死なずのジャック

7月18日に合体

「エグエグとパオロはガブ理恵とジョナ(ふたり)を助け出せ。カトリオナ、俺たちでこの変態を倒すぞ」  ガラス筒から伸びた管を握っているため両手が塞がっているゲムボイは素手組で叩く。  当のゲムボイは、お前たちなど恐れるに足らんと落ち着き払っている。 「あなたたち程度の実力ではわたしに触れることはできないでしょう」 「キエエエエエエエーッ」  先手必勝。余裕こいてるゲムボイに回し蹴りを放つカトリオナ。  左拳を連発。しかし、それは見せかけ。スピード、回転申し分ない右ハイキックが本命。  ふわっ    右足刀はゲムボイの神官服を突き抜けて弧を描いた。  当たったが当たってない。ゲムボイの体は虚像のように実体を持たずにカトリオナの足をすり抜けさせた。 「触れる(・・・)ことはできないのです。わたしの祝福はゼロタイムで肉体を霊体に変換することができる。物理攻撃は無効です」 「ヒントどうも」  ガブ理恵達が容れられているガラス筒から伸びた、おそらく祝福の素となる魂魄を吸い出す管は物質だ。それを握っている両手は霊体化してないはず。特に指を粉砕骨折させちまえば有利だ。 「となれば、指を狙う(・・・・)でしょうね」  ニチャアなキモい笑み。なんかやばい。  ドスッ  ぐへっ  瞬時に肉体を霊体にできるならその逆もできる。  部分的に肉体化したゲムボイの膝が、俺のみぞおちにクリーンヒット。 「祝福を授けられた者(ブレスド) は能力依存してると勘違いしてませんか。わたしもそれなりに武術はかじってましてね」 「キエエエエーッ」  膝靭帯を狙ったカトリオナの下段蹴りを、今度は肉体化した脚で受け止めるゲムボイ。 「勝ち目はないんですよ」  こいつ、戦い慣れてるぞ。 「ジョナアアッ」 「ガブ理恵殿!」  パオロの斧槍が、エグエグの大剣がガラス筒に叩き込まれる。しかし、ヒビすらつけられない。 「なんという硬いガラスよ」  エグエグは筒によじ登って、金属蓋の部分を引きはがそうとするが魔法的な力でロックされているらしく、その怪力をもってしてもびくともしなかった。 「ならば」  パオロの方は斧槍で管の切断を試みる。しかし、柔らかすぎて切れない。 「ハーハッハハ。祝福の素を搾り取るまでは無駄ですよ」  ドガガガッ  ガラス筒破壊班を嘲笑いながら、武闘家(モンク)のカトリオナを圧倒して蹴り倒すゲムボイ。  こいつキモいくせにめちゃめちゃ強えぞ。  俺が今まで戦ってきた祝福を授けられた者(ブレスド)はその能力だけで超人ぶっていたが、弱点は身体能力まで超人ではなかったことだ。  ゲムボイは、祝福ですらあくまでスキルのひとつとしてとらえ、得意の格闘術と巧みに組み合わせることでそれぞれの強みを相乗させてくる。  祝福を授けられた者(ブレスド)に凄腕の戦士がいたら。マッコイ・ドラッグス級のウィザードがいたら。  そいつらが、強大な権力と圧倒的なカリスマの持ち主に率いられて王国を乗っ取ったとしたら。  サーチ・マズググローたちが編成した義勇軍はかないっこない。  義勇軍の前に、俺たちだ。  ここで全滅したら、ゲムボイはどんどん無垢な少女を駆り集めて『祝福の素』を抽出し続ける。その分、世の中のヒロイン候補たちが殺され、この世界は味気ないものになる。    結論。祝福を授けられた者(ブレスド)はこれ以上増やしちゃいけねえ。 「ボス! メフィス子さんが石炭を筒の近くに投げろって言っとりやす!」  メフィス子をおぶったヤギヒゲの声が届いた。手を握るのすら嫌がっていたのに。本当に限界だってことがわかる。  聞き返したり、疑問に思ったりしない。俺はメフィス子(あいつ)の悪知恵を信じてるから。  ランタンから取り出した愚者の火を、ガブ理恵とジョナの筒の間に投げた。  愚者の火を見たゲムボイが笑みを消して驚愕する。ただの石炭じゃないことを見抜いたのだ。  ヤギヒゲの背中からずるりと落ちたメフィス子が愚者の火目がけて火炎魔法を撃つ。  最後の最後の一撃はいつもの火球より小さく今にも消え入りそう。しかし、彼女の執念が火球を目的地まで飛ばした。  愚者の火に魔界の火炎が引火する。赤黒い火焔が巻き起こる。  エグエグとパオロが熱から顔をかばって退く。  ゲムボイの怒号。  剛力の戦士たちがヒビひとつつけられなかったガラス筒は赤黒い火にチロリチロリと舐められ、融解した。  疾走し、人の少女を抱えて一人ずつぶん投げる。  エグエグがガブ理恵を、パオロがジョナをキャッチ。  愚者の火を握りしめる。  メフィス子の生命力を種火にしたそれは熱い。その熱さは俺の肌を焼く。このくらい、なんだっての。  振りかぶってゲムボイの怒りと驚きでぐしゃぐしゃになった顔目がけて、人類最高球速(アロルディス・チャップマン)!  ※MLB投手。 169.14キロ/Hのギネス記録を持つ  霊体だろうが肉体だろうが撃ち貫くぜ、地獄の火炎。  顔面に大穴をあけたゲムボイの体はトスンと後ろにひっくり返った。 「やったか!?」  パオロてめえ殺すぞ! それは言うな。  はははははは  知ってる人は知っている、某ゲゲゲ太郎原作に頻出する敵妖怪出現時の笑い声。知らない人はスルーで。  ゲムボイの死体から、ゆーたいりだつーのように霊体のゲムボイが起き上がった。  霊体化の祝福というより、死霊そのもの。  顔にでっかい穴が空いたままの死霊というのもなかなかにエグい。 某キン肉〇ンの漢、ブラックホ〇ールみたいだ。  異世界にジャ〇プがあるのかだと? ないけど何で俺はこんなことを知ってんだろうな。  あまり版権的なメタりやりすぎるとやばいよな。でもこういうトンガリ必要だって40話にして思うわけ。  世界の抑止力が「それはだめだよ」と告げるなら誰かがどうとでも書き換えてくれる。それがメタネタ。恐れるな。  話を戻すぞ(いいわけおわり)。   「死霊になりやがって。マジモンの死にぞこないが」 「ジャック殿は『死なず』ですな」 「エグエグ、ヒロインのマッパを晒しとくな。そこにゲムボイの神官服の着替えがあるだろ」  カラー口絵はこの辺りでよろしくお願いしたい。 「おっと拙者、なんと不調法。乙女の素肌を隠さねば」  あたふたするエグエグとパオロ。 「ジャック? ほほう、あなたは『死なずのジャック』でしたか。我が主、祝福の神が会いたがってましたな」  死霊ゲムボイが喋れるのはクラリッサと同じである。 「自分を神格化してナルってるもう一人の『死なず』がホンマモンに気合を入れてほしいってか」 「我が主を愚弄するのは許しません。まあ、主は『くだらんおとぎばなしの死なずなど過去に捨て去る存在』とおっしゃってましたがね。ふははははは」 「先輩に対する敬意が足りねえな、そいつ」 「人の子でありながら神になる御方、一方は天からも地獄からも見放された究極ぼっち。見苦しい嫉妬はおやめなさい」  ウガーッ。誰がボッチで嫉妬してるだと! 「『死なず』のおとぎ話はここでこのゲムボイによって誰からも忘れ去られるのです」  死霊ゲムボイが大空洞に向かって宙を滑る。ここはもう奴にとって不要だ。 「お前ら女担いで逃げろっ。ここはやばい」  同時に化粧石で覆われた壁にヒビが入り、天井が崩れ落ちてきた。  出口に一番近いところにいたヤギヒゲ、体力勝負のエグエグ、愛娘のために全力の中年太りの順に続く。  俺もかなり消耗してるカトリオナの手首をつかんで最後に飛び出した。愚者の火もランタンに回収。  出たところで全員が立ち往生していた。 「ボスゥ、ややややべえでやすぜ」  震え声を聞くまでもない。  大空洞の上部に浮遊し、十字架状に手足を伸ばした死霊ゲムボイ。  20メートル下にある古代の墓地から次々と死霊が上昇し、ゲムボイを中心にオシクラ=マンジューのように合体していく。 「は、はやいとこ逃げやしょうぜ」  そうしたいところだが、ぐったり弱った女たちを担いで石橋を渡り切るのは難しい。  ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ  大空洞に巨大な腐乱死体の形をした巨大死霊の上半身が俺たちを睥睨している。その手は刀剣のように鋭くぎらついて。 「はははははは。これが霊体を操る祝福の力! 死なずのジャックはここで永遠に生き埋め(・・・・・・・)決定!」  そして 「ノベルアッププラス正式オープンの日があなたたちの命日です!」  と敵までメタりはじめたのだった。

正式オープンおめでとうございます! 

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女魔法使い

    秀文

    ♡150pt 〇50pt 2019年7月18日 20時14分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「早く続きを」氷川Ver.ノベラ

    秀文

    2019年7月18日 20時14分

    女魔法使い
  • 探偵

    毒島伊豆守

    2019年7月18日 22時48分

    秀文さん、どうもありがとうございます! それはノベラちゃんさんスタンプ! そして初めてのノベラPまで! 感謝感激です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年7月18日 22時48分

    探偵
  • 探偵

    ソメヂメス

    ♡100pt 〇10pt 2019年8月27日 12時43分

    今回はメタメタでしたね・・・・好きですが

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ソメヂメス

    2019年8月27日 12時43分

    探偵
  • 探偵

    毒島伊豆守

    2019年8月27日 13時22分

    正式オープンで祭り気分だったのでしょうか。この後はネタが影を潜めます

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年8月27日 13時22分

    探偵
  • ラティナ(うちの娘)

    橘 ミコト

    ♡100pt 〇10pt 2019年7月23日 14時31分

    駄目だ、メタネタで笑いが止まらないwww チャップマンの流れから腹筋が痛いwww はー、声出して笑かしてもらいました。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    橘 ミコト

    2019年7月23日 14時31分

    ラティナ(うちの娘)
  • 探偵

    毒島伊豆守

    2019年7月23日 16時21分

    ありがとうございます。もう他の作品にない個性ったら私にはコレしかないのです。刺さるには。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年7月23日 16時21分

    探偵
  • ユーシャ(えんどろ~!)

    浅田コウタ

    ♡1,000pt 2019年8月9日 21時42分

    最後のセリフで笑ってしまいました! 169キロの豪速球って超凄いですよね。そしてブラックホールネタ……もう堪りません! どんどん面白くなってきてますね!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    浅田コウタ

    2019年8月9日 21時42分

    ユーシャ(えんどろ~!)
  • 探偵

    毒島伊豆守

    2019年8月10日 1時14分

    そう言っていただけで感激です! 自分から見て滑ってんじゃないかと思ったりもして。 でも好き勝手書きます! ありがとうございます

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年8月10日 1時14分

    探偵
  • 男戦士

    凸助♪

    ♡880pt 2019年7月18日 23時49分

    お祝いドカーン!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    凸助♪

    2019年7月18日 23時49分

    男戦士
  • 探偵

    毒島伊豆守

    2019年7月18日 23時57分

    末広がり! ありがとうございます 

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    毒島伊豆守

    2019年7月18日 23時57分

    探偵