連載中 長編

うるさい隣人は宇宙人だった

作者からの一言コメント

隣の部屋の宇宙人についてのレポート

一人暮らしを始めたマンションの、隣の部屋の住人。 引っ越しの挨拶としてドアノブに洗濯洗剤を掛けておいた。 その返事がないのは構わないが、足音や扉の開け閉め、そして話し声がうるさい。 明らかに外国語を話しており、文句を言いたくても怖くて言えず、でも我慢するのも嫌だ。 何とかならないものかとネットで検索すると、入管管理局へ匿名通報するといいとの書き込みが。 匿名だしと軽い気持ちで通報した直後、部屋の玄関のチャイムが鳴った。 このマンション、オートロックなんだけど……。 その日から、隣人とのご近所付き合いが始まったのだった。 (ノベプラ初チャレンジ、不定期更新です) (プロットなし、行き当たりばったり、思い付いたら更新します) (現代ファンタジーかSFかで悩んで恋愛/ラブコメにしました)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
うるさい隣人は宇宙人だった
作者名
なつのさんち
ジャンル
恋愛/ラブコメ
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年11月9日 22時12分
最終投稿日
2019年11月11日 12時02分
文字数
13,472文字
ブックマーク登録
3件
コメント/スタンプ
3件
応援ポイント
2,500pt
ノベラポイント
0pt
応援レビュー
0件