文芸/純文学 短編 完結済

青林檎

作者からの一言コメント

青林檎、青林檎、とにかく青林檎!

読了目安時間:10分

横合いから夕陽の笑いかける時分のこと、ひとつ、『ぱん』と柏の鳴る音がきこえ、私はうしろをふりかえった。

前へ

次へ

  • 投稿日2020/11/16 20:17 文字数4,853文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 青林檎
作者名 さすがり亜美
ジャンル 文芸/純文学
タグ 青林檎 男主人公 夕方 男女 バットエンド シリアス 真剣 切実 垣根 哀愁 ダーク
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年11月16日 20時17分
最終投稿日 2020年11月16日 20時18分
完結日 2020年11月16日 20時18分
文字数 4,853文字
読了目安時間 10分
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 習作千文字

    毎日書いて練習するのだ

    24,300

    300


    2021年6月17日更新

    この作品は2021年2月ごろから何の考えもなしに始めた処女作になります。 とにかく1000文字毎日ストーリーを進める、文字を書くことを習慣化するという目的で始めていました。 この作品には沢山のキャラクターが登場しますが世間は狭いもので、みんな何かしら接点を持つようになっています。 少しずつ重なっていく彼らのドタバタを見届けてもらえれば幸いです。 会社や学校へ行く途中で片手間で読んでもらえればと思います!

    読了目安時間:4時間19分

    この作品を読む

  • 黒馬物語

    動物を愛する人へ

    300

    0


    2021年6月17日更新

    十九世紀、イギリス。馬がまだ交通及び運搬の手段として重要な位置にいた時代。田舎の牧場に生まれた血統の良い美しい黒馬がいた。大人になった黒馬は売られた先で、様々な経験をしていく。その中には辛いものも……。 馬に深い愛情を寄せた作家アンナ・シュウエルが、彼らの辛い現状が少しでも良くなることを願って綴った物語。 NOVEL DAYSとの重複投稿です。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む