真白な黒-神々の忘れた記憶-

005:『天鈿女』

 随分お久しぶりですね。いやぁそれも「また来るよ」とか言いながら美月が俺の影? に入って行って、それからというもの全然美月は姿を見せなくなってしまいましてね...  俺の生活も特に変わらず、物語の進展としては何も代わり映えしない日々が続いていたのでありますよ。  いつもの生活に戻り、あの日以来俺はまた、夜を失った。  学校も夏休みに入り、何もする事の無い俺は毎日ゴロゴロゴロゴロ...  もう、以前夜に起きた事も美月に出会った事も夢だったのかもしれないと思い始め出した時...  本当に久しぶりに美月が急に現れたのだった。(本当にびっくりした)  「久しぶり灯夜」  「おっっ!! 久しぶりじゃねーよ!! びっくりしたな!! ゴロゴロしてる時にいきなり下から出てくる奴が何処にいる!!」(つーかどうやって出てきたんだよ)  「ゴメンゴメン寝過ごしちゃって慌てて出てきたから、灯夜がゴロゴロしてるの気づかなかったよ」  「ところでお前...何で俺の影の中にいるんだよ?!」  「だって月は夜にしか光れないんだよ。灯夜は夜そのものだから灯夜の中なら安心して眠れるんだよ」  「なんだよそれは...」(俺はベットか!!)  「しょうがないじゃん許してよ~」(え~んえ~ん)  「まぁいいけれど...」(こいつ結構可愛いな)  「ありがとう灯夜」(掛かったな)  「ん? 何か言ったか?」  「なっ、何も言っておりませんけれど」  「まぁいいや、ところでお前...「また来る」とか言ってどんだけ寝てんだよ」  「も~灯夜ー、お前じゃなくて美月!! 私の名前は美月!!」  「ゴメンゴメン美月!! ところで何でなんだ? それに、なんか美月透けてないか?」  「すっ透けてるって... しっ下着がですか...」  「違うし!! 体自体がだよka・ra・da!!」  「なんでなのか私にも分からないんだよ。いつもならこんな事はないのだけども...私が薄くなってるのは前にも言ったけど私は月だから昼には薄く見えるんだよ」  夜が、また訪れなくなったのにも何か関係があるのだろうか。  また夜が訪れなくなったから、美月は体内時計が狂って寝入ってしまったって事なのか。  いや、それにしても寝すぎだが...  まっ、それはそうと、また夜が無くなったのはどういう事なんだ。  「あの日の夜? はやっぱり勘違いだったのか?」  「勘違いなんかじゃないよ。あれは確かに夜だったよ」  「じゃあ何だってまた夜が無くなったんだよ?! 俺は、また夜に意識が無くなる体質に戻ってしまったし」  「ゴメン...私もさっぱり分からないんだよ」  「そうだよな...全く理由が分かんない...」  「灯夜、落ち込んでいてもしょうがないよ。散歩にでもいかない? 私、久しぶりに外に出てみたい」  「それもそうだな。気分転換に散歩にでも行こうか」  「わーい!! 私アイス食べるー」  「それは良いんだが、美月?」  「何? 灯夜」  「昼間から外に出ても美月は大丈夫なのか?」(透けてるし...)  「しっ下着がっ?!」  「だから!! 体だよっ!! body!!」  「あぁ、体だったら大丈夫大丈夫。普通の人にはもう、私見えないから」  「えっ...見えないのかよ!! それに『もう』ってどういう事なんだよもうって」  「もともとは私も普通の人間だったんだよ。人間だった頃の記憶はないけども、いきなりお父さんが現れてお前は月だ、とか白の化身だ、とか言われて初めはびっくりしたけど、時間は掛かったけど今は理解したよ」  「めちゃくちゃな話だな...」  「灯夜もそのうち、ちゃんと見えなくなるから安心して」  「安心できるかよ!! でも、どういう事なんだ」  「灯夜は神様が見える?」  「いや...見えないが...」  「そういう事だよ。私達「色」は【神】なんだ。だから『色の化身』と言っているけど『色の化神』の方が正しいのかもね」  「何か色々と難しいな」  「まぁねー、私も初めは理解に時間が必要だったよ。でも大丈夫。灯夜も神として目覚めたら全てを理解できるよ。それより早く行こっ!!」 「あぁ、そうだな」  俺達は、散歩に出かけ良い位歩き疲れると、公園のベンチで休憩する事にした。  『この光景、周りの人が見れば、俺が独りでアイスを食べてる様にしか見えてないんだよな...なんか俺って寂しい人間?』『いや、人間じゃなくて神? 色? いったい何て呼べば良いんだよ...』  「ねぇ灯夜?」  「ん? 何だ? アイスもっとくれってか?」  「アイスはもっと食べたいけど...じゃなくて!! さっきからこの公園誰も居ないんだよ」  「確かに...皆、ご飯でも食いに行ったんじゃないか?」  「だってまだ15時42分だよ!! こんな中途半端な時間に皆が一斉にご飯食べるなんて考えにくいでしょ」  美月は、公園に設置してある錆びかけた時計を見上げながら言った。  「まぁ、それもそうだな...この公園はいつ見ても人が居ない所を見た事が無いって程、いつでも人が居るような公園なんだ...」  「やっぱり何かおかしいよ...痛っ!!」  「どうした美月?!」  「急に何かが頭に当たった様な...でも、何も見当たらない...」  「アイスの食い過ぎじゃないか? だって何もないぞ...痛っ!!」  「灯夜?!」  「やっぱり何か居るな」  「ようやくお気付きになられましたか」  「何処に居るんだ?!」「灯夜...何処にも居ないよ...」  「貴方がたに私を補足することはかないませんよ」  「なんだと?! お前は誰だ」「灯夜、もしかして色の戦士かも...」  「これは失敬、申し遅れました。私は天鈿女アメノウズメと申します。貴方がたを反逆者として拘束する命を受け、ここに参った次第であります」  「反逆者だと?! 俺達は何もしていないじゃあないか!!」  「問答無用でございます。では、ご覚悟を...思兼神オモイカネ殿、月讀ツクヨミ殿」  『こいつ何を言っているんだ?! 全く意味が分からない...オモイカネ? ツクヨミ? 誰だ? 誰の事を言っているんだこいつ? もしかして、俺と美月の事...なのか?』

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 百合姉妹がイチャイチャしたりしなかったり

    ♡85,400

    〇730

    異世界ファンタジー・連載中・53話・114,998字 べるえる

    2021年1月17日更新

    幼き日に蒔かれた想の種は 笑みの眉開くまで その色を識ることはできない 北限の極寒の大地、ニフルハイム伯爵領。 伯爵の姉妹である白子(アルビノ)の姉と黒髪の妹は、大人達の陰謀に巻き込まれ心がすれ違っていく。 なんだかんだで仲直りした二人は、力を合わせて 世界に逆襲を始めるのだった。 神に見放された大地、辺境が舞台のダークファンタジー でも、そんなに残酷な感じではないイチゴ味。 表紙イラストは陽名ユキ先生(@hina__yuki)に描いて頂きました!ありがとうございます!! 需要的にニッチな方だと思うので、感想とか頂けるととっても嬉しいでっす。 HJ大賞2020後期に応募しました!

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡297,900

    〇3,317

    歴史/時代・連載中・87話・108,605字 八島唯

    2021年1月17日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』『マグネット』『ノベリズム』様にも掲載しております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る