「旦那様!」 「お前の頼みでは仕方がない」  トウキはわざわざ声を張って言うと、水の中に右手の人差し指を差し込み、掻くように動かした。水の珠が少しずつ縮んでいき、ある程度の大きさになったところで指が引き抜かれる。跳ねれば何とか口元が出て呼吸ができる、ギリギリの線。 「全て話せ。拒否するなら元に戻す」 「ちょ、ごぶっ……こっ、れっ、……ぼァっ……むりっ……!」 「無理なものか、充分話せているだろう。言え」 「む、りってっ……もちょっとっ、下げっ……!」  このままでは力尽きて沈んでしまう。マイラは、もう、と呆れながら、夫の夜着(よぎ)の左袖を引いた。 「旦那様」  不満げな目線だけを返したトウキは、今度は指だけでなく右手全体を水の中に入れた。強く握り締めた後、その込めた力を解き放つように開くと、水が瞬時に霧と化し、ずぶ濡れのユーイがその場に倒れ()き込む。 「ぐっ……、っそ、だから術士はっ、ごほっ、嫌いなんだよっ……」 「俺は術士じゃない。術剣士だ」 「より厄介な方じゃんか! ……もーう、無理っ! わかった降参、煮るなり焼くなり好きにしてくれィ!」  どたっ、と大の字になった。夫婦は並んで様子を窺っていたが、何とか呼吸をしようと水中で必死に動いたせいかぐったりしている。本当にこれ以上抵抗する気はないらしい。  マイラは、抱き込んでいた腕を離しながらトウキに目くばせすると、その傍らに膝をついた。  濡れた衣の貼り付く腕も、長い袖から覗く手も、確かに細くはある。が、女のそれではない。夕食のときは少し離れた席にいたから気付かなかった。  きれいな人だ、と思う。 「お話して、いただけませんか」  静かに問いかけると、 「嫌だって言ったら殺す?」  寝たままのユーイは、マイラを見上げてにや、と笑った。女と見紛(みまご)う美貌が浮かべる悪童のような笑顔は、何とも言い難い色香を漂わせる。煽っているのは一目瞭然だ。  マイラは、少し、考えた。  夜着の帯に差した剣の柄の飾りを、指先でなぞりながら。 「そうです、ね……殺、しても、いいですね」  想定外の返答。ユーイの表情が一転して凍り付いた。  絶対に、「そんなことはしない」と言うと踏んでいた。それなのに、この、いかにも何の苦労もせず大事に育てられたような小娘が、まさかこんなことを言うなんて。  しかし先程の身のこなしはまぐれでもなさそうだし、何より剣に手を掛けている。意外とこういう女の方が情け容赦ないのではないか──ぞっとした。全身濡れているせいもあるのかもしれないが。  すると想定外だったのはユーイだけではなかったようだ。 「よ、よせマイラ、殺すのはよくない」  先程まで落ち着き払っていた赤髪の雪獅子公が、おろおろしながら奥方を制止した。自分も殺そうとしていたくせに何を今更戸惑っているのか。ユーイは困惑した。何だこいつら。  夫の方を向いたマイラがにんまり笑う。 「冗談ですよ。私の命を奪おうとしたんです、ちょっとくらい仕返ししたっていいでしょう?」  呆れたような、安堵したような、大きな溜め息をつくトウキに、今度は口を尖らせる。 「旦那様だって、さっき随分脅していたではないですか」 「……少し、……いや、だいぶ、腹が立ったから、な。つい」  ややばつが悪そうな顔をして視線を逸らしながらも、トウキは妻の横に並んだ。ひとつ、呼吸をして、改めてユーイを見下ろす。 「ツトゥどのに命じられたか」 「……違うよ、ツトゥは関係ない。これは俺が勝手にやったこと」  足を振り上げて、勢いをつけて身を起こし、夫婦と向き合う形で胡坐(あぐら)をかく。女物の衣に、容姿も一見女のようだが、開き直った仕草は男だ。年の頃はマイラと同じくらいか。先の水責めで化粧が落ちても尚美しいと思える顔立ちをしている。 「ツトゥは、関係ないよ」  繰り返された言葉に、マイラは頷く。 「では、誰かからこうするように言われたのですか?」 「疑えよ」 「二回、同じことを言いました」  微笑みながら、その場に座り込む。 「ツトゥ様に類が及ばないようにという配慮でしょう? ツトゥ様のことを思っていらっしゃるのですよね」  言われて、ユーイはきょとんとした。 「……あ、えと、」  徐々に表情が崩れていく。少し照れているようだ。 「…………別に、誰に頼まれたわけじゃ、ない。本当だ。ただ、そこの……あんたの、亭主が」 「旦那様が?」  そこまで言った、そのとき。 「ユーイ!」  客室の扉が大きな音を上げながら開き、館の主人が乱入してきた。 「勝手なことをするなと何度言わせればわかるんだ!? 私は父上と違って殿下にはっ……あっ」  出迎えのときも夕食のときも、話をするのはほとんどユーイだった。そのせいか、ツトゥ・エンインとはお喋りな妻を持つ寡黙な男なのだと思われていたが── 「ツトゥ、どの」  呆気にとられるトウキに名を呼ばれ、 「ぉわ、あ、いや、殿下、その」  目の前でこの上なく狼狽する青年に、その面影はない。苛烈だった父親にも全然似ていない。  継ぐ言葉に詰まったツトゥは、妻を装っていたびしょ濡れの美少年と(あか)き龍の血を引く元皇子を順に見ると、その場に(ひざまず)き左腕に右手を添える貴人に対する礼を示した。 「大変な、ご無礼を!」  トウキは、困ったように、ぎこちない笑いを向けた。 「ツトゥどの。私はもう、“殿下”ではない」      ◎     ◎     ◎  ツトゥ・エンインは、極めて温厚、そして真面目な男だった。どうやら迎え出たときの作って貼り付けたような妙な笑顔は、緊張していただけだったらしい。  灯りをつけて明るくした客室で、ユーイと共に床に座して、何度も申し訳ありません、本当に申し訳ありません、到底許されることではありませんがとぺこぺこ頭を下げ、またユーイにも頭を下げさせた。 「父は……異様なくらいに、貴方を(いと)い、今の陛下の正統性を説いておりました。何が原因かはわかりませんが、たびたび『ヒトではない者』だとか『術剣士風情』だとか、そのような言葉を口にして……」 「先代の言わんとするところは理解できる。私も同じ考え。赫き龍は統治者ではなく、その子々孫々も、友たるクォンシュの皇帝に寄り添い護る者。……陛下とのことは、周囲が騒いでいただけで」 「存じ上げております。遠目で拝見するだけでしたが、殿下がた……あ、いや、リュセイ様とトウキ様は、まるで本当の兄弟のように睦まじくていらっしゃった。大変、……羨ましかったものです」  話を聞いていたマイラは、ツトゥは同年代だとトウキが言っていたのを思い出した。親はよく思っていなかったようだが、もしかしたら、ツトゥも友として接したかったのではないだろうか。  本人たちの望まぬ形で世が動いてしまっていた、クォンシュの帝位継承問題。それは、争うように擁立された本人たちだけではない。その周囲にも大きな影響を及ぼして、傷痕を残している。 「この、者は」  ツトゥはまた、下げさせようとユーイの頭を掴んだ。しかしユーイはそれに抵抗し、頑として頭を下げようとはしない。 「エンイン家に代々仕える廻者(まわしもの)の子。特に父に目を掛けられていた為か、父の心を汲んで」 「違う!」  ユーイの白く細い腕が、ツトゥの手を振り払った。 「お館様の為じゃない! だってこいつが、この男のせいで、エンインはウェイダを取られたんだろ!? こいつが奪ったんじゃないか!」 「奪われたわけじゃない。ウェイダは元々は領主のいなかった御領(ごりょう)。都から離れていたから、陛下に代わって隣の領地のエンイン家が管理していただけのこと。エンイン家のものじゃない、陛下の持ち物を、トウキ様が賜った。それだけのことだ」 「それでもっ……皇帝陛下から、任されていたものじゃないか! ツトゥ、お前が! 任されるべきものだったんじゃないか!」 「ユーイ!」  ツトゥの両手が、思い切り、ユーイの顔を叩くように挟んだ。ばちん、と部屋中に響いた痛そうな音に、トウキとマイラは思わず同時に目をぎゅっと(つむ)るが、当事者たちは気付いていない。  その、片方、髪も瞳も肌も衣も暗い色の方の年長者は、恐らく珍しく、客人の前であるにも関わらず、腹の底から声を張り上げた。 「チェグルだけでも大変だというのに、領地二つ分だなんて、この僕が! 治められると思っているのか!」  きっとそれは、ユーイにとって、思いがけない言葉だったのだろう。  返す言葉もなく、正面のツトゥを見つめる。  ツトゥの言葉は、止まらなかった。 「お前は領主がどれだけ大変なのかわかってない! 領地のことを、領民のことを考え、自分にも皇帝陛下という主がいる! 間に立つ者だ! そしてひとりの人間だ! 頑張らなければならないことは確かに山程ある、でもできることには限度があるんだよ! 父上はトウキ様にウェイダを奪われたと思っていたかもしれない、でも僕は……トウキ様が陛下からウェイダを拝領されて正直ほっとしたんだ……やっと……エンインが背負っていたものから、解放された、って……」  長年胸に秘めていたものを吐き出して、強かった語気が、だんだん弱くなっていく。 「僕には、無理なんだ。チェグルの産業を支えながら、国境を護るなんて。父上だって、お爺様だって、常に張り詰めていた。だから早く死んでしまった。それなのに、お前は……」  (うつむ)いて黙り込むツトゥを、トウキは沈んだ顔で見ていた。かける言葉が見つからない。いかに自分が恵まれていたかを痛感する。  そんなトウキの腕にそっと手を添えて、マイラは微笑むと、ツトゥとユーイの方を向く。 「ユーイ様は、ツトゥ様のことを思われていたのです。許して差し上げて下さい」 「しかしっ……貴女のお命をっ……やはり、ぼっ……私、含め、しかるべき処断を」 「確かに命を狙われはしましたが、この通り無事ですし」  しょぼくれる二人の前にしゃがみ込んで笑う。 「私結構強いですから、ユーイ様程度の腕前では殺されませんよ」  ユーイが、引き()った笑いを浮かべる。 「言うじゃん、姫様」 「何なら手合わせしましょうか。山育ちをなめないで下さい」  洒落にならんわと呟いたユーイの頭を、ぱん、と(はた)いて、ツトゥが再度頭を下げる。 「申し訳ございません」 「こちらこそ、申し訳ありませんでした。てっきり貴方が命じたことだと思い込んでしまっていました」 「無理もありません。貴女の御父君にまで危害を加えようとしていた。命じてはいませんでしたが、止められなかった私にも罪はあります。どうか、私とユーイの処遇はご随意に」  マイラは、夫を振り返った。 「旦那様、私たちは、チェグルで一夜の宿をお借りした。ですよね?」  そうくるだろうとは思っていたがな、とトウキは腕組みして嘆息する。 「本来ならファンロンとの間に起きた国際問題だぞ」 「ファンロンの姫である私がいいと言ったのです」 「お前に関してはそれでいいかもしれないが、アデンどののことはどうする」 「でも、」  今度はユーイを見る。ふてくされた表情をして、目を逸らされた。 「ユーイ様が父を襲わなかったら、私は旦那様のお嫁さんになれていなかったってことですよね?」  妻に期待の眼差しを向けられ、トウキは悩んだ。言われてみればそういうことになるのだが、しかし。  本当は、このような対応はよくない。が、全て明るみに出し解決したからといって、すんなり丸く収まるようなことではないのもわかっていた。  皇太子派だった貴族の手の者が対立していた赫き龍の血を継ぐ元皇子の妻とその父を襲っていたと知られれば、再び争いが起こりうる。 「……個人的には、そこの不届き者ぐらいはグォルチの司法院に放り込んでもよかったが」  ちらりと見ると、ユーイは身を(すく)めた。 「陛下にお会いする日をずらすわけにもいかないし、何より早くウェイダに帰って橋の補修もしなければならない。()()()()()()()()()。ツトゥどの、宜しいか」 「ですが殿下」 「もう殿下ではないと」  トウキは苦笑した。 「貴殿が敵意を持っていない、それがわかっただけで充分。これからはよき隣人、友人として接してもらえれば嬉しく思う。……それに、」  またユーイに視線を向ける。益々身を縮めた。水責めが余程(こた)えたらしい。 「友を失うことは、つらい。貴殿まで味わうことはない」 「……ありがたき、お言葉」  ツトゥ・エンインは、片膝を立て、礼をした。その横でどうにも納得がいかないような顔で渋々ぺこりと頭を下げるユーイに、トウキは続けて言葉を掛ける。 「ユーイ、といったな。我が妻を侮辱するような物言いは控えるがいい。俺はあのままお前を沈めて殺してもよかったが、それを止めたのはマイラ。お前の命の恩人だ、ゆめゆめ忘れるな」  ユーイは、 「くっそ! 地味姫様が恩人かよ!」  思い切り毒突いて、 「口を慎めユーイ!」  ツトゥがその頭をまた叩いた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 邪気眼ぱいせん

    富士見永人

    ♡3,000pt 2020年3月31日 7時31分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くっ!早く続きを書け!

    富士見永人

    2020年3月31日 7時31分

    邪気眼ぱいせん
  • チンチラちゃん

    半井 幸矢

    2020年3月31日 13時55分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    筆文字「有難きお言葉」

    半井 幸矢

    2020年3月31日 13時55分

    チンチラちゃん
  • ひよこ剣士

    服部匠

    ♡1,000pt 2020年3月24日 21時10分

    めちゃめちゃ命を狙っていたのに!!!!お友達がふえた!!!お見事な采配と、手に汗握る展開、どちらもたのしかったです!!!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    服部匠

    2020年3月24日 21時10分

    ひよこ剣士
  • チンチラちゃん

    半井 幸矢

    2020年3月24日 21時39分

    命のぶつかり合い!!!!そこから目覚める友情!!!!!(たぶんちょっとちがう) ちょっとずつ仲間が増えるのっていいですよね!!!!!楽しんでいただけてよかったです!!!!!!!!!!(うるせえ

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    半井 幸矢

    2020年3月24日 21時39分

    チンチラちゃん
  • 文豪猫

    芥生夢子@書籍発売中

    ♡500pt 2020年4月1日 17時14分

    美少年が増えた…(よろこび)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    芥生夢子@書籍発売中

    2020年4月1日 17時14分

    文豪猫
  • チンチラちゃん

    半井 幸矢

    2020年4月1日 19時33分

    女装・美少年・間者! 設定モリモリッ☆ せっかく仲良くなれたお隣さんなのでちょいちょい出していきたいですねぃ ( ˘ω˘)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    半井 幸矢

    2020年4月1日 19時33分

    チンチラちゃん
  • れびゅにゃ~

    ritka

    ♡500pt 2020年3月24日 8時20分

    地味姫様に笑いました(笑)ツトゥさんユーイさんいいコンビですね(*´ω`*)酒豪でツワモノなマイラさんと術士なトウキさんもカッコよかった!!続きものんびりお待ちしております〜🍀

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ritka

    2020年3月24日 8時20分

    れびゅにゃ~
  • チンチラちゃん

    半井 幸矢

    2020年3月24日 10時06分

    アヴィロ夫妻の 仲間が ふえた! お隣さんコンビは私も書いていて楽しかったです😊 しかしちょっとこの嫁逞しすぎやしませんかね……まぁ旦那が花丸をくれているのでこの先も一緒にいろいろ乗り越えていってもらいましょう ( ˘ω˘)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    半井 幸矢

    2020年3月24日 10時06分

    チンチラちゃん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界に転生して性転換したけどとりあえず生きてる

    書きながら考えた結果

    1,500

    0


    2022年8月14日更新

    小説家になろうで公開している物をこちらでも公開してみたいと思います。 異世界に性転換して転生した主人公が転生した先で生活する話です。 貴族の家に生まれるも魔力が無いために捨てられてしまい、捨てられた先で龍と出会ってなんだかんだでくっついてしまう。 それからもいろんなものとくっつくがそれでも人として日常生活を営んでいく話。

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 異世界に行って転生者を助ける仕事に就きました

    いろんな世界を書いてみたかった

    2,500

    0


    2022年8月14日更新

    異世界に転生した人は星の数ほどある、しかしその転生者たちは全員がチートを使えるわけでもなく、運命的な出会いがある訳でもない、ただ単純に日本で生活していた記憶があるだけでその記憶が異世界の生活に役に立つ訳でもない。 主人公はそんな転生者達を手助けする仕事についている、時には直接介入したり先に脅威を潰したりしてしる。 以下なろうからコピペ 若くして死ぬと異世界転生するらしい。 まさか自分がそうなるとは思わなかった。 しかしチートはもらえなかった。 特殊な環境に生まれる事もなく、そこそこ大きな街の平民として生まれ、特殊な能力や膨大な魔力を持つことも無かった。 地球で生きた記憶のおかげで普通び人よりかは魔法は上手く使えるし特に大きな苦労はしていない。 学校こそ身分の関係で行けなかったが平凡にくらしていた。 そんなある日、初めて同じ日本の記憶がある人と出会った。 なんでもその人は異世界に転生した日本人の手助けをする仕事についているそうだ。 自分もその職につけるようで参加してみた。 すると好感度が振り切った嫁をもらった。 それから自分も転生した人たちを助ける仕事を始めることになりました。

    読了目安時間:3時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る