異世界ファンタジー 長編 連載中

死にゲーマーの死に戻り異世界転移 ~え!? たった15日で世界救済を!?~

作者からの一言コメント

「普通にロードさせて欲しいんですけど」

 女神に無理やり転移させられた、   引きこもりゲーマー高校生の速水理人(はやみりひと)。  言い渡されたのは、15日での世界救済。  反発するリヒトだが、彼には『 セーブ&ロード』の力が与えられる。  だが、セーブは1枠のみでオートセーブ。  しかもロードは死ぬ事でしか発動できない。    つまりは実質『死に戻り』の状態。  何度もやり直して最適解を導きたい。  でも死ぬのはやっぱりツラい。  合理性と感情の板挟みの中。  リヒトは世界を救う為に何度も死んで、何度もやり直していく。 「あの、普通にロードさせて欲しいんですけど」 「私だってそれができればやってるんですけど!?」 「なんでコイツ、逆ギレしてんの!?」  しかも女神は弱体化していて、最後までポンコツたっぷり。  あれこれ言うばかりの役立たず。  死にゲーで諦めない心を学んだ男が挑む、変則的な英雄譚。  傍から見れば、世界救済RTAにも見える旅路。  その果てに、彼が願うものとは――。 ※他サイト様にて重複投稿しております。 ※タイトル、あらすじ、本文は必要に応じて、予告なく変更される可能性がありますのでご了承ください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 死にゲーマーの死に戻り異世界転移 ~え!? たった15日で世界救済を!?~
作者名 伊達スバル
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界転移 死に戻り 男主人公 バトル シリアス コメディ セーブ&ロード ポンコツ女神
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年9月1日 12時03分
最終投稿日 2020年10月27日 20時03分
文字数 81,919文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • その雑用係、異世界から来た神の使徒につき

    ♡8,300

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・7話・24,905字 高柳神羅

    2020年10月27日更新

    世界を救い英雄となった冒険者ジュリアのパーティで雑用係として働いていたミナヅキは、非力で魔法が全く使えない戦力外の役立たず扱いされてパーティから追放されてしまった。 パーティを去ることを渋々承諾したミナヅキは、ジュリアに内緒で彼女に施していたひとつの魔法を解除した。それは、己の能力を相手に貸し与える魔法──ジュリアが持っていた英雄としての能力は、元々はミナヅキの才能だったのだ。 居場所は失ったが本来の能力を取り戻したミナヅキは、自由気ままに暮らすために新天地へと旅に出る。一方、英雄としての力を失ったジュリアは、本来の実力に伴わない肩書きに振り回されて順風満帆どころか急転直下の波乱万丈な冒険者生活を送る羽目に。自分が捨てたものの本当の価値に気付いた時には──全てはもう、手遅れ。 本作は試験的に投稿したものです。更新頻度は不定期であることを御了承の上、御覧下さい。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡59,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・53話・274,956字 普門院 ひかる

    2020年10月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る