SF 短編 連載中

【ロボット工学間に合わない】慈滅

作者からの一言コメント

書いてみるが書けるとは言ってない(´;ω

以下引用 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【ロボット工学間に合わない】慈滅
作者名 春瀬由衣
ジャンル SF
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月9日 5時56分
最終投稿日 2020年5月13日 7時04分
完結日 -
文字数 3,162文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 初作品なので拙いですがよろしくです♪

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・15話・43,483字 susanowa

    2021年1月16日更新

    俺の名前は鋤灼(スキヤキ)。うまそうな名前ってよく言われる。 通称”ゲーマー特区”で、特別講座”VRエンジン概論”を受講中の高校生だ。 「鋤灼君、クエスト行きまぁしょぉう!(謎の美人講師/子供声)」 「ちょっと、鋤灼、アンタいつになったら、クライアントインストールするのよ(謎の男前系美少女)!」 「おう、鋤灼ホントだぜ。そろそろパーティー組もうぜー(すっげーイケメンの旧友)」 ハイテク満載ゲーマー特区の日常。突然襲ってくる謎の美少女&小鳥。謎の地下都市空間、謎のフルダイブRPG。そして――謎の宇宙服。 ※構想は2015年7月21日 10:02投稿のWEB漫画から。初投稿はシンゴジまえの2016年2月25日 07:20から。

  • ただのSFじゃない。真実を見ろ!

    ♡4,350

    〇0

    SF・連載中・38話・137,347字 高杉愁士朗

    2021年1月16日更新

    地球は数々の天災、自然災害が相次ぎ、とうとう、島がひとつしか浮かばない世界になった。島は、日本だったのか、アメリカ大陸だったのか、中国大陸だったのか、どこだったのかさえもう分からない。島の名前は「ユートピア」。理想郷という名のディストピアだった。 そのせいもあり、少子化は進み、この島を治める「アマテラスプロジェクト」という名のもとに、人々は、ビーナスと呼称される少女の戦闘用クローン人間に脅かされる日々を過ごしていた。 廃墟となっている「ユートピア」では、男たちが日々、ビーナスと戦っている。人間の女は貴重な存在になり、別の施設で子どもを産むために保護されていると聞いていた。 ロキは、この島の外に出れば、別の世界があるという噂を耳にしていた。それは「ユートピア」にいる者たちの中では都市伝説のようなものであり、希望だった。 ロキは、冷酷なビーナスと戦う最中、ひとりのとあるビーナス、No168(通称イロハ)と出会う。 怪我をしていたイロハを救いだし、ロキはイロハと「ユートピア」を抜け出す覚悟を決める。感情のないクローン人間だったイロハも次第にロキと通じ合い、旅の中で出会う仲間とともに、この「アマテラスプロジェクト」の真の意味を知ることになる。 ロキの本当の存在理由は、世界を揺るがす事実だった。