SF 長編 連載中

フェティシズム・フロンティア・オンライン〜おっぱいには夢と希望と防御力が詰まってます! 万能スキル【巨乳】を駆使したら胸でパリィする変態なんて呼ばれてました〜

作者からの一言コメント

あなたの『性癖』シゲキします

「そんなナマクラじゃ、このデカい胸は傷一つ付かねぇぜ?」 銀髪長身超巨乳。 属性モリモリな拳銃使いのお姉さんはとあるゲームの販促CMの最中、迫り来る敵が振り下ろした刀をおっぱいで弾き返しながらそう言った。 【フェティシズム・フロンティア・オンライン】――通称【フェチフロ】は名前に違わずプレイヤーの『フェチ』がステータスやスキルになり、互いの性癖をぶつけ合う戦いが繰り広げられているフルダイブ型VRMMO。 販促のCMで流れていたのは、まさにその【フェチスキル】をぶつけ合う戦いの様であった。 女子高生の大神 月(おおがみ つき)は自分の性癖が家族にバレて以降、実の親からも敬語を使われるようになってしまったレベルで性癖を拗らせた変態だった。 中でも月は女でありながら『大きなおっぱい』が大好きで、しかも『そういう女の子に憑依してあんなことやそんなことをしたい』という大分拗らせたフェチの持ち主。 そんな月はフェチフロの販促CMのお姉さんに一目惚れも同然という感じで惹かれて、『ルナ』というネームでゲーム世界に降り立つ。 【性癖】を晒せば晒すほど強くなれるこのゲームで、【巨乳フェチ】なルナの武器はもちろん『大きな胸』。 大きな胸の防御力を利用して敵の攻撃を防ぎ、大きな胸に蓄えられたたっぷりのエネルギーを敵にぶつけて攻撃し、大きな胸を見せつけ敵を魅了しその動きを封じる。 ルナはおっぱいを余すところなく利用して戦い、敵モンスターや害悪プレイヤーを次々蹴散らしてゆく。 そんな彼女はいつしか『おっぱいでパリィする変態』と呼ばれ恐れられるように。 これはどうしようもない変態が、己のとんでもない欲望を全開にして、様々な性癖を持つ仲間と共に最強プレイヤーへと成り上がる物語。 ――君よ、アブノーマルであれ! ※小説家になろう様でも連載しております ※表紙イラスト:澄石アラン様(@AlanSmiishe)

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 フェティシズム・フロンティア・オンライン〜おっぱいには夢と希望と防御力が詰まってます! 万能スキル【巨乳】を駆使したら胸でパリィする変態なんて呼ばれてました〜
作者名 梅谷涼夜
ジャンル SF
タグ アクション/バトル 女主人公 人外 VRゲーム 性癖 憑依 変身 掲示板 主人公最強? 変態 ゾン娘 巨乳 百合 コメディ シリアス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年8月11日 17時32分
最終投稿日 2020年12月30日 17時05分
完結日 -
文字数 212,025文字
ブックマーク登録 32件
コメント 10件
スタンプ 173件
ビビッと 17件
応援ポイント 140,770pt
ノベラポイント 1,800pt
応援レビュー 4件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最強の力なのにバレたら処刑とか聞いてない

    ♡13,600

    〇80

    異世界ファンタジー・連載中・70話・282,287字 霜月みさき

    2021年1月24日更新

    自分は異世界である「日本」という国の「高校生」で名前を「井神みぃ」だということを思い出した。 それだけならどれだけよかったか。 今いる世界の人間には能力が備わっている。 例外なくみぃにも能力が備わっていたがその力が史上最強最悪と言われたとある国の女王と同じ力であったことから運命が大きく動き出す。 いろんな人たちのいろんな思惑に振り回されたり、理不尽に痛めつけられたり、どうしようもなくて泣いたり散々なこともあったけど、それでもみぃは歩き続ける。 大好きな人たちとの約束を守りながら。

  • 滅びゆく世界の伝奇×アクション×ラブコメ

    ♡169,400

    〇720

    現代/その他ファンタジー・連載中・17話・79,911字 朱坂ノクチルカ

    2021年1月24日更新

    滅びゆく世界の伝奇×アクション×ラブコメディ! とある休日の黄昏どき、再就職を控えた青年・苗代沢は「真っ白な少女」をめぐる誘拐事件に巻き込まれた。窮地に陥る苗代沢だったが、とあるジンクスによりアウトローに生きる友人・ミソノに結果として助けられることに。とはいえ、困った「巻き込まれ体質」の苗代沢にとっては珍しいことではなかった。だから流してしまった。これにより、苗代沢は世界の裏側で暗躍する者たちの「化物探し」に呑みこまれたというのに。 気づけば真っ白な少女は幻のように消えていた。そうして、苗代沢の周囲で奇怪な事件が発生し始める。事件ではない。それは遠い過去から続く連続的な計画だった。たとえば、いたずらに消費された無垢な少女たち。とある化物を発端とする脆弱性と、十五年前の東京タワー爆発事故。国家権力の介入できない宗教組織の凶行を誘う、欠け落ちた神様のかけら。地下にうごめく秘密結社の統治者はとっくに狂っていて、世界はもはや取り返しがつかない。 緩慢に現実性を失いつつある世界で、変わらぬ日常を求め続けることは間違いらしかった。 であれば、いずれ来る世界の終わりに。 「君」を撃たねばならない。 —- 毎週日曜21時に更新します。 ローファンタジー作品ですが、そこに息づく人々のヒューマンドラマをしっかり書いていきたいです。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る