現代/青春ドラマ 長編 連載中

同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりました

作者からの一言コメント

なろうで10kPV/d超えたサーガです。

同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりましたの表紙

犬並みの嗅覚を持つ俺は、高校で同級生になった彼女に一嗅ぎ惚れした。 それは、普通の高校生が決して踏み込んではならない世界への入り口だった。 歴史、世代、国境を超えて話は進みます。 こちらでも連載させていただきます。 なお、この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりました
作者名 林海
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ HJ大賞2020後期 シリアス 男主人公 学園 現代 幕末 諜報 バトル 美少女 南朝 つはものとねり 兵衛府 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年12月7日 14時27分
最終投稿日 2021年5月6日 13時28分
完結日 -
文字数 489,835文字
ブックマーク登録 17件
コメント 2件
スタンプ 154件
ビビッと 3件
応援ポイント 49,100pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    7,700

    10


    2021年5月7日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛のみ』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った。 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で、別次元の世界に居た者にと、興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして一切、妖華を離す気もない。 でも龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華にと気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 けれど知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全てが判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐに龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すらも愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。

    読了目安時間:7時間6分

    この作品を読む

  • 逃げるしかないだろう

    絵描きの男と、キャバレーの女。

    58,516

    12


    2021年5月6日更新

    舞台は1980年頃の、大阪ミナミ。貧乏青年の譲治は、友人の紹介でキャバレーで黒服の仕事をするために面接を受けることになった。 面接に行く途中、時間に余裕があったので、道頓堀にある戎橋、通称ひっかけ橋で、趣味の似顔絵を描くことにした。大道芸のように、女の子に声を掛けて器用に似顔絵を描く譲治。その時、橋の上で男たちに言い寄られている一人の美しいお姉さんを見つけた。鋭い目つきで、男たちを罵倒するそのお姉さんの勝気な姿。譲治は、その表情に惚れてしまった。止せばいいのに、騒動の中に分け入ってその子の似顔絵を描き始める譲治。気になったものは描かずにはおれないのだ。火に油を注ぐような譲治の行為。そこに、怖いヤクザの姿も現れる。 知り合ったその美しいお姉さんは、譲治がこれから面接に行くキャバレー「ジュエリーボックス」のホステスだった。源氏名を月夜という。頼りない譲治と、勝気な月夜。黒服とホステス。職場は同じと言えども、全く立場の違う二人。支配人は黒服とホステスの恋愛は禁止だという。 交わらなかった二人が、お互いを意識した時、恋愛のドラマが加速を始める。惹かれ合う二人に、様々な障害が襲いかかる。傷つき、すれ違い、揺れる心。結ばれたいのに、結ばれない。はたして二人が行く先は、ハッピーエンドか、バットエンドか。 この作品は、前作「本読みクラブー怪人二十面相が好きだった僕らの時代ー」で登場した、譲治を主人公とした、同じ世界のお話です。 ※2021年4月20日 譲治 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 譲治 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 風紀倶楽部

    僕と私、僕とボク、交差する学園群像劇

    700

    0


    2021年5月7日更新

    国会の18番目の常任委員会として『風紀委員会』が作られた。それは与野党合意に至らなかった通称『スパイ防止法』の役目を非公式に担う機関となる。 しかし、公には秩序安寧の為に存在している事となっていた。その為の政策として、選定された高校に『風紀倶楽部』という秩序管理サイトを設けたのだった。 ここ榊大戸(さかきおおと)高校も『風紀倶楽部』が導入されて3年近くが経ち、全生徒がその存在を当たり前に感じていた。 勿論、矢的就太(やまとなりた)も『風紀倶楽部』は入学当初から有った物で、この学校の一部だと思っていた。しかし、ゴシップ誌のような存在で有った為に、派手でも何でもない彼は関わる事は無いだろうとも思っていた。 しかし、1年生の終わりに部活でちょっとした事件を起こした矢的は『風紀倶楽部』に取り上げられる事となり、そこから因縁めいた関わりを持っていく事となるのだった。 〜そして春を迎える〜 矢的は後輩から1枚の画像を見せられた。その画像が波乱万丈な人生への片道切符になるとは知る由しもなかった。 持田 樹(もちだ いつき)は怒っていた。親友の彼氏の浮気疑惑が『風紀倶楽部』で取り上げられたからだ。 浮気疑惑に二股疑惑と続け様に一組のカップルを襲う陰謀を主導するのは『第三書記』だった。 別軸から1つの事件へと関わる矢的と持田。 果たしてその結末や如何に。

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 東雲とばりは諦める

    高校生が何かを『諦める』青春ストーリー!

    104,400

    188


    2021年5月7日更新

    【電撃大賞3次選考進出作品(一部改稿しています)】 【基本的に月・水・金の朝7時ごろに更新します】 「生きるということは、諦めることよ」 天文部部長、東雲とばりはそう言って、部室で『諦め屋』を営んでいた。 『諦め屋』――そこを訪ねれば、なんでも諦めさせてくれると噂される場所。 だが、同じく天文部員であり後輩の宵山晴人は、天文部が『誰かを諦めさせる場所』として使われることを好ましく思っておらず、今後の部の在り方を決めるため、東雲とばりと『賭け』をする。 そんな時、晴人の幼なじみである星宮夕月が、ひとりの女子生徒を連れてくる。 彼女はここへ来た理由は『諦め屋』を訪れるためであり、『何かを諦めるため』だった。 東雲とばりは彼女の依頼を聞き、『諦め屋』の活動が始まる。 一人、また一人とやって来る依頼者。彼らが『何かを諦める』のを見ていくうちに、晴人は「諦めるということは何を意味するのか」、「諦めた先に何があるのか」を知っていく。 揺れ動く晴人の心。 東雲とばりはなぜ『諦め屋』をしているのか。 そして晴人たちは最後に何を『諦め』、何を『諦めない』のか――

    読了目安時間:2時間50分

    この作品を読む