歴史/時代 長編 連載中

よみがたり

作者からの一言コメント

安倍晴明の先祖返り二人の物語

安倍晴明の先祖返りの二人。 人ならざる者を見る・聞く・話す・触ることのできる安陪春明《あべのはるあき》と 見る・聞く・話す・触るができない近ノ衛美琴《このえみこと》の 女の子に見える春明と、男の子に見える美琴の不思議な物語が始まります。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 よみがたり
作者名 結城リノン
ジャンル 歴史/時代
タグ アヤカシ 安倍晴明 男の娘 雄んなの子 ケモミミ 憑依
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年12月15日 18時42分
最終投稿日 2020年3月1日 20時59分
完結日 -
文字数 41,313文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    人外兄×超人妹 出会いの数だけ魔法がある

    800

    5


    2021年4月9日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹二人が王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 「あなたたちの強い意志、そのちからを貸してほしい」 「先に聞いておきたい、お前らにとっての敵ってなんだ」 二人の兄妹、ジオとネルマを中心に古びた世界が終わりを迎える――――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • ルディアと王都防衛隊~海の国の入れ替わり姫~

    条件付きSF精神入れ替わり戦記!

    1,772,150

    7,360


    2021年4月11日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中! ■35000PV突破感謝です! ■最高順位日間総合1位、年間SFジャンル3位、年間総合35位、累計SFジャンル11位など達成! ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:53時間49分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期が舞台のファンタジーです

    831,160

    2,560


    2021年4月11日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸の浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間47分

    この作品を読む

  • マヒテルカカミ ~大日本曙旗~

    逆浦転生者がなくてもいけるのか実験します

    0

    0


    2021年4月11日更新

    輝鑑は、ある程度の成功を収めた。HJ2020大賞の発表はまだであり、戦略的成功になるかどうかは不明ではあるが、ノベラポイントも提供してもらい、そろそろPV数も2万を数える。日刊ジャンル別ベストテンにもある程度の確率で顔を出すこともでき、当研究所の出世頭と言っても良いだろう。 だが、私はここで考えてみた。「果たして、逆浦転生者が無かったとしても同じ結果は出るのだろうか?」 もちろん、答えとしては「ノー」であろう。当たり前だが、現代という巨人の肩にのった主人公が徹底的に自前の勢力を贔屓したのが輝鑑だ。 だが、それでいいのだろうか?果たして、逆浦転生者がなかりせれば史実と同じ破滅の道を辿るしか無いのだろうか? これに対して、私は「ナイン」と言う。喩え、史実と同じ環境だからといって史実と同じ結果を辿るとは限らない。 よってここに、証明作業を行う。目指すのは、流石に富良東大陸やアナスタシア大陸ではないものの、欧米列強をはじき返すことができれば、史実という「勇者が死んで生き返らない世界」に比べれば充分に繁盛していると言えるのでは無いだろうか。 故に、今から記すのは流石に16世紀からになるが、ビフォア信長から印を入れる物語。果たして、この世界における垣屋続成の命運や如何に。 さあさあ、お立ち会い! 令和3年4月3日、夜半。 ※もし輝鑑が今回のHJ2020後期で落選したらショックのあまり更新が途絶え、そのうちしれっとなかったことにする可能性が高いです。その点だけはご了承ください。※

    読了目安時間:2分

    この作品を読む