辺境夫婦善哉-ひきこもり雪獅子公と陽気な嫁様-

読了目安時間:9分

エピソード:18 / 45

第十七話

 大きな龍は、ゆっくりと首をもたげた。その頭は、マイラとアルマトが先程まで乗っていた岩よりも少し高くなる。空の青色と体の深く鮮やかな(あか)の対比が美しい。 「あわ、ふぁあぁ……」  呆然としながらマイラが見上げると、またアルマトが杖で小突いた。 「何を間の抜けた声を出している」 「はわ、あっ、おっ、おかあさまっ……あのっ、すみませんっ、ちょっとその、…………どきどきしちゃいますねっ」  混乱しながらも、顔は笑っている。初めて見る立派な龍に好奇心がくすぐられているのだ。  しかしすぐに、 「あっ…………そう、そうでしたっ」  我に返り、龍の前に進み出て礼をしながら(ひざまず)く。 「お初にお目にかかります。トウキ様の妻、マイラと申します」  ふぅん、と龍が鼻で息をした。 「そうか。あの子は妻を持つような歳になったか」  龍が喋るたびに、風に吹かれるように衣の袖や裾、髪が(なび)く。マイラに並ぶが立ったままのアルマトが、そうだぞ、と誇らしげな顔をした。 「そのような歳になったのだ、あの小さいのが」 「あの小さいのがなぁ」  一匹と一人の父娘で感慨に浸る。その様子を見て、仲がいいのだなぁとマイラは微笑ましく思った。きっとここに夫が混じっても和やかになるのだろう。  失礼します、と断り立ち上がってから、マイラはアルマトに問うた。 「そういえばお義母(かあ)様、私に頼み事とは何でしょうか?」 「うむ、そうだ、それだ」  アルマトの杖を持たぬ方の手がマイラの肩を掴んだ。 「お前、あの舞姫カルネの孫だろう?」  舞姫カルネ──大陸中を旅して回っていた高名な歌巫女がそう呼ばれていた。ずば抜けて美人だったというわけではないが、その歌と舞いは神を呼び寄せ歓喜に酔わせると言われており、知に長け話術も巧みであったという。マイラの祖父の愛妾であり、アデン・シェウの母である。 「祖母のことを、ご存じなのですか?」 「何度も会っている。あれは頭のよい女であった。我の数少ない友だ」  にこにことご機嫌な笑顔。本当にお気に入りの存在だったのかもしれない。  父方の祖母カルネはマイラが生まれる少し前に没してしまったが、祖父を訪ねるとよく思い出話を聞かせてくれて、そのたびに賢く元気でよく似ているとマイラを褒めた。そんな彼女と友誼(ゆうぎ)があったと聞けば、マイラも嬉しくなる。 「ご友人、だったのですか」 「親父どののお気に入りでもあった。なぁ?」  また、龍は、ふぅん、と息を漏らした。肯定らしい。 「そのほう、カルネの孫であったのだな。そうか、成程、よく似ている」 「そうだ、だからだ!」  杖を放り投げ、アルマトがマイラの両手を取った。そのままくるくる回る。 「だから見せたかったのだ! 嫁どの、マイラよ、親父どのに是非、舞いを見せてやってくれ!」  一体何をどうしたら、何故そう繋がるのか、わけのわからない義母の申し出に、 「えっ……えっ? はっ!?」  マイラは手を繋がれたまま共にくるくる回転しながら、本日三度目の大困惑状態に陥った。      ◎     ◎     ◎  その場に立ったまま、トウキ・アヴィロは考え込んだ。 (爺さまの傍にいる……なら、母上も滅多なことはしないはず……)  祖父たる赫き龍は、ヒトと共に在ることを好む。アルマトがヒトであるマイラに手出しするようなことがあれば、怒りをあらわすだろう。 「祖龍の傍にいるなら、安心ではあるね」  キクロも同じ考えに至ったようで頷くと、シウルが不安そうな顔をした。 「そう、なの?」  都の郊外にあるマクト山は赫き龍が住まう場所で、クォンシュの皇帝や龍女やそれらの近親者など、ごく一部の者しか立ち入らない。特に禁じられてはいないし神聖な場所だというのでもないのだが、皆赫き龍という存在を尊び何となく近付かないのである。 「トウキ。どうする?」  キクロの問いに、トウキは一度目を閉じ、思考を巡らせる。  きっと、これは。 「……ありがとう、キクロ兄さん。後は自分で何とかする」  目を開けて答えると、シウルが腕を掴む。 「何言ってるの、兄さんかゲンカ小父(おじ)様を」 「いや、逆なんだ、この場合は」  心配ない、そう言うように、シウルの手に己の手を重ねる。 「多分、対抗手段を用意していくほど母上の神経を逆撫でしてしまう。だから俺一人でいい」 「でも」 「シウル、姉さん」  正直なところ、剣を使えるといっても本当に「多少」であるし、術の腕の差など歴然としているのだから、母に何かされたら手も足も出ない。マイラを守れるか、自信はない。  それでも。 「家族の問題なんだ。妻が、母に、連れていかれた。それを連れ戻す。ただ、それだけのこと。大丈夫、俺の妻、マイラ・シェウなら、あの龍女アルマト相手でも上手くやれる」  自身に言い聞かせるようにも聞こえるその言葉に、シウルはやはり心配そうな顔をしていたが、キクロは妹の肩をぽん、と叩く。 「こう言っているんだ、僕たちの出る幕ではないよ。ゲンカ様がくれたお菓子でもつまんで待っていよう。……ごめんねリネア、せっかく用意してくれたのに冷めてしまったよね。悪いけど、もう一度お茶の準備をお願いできるかな」 「もう」  ぷく、と(ふく)れる奥方に、トウキは頭を下げた。 「申し訳ないリネアどの……謁見の際に母の姿が見えないとわかっていながら、何の対策もできずにいた」 「謝らないで下さい、トウキ様は何も悪くないではないですか。都にはなかなかお越しになれないのですし、アルマト様の奇行は不可抗力ですもの」  キクロの妻リネアとも、古くからの顔見知りだ。皇家付きの術医師の家の出で自身もまた医療系の術を得意とする術士であり、トウキよりも少し年下だが、幼い頃からキクロの許嫁として育ってきたためかとてもしっかりしている。 「このひとは休みの日でもこうだから困るんです。お仕事でもないのにいつも誰かの面倒事を」 「それだけ頼られることの多い方」  トウキの言葉にリネアは微笑む。口では不満を漏らしていながら、本当はキクロのことが大好きで誇らしく思っているのだ。 「……リネアどの、その、本来の用事が終わっていないから、後程また……」 「ええ、お待ちしておりますとも、大事なお話があるのでしょう? いらっしゃると聞いて、ウティラと一緒に選んだとっておきのお茶をご用意していたんです。どうか無駄にさせないで下さいませ。……あ、時間的にお食事の方がよろしいかもしれませんね、宮廷の方へは遣いを出しておきましょう。アルマト様の名を聞けば文句を言う人もいないはずです」  今からマイラを迎えに行き再度訪問するのでは迷惑かと思ったが、頼りになる兄貴分の奥方もまた頼もしい。 「ありがとう」 「さ、早く奥様のところへ行って差し上げて下さい」 「失礼する」 「行ってらっしゃいませ」  駆け出していくトウキの後ろ姿を見ながら、まだ少しだけ心配そうに、それでいて()ねてもいるような顔をして、シウルが呟いた。 「何だろう、この、何か変な感じ」 「はは」  抱っこしていた娘を下ろしながらキクロは笑った。 「僕らの可愛い弟も、いつまでも子どもなわけじゃない。ちょっと遅くなってしまったけれど、巣立ちのときということさ」      ◎     ◎     ◎ 「む、無理です!」  マイラがきっぱりと断ると、回転が止まった。アルマトはきょとんとする。 「無理?」 「わ、私はっ……舞いなどやったことはありませんっ!」  聞いた龍が、また伏せて、ふぅん、と息をつく。 「アルマト。あまり無茶を言うものではない」  しかし父の言葉を娘は聞いていない。 「お前、剣が使えるのだろう? カルネは剣舞が見事であったぞ」 「それは、祖父から聞いたので、その、存じておりますが……私は最低限、己の身を守れるようにと、全くの我流で」 「それならば問題あるまい」 「えっ」  マイラから離れ、放り投げてそのままにしてあった杖を拾い上げると、またあどけなさのある少女の姿になった。 「舞えるようにしてやろう」 「え、いや、その、お義母さま、ですから、」  息子の妻の戸惑いなど完全に無視して、アルマトは杖を使い踊るように地面に何かを描きながら、古き言葉を口ずさむ。  龍と同じ赫き髪、ひらひらと極光(きょくこう)のように波打つ衣の裾、動くたびに楽器のように鳴る腕輪、足輪。  その姿こそが、神に捧げる歌舞に見える。  思わず見とれていたマイラだったが、 「来い、ワラウス」  立ち止まり杖を振り上げたアルマトの呼び掛けを聞いて、現実に引き戻された。  ──今、何て言った?  黒牙獣(ワラウス)。  馬よりは小さい体、黒色の被毛はつやつやと美しいが、大きな牙を持つ獰猛(どうもう)な獣。  まさか。  嫌な予感は残念ながら的中、アルマトが描いていた術陣の中に、夜の闇を一所(ひとところ)にまとめたような何かが現れ、徐々に形を成していく。それが発する雷鳴のような威嚇の声に、マイラの体が強張った。  危険──動いたら、いけない。  声も出せない。  あれは、自分を引き裂くものだ。  そのまま固まっていると、足元に何かが投げ落とされたような音がした。目線だけで確認すると、父アデンから贈られ愛用している二振りのやや短い剣。いつの間に。  アルマトは、にこりと笑った。 「整えてやったぞ。見せてみろ、お前の舞いを」  目の前の獣と戦え、と。  いくら得物があるのだとしても、一人で黒牙獣を相手にするのは初めてである。コソ泥を捕獲したり茶角鹿を狩るのとはわけが違う。何しろ術士でさえ手懐け使役するのは難しいとまで言われている獣だ。  流石に何かおかしいと察したか、龍が頭を上げた。 「アルマト」 「口を出すな親父どの。これは避けては通れぬ道」  すぅ、と上昇したアルマトは、父親の頭の上に移動し、座る。 「嫁と(しゅうとめ)とは、まず戦うものなのだ」 「そうか」  この状況下にそぐわぬのんきな物言いに、マイラは(はら)の底がきん、と冷え切る思いがした。トウキとシウルが言っていたことの、本当の恐ろしさを知る──ヒトの在り方をそれなりに理解しているのだろうが、ヒトの思考、言動ではない。しかし「そういうことではない」、とヒトの世のことをちゃんと説明したくとも、目の前の獣から一瞬でも目を逸らせば確実に襲い掛かられる。  自分がここにいることは、誰も知らない。助けなど来ない。  相手は獣、身体的能力は自分より遙かに上。疲れさせて仕留めるなど到底不可能だろう。  どうすればいい? (旦那様……)  つい先程まですぐ隣にいた。これが末期に走馬灯のように浮かぶこれまでの思い出というやつか。  否。  もっと話したい。笑い合いたい。ずっとずっと先まで。  あれが最後だなんて思いたくない。  黒牙獣から視線を逸らさずに、じりじりと踏みしめた足を動かす。爪先が片方の剣の(つば)に触れた。  いける。  マイラは剣を蹴り上げると掴み、素早く(さや)から抜いた。同時に黒牙獣が飛び掛かってきたが左方へ転がって(かわ)し、体勢を立て直して構える。 「……絶、対、に、」  生きて帰る。  覚悟は決まった。      ◎     ◎     ◎  宮廷の(うまや)の近くに急遽(きゅうきょ)建てた簡素な小屋。その中で雪獅子(ルイツ)スニヤは腹を見せて寝ていたが、主人の足音が聞こえてきたとわかるとすぐさま起き上がった。しかしその顔には険しさが(にじ)み、いつも被毛を丁寧に(くしけず)ってくれる妻を連れていないのに気付くと、小さく鳴きながら主人の手に鼻先を擦りつける。 「スニヤ」  名を呼ぶと、スニヤは頭を押し付けた。不安な気持ちを汲んでくれるような素振りを見せるのは、拾った頃からずっとだ。神の愛する獣といわれるのもあながち間違いではないとトウキは思う。この子のこういうところに少しずつ癒されてきた。 「……うん、そうだな。ありがとう」  返事をするように、ぐ、と伸びをしてから、伏せて装具の取り付けを待つ。特製の(くら)(あぶみ)、手綱を着けて頭を撫でると、立ち上がったスニヤはまたトウキの手に鼻先を当て、乗るのを促すように腰を下げた。(また)がったトウキの手が、スニヤの(たてがみ)を撫でる。 「マイラを迎えに行くぞ、スニヤ。裏から出よう」  とん、と首の後ろを軽く叩くと、雪獅子は駆け出した。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お疲れアラサーは異世界でもふもふドラゴンと騎士の世話をしています

    ハンドパワーでもふもふハッピーライフ!

    1,000

    0


    2022年8月14日更新

    お疲れアラサーが特に脈絡なく異世界転移した。幸運にもファンタジーワールドは平和真っ盛り。特に目立つチートはないが、魔王討伐の使命や身の危険もない。三食昼寝と快適なお家までついてくる。 ……うむ。やることがなさすぎて、逆に暇だ! じゃあせっかく異世界に来たんだし、ドラゴン(しかももふもふ!)のお世話係に立候補してみよう。 そんなこんなで、異世界でもふもふなドラゴンの面倒を見つつ、ついでにイケメン揃いな竜騎士の皆さんと仲良くしたりしつつ、のんびりハッピーに暮らしていく話。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 邪神ノ巫女ト異世界召喚

    最強ヒキニートのお話

    1,900

    0


    2022年8月14日更新

    むかーしむかし、ある所に、邪神と呼ばれている存在と、その邪神に捧げられた生贄の少女が居た。 人を食べない邪神は、数十年の孤独を抜け出す為に、少女は自分の望みの為に契約を交わし、『邪神の巫女』となった。 ……そして、それから時は流れ──少女と邪神は、いつしか立派な『ヒキニート』になっていた! そんな折、文明の発達した元の世界から、中世レベルの世界へ異世界召喚! 文明の利器も娯楽も無し!亜人も人類も戦争だらけ! それでも二人はヒキニート生活を諦めない! 「大丈夫じゃ!邪神パワーでなんとかするから!」 「流石です邪神様!ついでにポテトもお願いしますね!」 ちょっと変わった最強主従(?)の、異世界ドタバタライフストーリー!

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 怖いものが登場しない恐怖譚

    💀盆夜連続更新! 無敵さん完結!

    58,650

    759


    2022年8月13日更新

    ホラージャンル 日間ランキング 一位 週間ランキング 一位 獲得

    読了目安時間:2時間12分

    この作品を読む

  • Dual World War

    異世界転移×ロボアクション

    649,200

    9,740


    2022年8月10日更新

    もし今日生きる世界が明日に繋がらないとしたら……あなたならどうしますか? 平坦で窮屈な毎日がガラリと様変わりして人知れず悦びます? あるいは、充実した日々を何の脈絡もなく奪われて涙します? この青年、ごく普通の高校生:水奈 亮(17)は現在まさにそんな状況下に置かれている。 『昨日』と同じような『今日』を過ごし、『今日』に似た『明日』を迎える、そう信じていたのに…… ◇◇◇ 『昨日』に通じるようで通じない世界。突如襲来した謎の存在:外来生物により既存の秩序・規則が崩壊し、人類は新たなる国家・制度・価値観のもとに生まれ変わろうとしていた。それは日本とて例外ではなく、実質的な首都:東京と人口の約60%という尊い犠牲を払いつつも、新たなる首都:神奈川県新都小田原のもとで立ち直りをみせていた。 しかし、そんな日々をまたしても危機が襲う。5年前に世界の理を強制的に変えた存在、外来生物が首都近くの海域:日本のEEZ域内に侵入したのだ。 突然の出来事。『昨日』とは全く異なる状況から逃れることも戸惑うことすらも許されず、ごく普通の高校生は『昨日』とは少し違う親友と全く異なる幼馴染らとともに、迫り狂う『滅亡の再来』に対し特殊装甲ARMAで挑む! それが人類に与えられた【最後の希望】だと告げられて…… ◇◇◇ 現代世界に似た世界を舞台にしたSF長編作品。異世界転移を基本ベースにしつつ、ロボットアクションに、政治的な駆け引きに、早熟で未熟な恋愛劇にと、自身が好きな要素を「これでもか!」と加えています。登場人物が割と多めですが、主役・準主役以外にもスポットライトは当てるつもり。毎回いろんなことを調べながら記しているので更新は週1程度ですが、どうぞ最後までお付き合いませ♪ 【ジャンル別ランキング日間1位獲得】(2022.08.01) 【ジャンル別ランキング週間1位獲得】(2022.08.01) 【ジャンル別ランキング月間1位獲得】(2022.08.01) 【ジャンル別ランキング年間7位獲得】(2022.08.01) 【総合ランキング日間1位獲得】(2022.08.01) 【総応援数1,000件到達】(2022.08.07) ※日頃よりのご支援・ご愛顧ありがとうございます(*'ω'*)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間27分

    この作品を読む