二次創作 短編 完結済

戦う女神様

作者からの一言コメント

うどんVSそば……ではないです

物語の女神様は、戦う女神様だった! 我らがノベルアッププラスの看板女神様が夜遅くまでTwitterに棲息するその理由とは……?

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 戦う女神様
原作
作者名 千鳥 涼介
ジャンル 二次創作
タグ 1周年公式創作フェア ノベラ ステラ バトル物 タイツ アクション/バトル 女主人公 人外 現代日本 ノベプラオンリー
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年8月11日 1時28分
最終投稿日 2020年8月11日 1時28分
文字数 3,509文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 13件
応援ポイント 9,900pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • シスコンが主役のファンタジーです!

    ♡8,400

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・6話・14,024字 桜川凛

    2020年9月28日更新

    わたし、ユーリは考える。 妹というのは可憐。 妹というのはいたいけ。 妹というのは純真。 なぜ妹をそんなにも可愛がるのかと言われれば、そこに妹がいるからと答える。 なぜ妹をそんなに溺愛しているのかと言われれば、姉は妹を可愛がるものだからだ、と答える。 そんな私は「ユリーノ・シスコーン」の生まれ変わりでした。

  • そして俺たちは、家族になる。

    ♡33,300

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・44話・192,934字 一式鍵

    2020年9月15日更新

    魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。 腰痛に効く温泉があると聞いて、わざわざこの田舎町にやってきた俺は――まぁ、過去のことはいいか――しがない腰痛のおっさんだ。剣は持ってるが、もうしばらく抜いてもいない。馬にも乗れないんだぜ……。なぜか? 腰痛だからさ。 ところが、だ。その温泉に入る前に、俺は「魔女狩り」に遭遇してしまう。まぁ、俺がよっこいしょっと頑張った結果、なんとかなるんだけど、いやぁ、危ない危ない(腰が) だがしかし、おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に町から逃げ出す羽目に。ちなみにこの女ことタナさんは、「魔女を引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしては、とても同情したいところだ。 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、タナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行くよ!」とか言われてしまって驚愕とした。だって、カルヴィン伯爵領といえば、直近の「魔女狩り」発祥の地だぜ? 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか? 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。暗躍する魔女たち、ちらつく教会の影、悪魔の哄笑。そんな険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。とにかく腰だ。腰が不安だ。 ――剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女(タナさん)の旅路は果たして……。 (※表紙イラストは「るいさん」) // ----version 2.0 ----

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お絵描きしたいと数年ぼやいてましたが!!

    ♡247,122

    二次創作・連載中・91話・73,237字 神村 星

    2020年9月28日更新

    ノベルアップ+のイラストコンクールが開催されていますね。(2020/8/31で終了しました) 当たり前に初心者過ぎて下手っぴ過ぎるので、 応募なんてできないけれど、 絵が描ける人がうらやましい~。 自分が書いた小説にイラスト付けられたいいなーなんて妄想したり、描けないよりそりゃ描けた方がいいよねー!なんて思い続け、 数年間…お絵描きしたいと言ってますが 神村、口だけ。 2020年も後半戦!習うより慣れろ! ってことで、ついにお絵描きを始めたいと思います。 本当に初心者なので道具もありません、 当たり前に上手いわけはないので、閲覧注意! とりあえず、一年間目指して頑張ります~!! ※現在はスマホ+手書きで描いています。 アイビスペイント様使用。 (要するに一円の出費もせず、スタート!) ※表紙は2ヶ月経過。 あと10ヶ月頑張ります!

  • 創作聖杯戦争 ~クトゥルフ神話を添えて~

    ♡4,500

    二次創作・連載中・31話・63,651字 ナイカナ・シュタンガシャンナ

    2020年9月26日更新

    ■二次創作日間ランキング第3位を記録■ 彼の東出祐一郎氏は言いました。 『だから、できれば皆様にもこの世界で遊んで戴きたいと思うのです。 設定を考え、文章を練り上げて、あるいは絵を描くことによって…… 僕の私の考えたFateを二次創作という土台で見せて欲しいのです。 「俺は『Fate』が大好きだ」と、虚淵玄兄貴のように叫んで欲しいのです。(Fate/Apocrypha 5巻)』と―― 「じゃあ、やろうか!」というのが今回の作品です。 ◇ 第三次聖杯戦争時、大聖杯の一部が帝国海軍に奪取された。 残された魔術師達は盗人達を追ったが、捕らえる事は叶わなかった。 斯くして聖杯戦争は破綻。残った一部で第四次聖杯戦争が行われるも、失敗した。 聖杯戦争は終戦したのだ。 それから幾つかの年月が経ち、地方都市・談雨市で物語は再開する。 談雨市の霊脈が急激な変動を見せた結果、盗まれた聖杯がこの地にある事が判明。 冬木市の聖杯戦争は確かに終わった。 しかし、火種は消えていなかったのだ。 七人のマスターは戦場に集う。 七騎のサーヴァントを従え、己が願望を競って。 別のどこか、違う誰か。 異形の聖杯戦争が今、始まる――――