死なずのジャック

なんかさあ、タイトルは不思議系ホラーっぽいのに、思いっきりB級ホラーのノリだよね。 ここで『悪いやつら』の章は完結です。

ひとだま奇談(後編)

 ウッドゴーレムの強烈なパンチが飛んでくる。残念、のろいわ。    ワラに足を取られてステップを使えない状態であってもこのスピードなら、上体をひねるだけで問題ない。  そして悪党はただではよけない。  背後から飛びかかろうとしていたグールばばあの体をひっつかんで、ウッドゴーレムのパンチが空振りに終わらないようばばあの顔面を差し出してあげた。  ドグチャッ 「グギャァァァァァ」 「やった、めり込んだよ。おばあちゃん、明日からは総入れ歯だね。てめえに明日は来ないけどな!」 「この餓鬼が!」  汚らしく伸びきった爪が薙いでくるところを肘でかちあげてカット。後ろに風を感じたところを上体をかがめる(ダッキング)。  ウッドゴーレムの横殴りは、またも誤爆してばばあの頬を張り飛ばした。 「ばばあ、ひとりコントしてんな。ダークファンタジーわかってんのか?」  ランタンから取り出した愚者の火(イグニス・ファトゥス)を足元にポトリ。ワラに引火。  足回りが自由になり、ハンデタイム終了。 「椅子君はよく燃えるんだろうなあゲラゲラ」  ワラから伝わった火が足下からウッドゴーレムを焦がす。堪らず後退するものの、愚者の火(イグニス・ファトゥス)はそう簡単に消えない。  足から腰、腰から胸へと赤黒く変色していき、屋内に炎の柱が立った。 「や、やめヨォッ。この家まで燃えてしまうっ」  ばばあが人血で固まった毛布で消火を試みる。 「そうだ。家まで燃やすんだよ。てめえにむさぼり喰われた挙句、この家に囚われたつの魂を解放してやるんだ」  つの燭台の意味。犠牲者のひとだま(コープスキャンドル)をこの家につなぎとめておく魔術的なくさびだ。  家の外を飛んでいたひとだま(コープスキャンドル)つ。  つめの魂(・・・・・)が扉の前に立っていた。 「おかえり。クラリッサ」  憂いをたたえた黒い瞳はまっすぐに俺を見つめていた。 「わかっていたんですか」  手にした燭台のか細い炎は彼女自身のコープスキャンドル。 「つのひとだまと使われてないつの燭台。悪党紳士は職業柄そういう数の合致に細かくてね」 「君はつの魂のどれかにこの家に誘い込まれ、あの汚い毛布の一番新しい血の染みになってしまった」  クラリッサの涙が頬をつたう。 「あなたをつめにできたらこの役目からは解放されるって……私、とんでもないことを」 「クラリッサ、あんた生前から正直者で嘘が嫌いだったろ。だからどんなにグールに強要されていたとしても、その瞳だけは俺を騙しきれてなかったよ」  俺に「何か隠してるな」と思わせたらだめだ。どんな悪だくみも暴いてしまう。  死なずのジャックの異名を名乗さているのは、ただ肉体が不死だからではない。  神も悪魔も出し抜いた悪党のくそったれな名誉を誰にも殺させないという俺自身の誓いでもある。 「人目の客が最悪だったな、ばばあ。このくっせえ牢獄を灰にして、てめえ消滅させてやっからな」 「いやだいやだいやだっ、あたしゃまだやわらけえ肉を喰いてえんだヨォッ」  毛布による消火を断念したグールばばあがカエルのように跳んだ。  俺の頭上を越えて逃げるつもりか。入口近くにいたクラリッサが初めて感情をあらわにした。それはおそらくグールに喰われた時の恐怖と悲しみ。  ゲスの極みばばあ! 「牢名主はここで獄死!」  飛び越えるばばあの両肩を左右の手でがっしりとつかんで、力の限り元いた方向へ投げ戻した。  ばばあはしりもちをついたような格好のまま、ウッドゴーレムの火柱に後頭部から激突。  腐肉の焦げる嫌な音と強烈な悪臭がひろがる。   ギョアアアアアヨォォォォッ  その叫びも声帯が焼かれたのか途中でかき消されていく。   「クラリッサ! 燭台を全部持って出ろ!」  愚者の火とランタンをひっつかんで俺も続く。  数秒後、火炎に耐えきれなくなったあばら家が倒壊した。  クラリッサが自分の分を含めたつの燭台を地面に並べる。  宙を漂うつのひとだま(コープスキャンドル)がそれぞれの燭台に吸い寄せられ、あらたにつの細い灯がともる。  燐光に縁どられた人の若い男女が立っていた。  そのうちの誰が誰を騙してばばあに喰わせたのかなんて知りたくない俺は 「ばばあはめっちゃ苦しんで滅びた。これでお前たちは釈放。あとは天界がマニュアルどおりに罪の軽重で行くべきところに送ってくれる。それじゃ、おつかれちゃん」  と手を打ち鳴らした。  犯した罪の悔恨と解放された喜びがないまぜになった表情の魂たちが一礼して消えていく。燭台の火とともに。 「どうした?」  クラリッサはまだそこにいた。夜闇よりも深い黒い瞳はまたも涙をたたえて決壊寸前。 「……あなたになんてお礼を言えばいいのか。それ以上にあんなひどいことをして」 「もういい。ずるずる引き摺る女は来世で男にうざがられるぜ。なんなら怖かったことも罪悪感も一緒に愚者の火(こいつ)でケシズミにしちゃおうか」  ランタンをくいっとかざす。 「いえ、それはずるいことです。私は私なりに贖罪の方法を探します。ジャック様、クラリッサのまごころと愛を捧げます。それでは」  燐光に縁どられたクラリッサは深々とお辞儀をして消えていった。 「騙されはしたけどいい女だったな」  朝陽もだいぶ高くなったころ、街道に出られた。  しばらくすると。 「ジャック殿ーーーーー」  あー、ガッシャンガッシャンうるせえ。はいはい、ここにいますよー。  エグエグが引っ張る荷車が勢いよく近づいてくる。荷台に乗ったガブ理恵。その後方をメフィス子とヤギヒゲが歩いている。 「やー、お怪我はないようで。さすがは『死なず』ですな」 「メフィス子ったらね。吹き飛ばし魔法使ったあと、どうしようどこに飛ばしたかわからないどうしようどうしようって涙目だったんだよ」  キャハハと笑うガブ理恵の頭上を火球がかすめる。 「ちょっとー。サラサラ自慢の天使の髪がアフロになったら責任とれるわけー」 「誰が涙目だってのよ」  メフィス子が両手を頭の後ろで組んだまま俺の横を通り過ぎ、 「むしゃくしゃしてやった。今は反省してる気分かもしれない」  とつぶやいた。 「お前の魔力レベルじゃ、せいぜい近場に飛ばすのが関の山だと思ってたからな」 「じゃあ、次は月まで飛ばす。永遠に帰ってくるな。あ、痛っ」  メフィス子が自分のケツを押さえてキョロキョロと見回した。 「ヤギヒゲェッ、あたしのお尻たたいたでしょっ。ブッコロス」  メフィス子よりずっと先を荷物担いで歩いていたヤギヒゲが振り向いて理不尽な世の中に絶望した顔をして走り出した。 「あっしはメフィス子さんより前にいやしたでしょーー」 「うるさーい! そのヒゲが怪しいからお前に決まってるっ」  追いかけっこをはじめた人の道の先には大河に面した高い城壁の街がうっすらと姿を現していた。次の目的地チューボスの街。  そこでどんな事件が待ち構えているか。  ヒロイン枠そのがいるかもしれないと思うと気持ちも弾む。    もういますよ、ジャック様のおそばに。永遠(とこしえ)に。  今度は俺が辺りを見回す番だった。  「あのー……クラリッサ?」

次回から新章『高校生編』スタート。

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女神官

    ユキ

    ♡400pt 〇100pt 2019年9月1日 7時33分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ステキですっ!

    ユキ

    2019年9月1日 7時33分

    女神官
  • 女子高生

    毒島伊豆守

    2019年9月1日 11時02分

    ユキさん、ハイパー応援ありがとうございます!!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年9月1日 11時02分

    女子高生
  • 殻ひよこ

    大鳳葵生

    ♡500pt 〇50pt 2019年7月24日 18時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ステキですっ!

    大鳳葵生

    2019年7月24日 18時53分

    殻ひよこ
  • 女子高生

    毒島伊豆守

    2019年7月24日 19時30分

    おわっ!新スタンプにノベラァァァ! 誠にありがとうございます。 感激です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年7月24日 19時30分

    女子高生
  • 男盗賊

    ソメヂメス

    〇20pt 2019年8月6日 19時50分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「女神トン」氷川Ver.ノベラ

    ソメヂメス

    2019年8月6日 19時50分

    男盗賊
  • 女子高生

    毒島伊豆守

    2019年8月6日 22時46分

    ノベラポイントありがとうございます! 物語がお気に召していただけたら幸いです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年8月6日 22時46分

    女子高生
  • 女子高生

    鳥越ホクト

    〇10pt 2019年8月30日 1時09分

    なるほどクラリッサちゃんはグールではなかった訳ですね。安心しました。表紙絵の後ろの方に居る娘がひょっとしてそうなんだろうか? とにかく次話以降を楽しみにしてます。いままで散々騙されたから予告詐欺には引っかからないです。高校生編すっごく興味ありますけど詐欺られるのやだから信じません

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    鳥越ホクト

    2019年8月30日 1時09分

    女子高生
  • 女子高生

    毒島伊豆守

    2019年8月30日 1時15分

    ホクトさんをにんげんふしんにしてしまった! 後ろの子がクラリッサです。まだ出てきますけどね

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年8月30日 1時15分

    女子高生
  • ユーシャ(えんどろ~!)

    浅田コウタ

    ♡1,000pt 2019年7月22日 21時43分

    クラリッサが仲間になったんでしょうか!喜 今回もとっても面白い回でした。 読めない展開に絶妙な会話の掛け合い、下衆の極みおと……ババアといったセリフも軽快で笑えます! ジャックは本当に面白い主人公ですね!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    浅田コウタ

    2019年7月22日 21時43分

    ユーシャ(えんどろ~!)
  • 女子高生

    毒島伊豆守

    2019年7月22日 21時47分

    浅田さん、金色吹き出しがまぶしいです。ありがとうございます。ジャックは好きなことやらせてます。クラリッサはこの先も出てきますよ。キャラツクールで作るくらいに好きです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年7月22日 21時47分

    女子高生