現代/その他ファンタジー 長編 連載中

霊能者のお仕事

作者からの一言コメント

オカルトコメディです

 霊能者の仕事は、何も除霊ばかりではない。  最近では死者の霊を呼び出して、生前にネット上で使っていたパスワードを聞き出すなどの地味な仕事が多い。  そういう仕事は、霊能者協会を通じて登録霊能者のところへ割り振られている。  高校生霊能者の社(やしろ) 優樹(まさき)のところに今回来た仕事は、植物状態になっている爺さんの生霊を呼び出して、証券会社のログインパスワードを聞き出す事だった。  簡単な仕事のように思えたが、爺さんはなかなかパスワードを教えてくれない。どうやら、前日に別の霊能者が来て、爺さんを怒らせるようなことをしてしまったらしい。  優樹は、爺さんをなんとか宥めてようとするのだが…… この作品はアルファポリス様でも公開しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 霊能者のお仕事
作者名 津嶋朋靖
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ 男主人公 現代日本 オカルト 式神 男の娘 ショタ 第2回ノベプラ大賞 強制女装
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年6月4日 14時06分
最終投稿日 2020年1月26日 19時05分
文字数 121,499文字
ブックマーク登録 33件
コメント/スタンプ 281件
応援ポイント 55,560pt
ノベラポイント 2,900pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 全ての自主企画に光を!

    ♡5,600

    〇150

    作品紹介・連載中・5話・2,164字 むらもんた

    2020年9月18日更新

    ノベプラ内において自主企画はとても大きな意味を持ちます!時にその参加作品のPVは短編で1000を超える……。 企画が終わってから、企画を知り参加できなかった悲しい思い。 そんな気持ちはもうさせません。 むらもんた動きますぅぅぅ!!! 全ての自主企画に光を。 楽しい場所をもっと楽しく。 レッツ自主企画〜♪

  • 見た目幼女が巫女になって黒龍とイチャラブ

    ♡8,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・4,845字 茄子

    2020年9月24日更新

    いつからか、私を呼ぶ声が聞こえているような気がしていた。 例えば夏祭りに幻想的に赤く灯る赤提灯を見た時、例えば秋の燃えるような紅葉の紅に目を奪われた時、例えば冬の白い雪の中に咲く椿の赤さに目が惹かれた時、呼び声は強くなるような気がする。 そしてある日、私は点滅する赤い工事のランプに惹かれてふらり、と道路に踊りでて車に跳ねられて、宙を舞い、地面に叩きつけられた。 けれど目覚めた時は病院ではなく、どこかのお堂のような場所で、六芒星の上に全裸で寝そべっていた。 恐怖に怯えていると、平安時代の陰陽師のような格好をした男が部屋に入って来て私に着物を与えてくれた。 そして告げられたのは私を龍神の巫女候補として召喚したのだと言う事。 正直「は?」という感じだけれども、他の同じように召喚された少女達と龍神の巫女と成る為の儀式を行う。 それぞれ龍神の巫女になっていく中、私は災いを呼ぶと言われている黒龍の巫女になってしまった。 黒龍の巫女になったと言うだけで、周囲から嫌厭され、隔離された生活が始まるが、龍神の巫女になった者は必ず都にある穢れが溜まっている場所に行き浄化をしなければいけないと言われ、私も行こうとするが、止められてしまった。 曰く、余計な事をして黒龍の穢れを広めるなという事なのだ。 他の少女達が毎日忙しく巫女業に勤しんでいる中、私は腫れものを扱うように、嫌悪感に満ちた視線を向けられ屋敷の中で一人過ごしている。 黒龍の巫女となったからと言って、一人用の局も与えられ、本当にやる事と言えば御簾や几帳の隙間から中庭にある紅葉の木を眺めるぐらい。 だって、本を読めと言われても、ミミズが這いずり回ったような字で、なんて書いてあるのかわからないし、誰かと和歌を交換しようにも、黒龍の巫女である私と交流を図りたいとする人なんていなかった。 退屈な時間を過ごしていると、ある日、紅葉の木の下に艶やかな長い黒髪の、血のように紅い瞳を持った男の人が立っているのに気が付いた。 どうせ誰も居ないのだし、と思って十二単の裾を持って中庭に下りてその人に近づいてみると、「譲羽」と親し気に名前を呼ばれた。 ああ、私はこの紅い瞳を知っている。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 絶対にありえない世界の物語

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話・585字 伝説の大曲現品限り

    2020年9月25日更新

    これは、絶対にあり得ない世界の物語 人間が化け物となった存在を狩る物語、明治編であり、本編では絶対にありえない組み合わせでいくよ (※尚本来絶対にあり得ないため、設定が本編妄執狩りとは少し違います)

    タグ:

  • 私にはあるべきはずの眼球が無い。

    ♡8,200

    〇3

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話・25,133字 火口雪

    2020年9月25日更新

    全ての始まりは東京都八ツ森市で起きた過去の事件の一つ。 1994年に幼い兄妹が遭遇した事件。 兄の体は四散し、妹の両目はくりぬかれていた。 両目をくり抜かれた被害者の名前は「陽守芽衣(ひもり めい)」。当時6歳の女の子である。 その都市を囲む霊樹の森林は死者と生者を繋ぐ結界でありまた牢獄なのである。遠い遠い伝承の中に存在する逸話。 生者の世界と死者の世界。決して交わる事の無い世界。その二つの世界を繋ごうとした者達が居た事が記録されている。 これはその影響が世界に齎らした歪と向かい合う1人の盲目の少女の物語である。