詩/短歌 短編 連載中

この作者は、貢献ポイントプログラム未参加の為、ノベラポイントを付与する事はできません。

作者からの一言コメント

冬を詩にしました

読了目安時間:5分

総エピソード数:22話

短い詩が多いです。 冬を詩にします。拙い詩かもしれないですがどうか読んで頂けると嬉しいです。

前へ

1-22

次へ

前へ

1-22

次へ

作品情報

作品名
作者名 黒猫
ジャンル 詩/短歌
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年1月1日 13時00分
最終投稿日 2022年1月22日 13時00分
完結日 -
文字数 2,254文字
読了目安時間 5分
総エピソード数 22話
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 9件
ビビッと 1件
応援ポイント 7,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • フィガレットの詩

    最小、最適化した高濃度の想いが詩だと思う

    1,000

    0


    2022年1月23日更新

    片っ端から様々なジャンルに挑戦している中での、詩。とても難しそう。ルールとかはない自由詩にしようと思います。ただ自分の中のルールではないですが、出来る限り最小、最適化し高濃度にするよう心がけようかと思っています♪

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 交わすことなんてないただの呼吸

    ちょっとずつ続けてゆきたいです

    3,232

    0


    2022年1月23日更新

    短歌をすこしずつ書いてゆかれたら、と思ってつくりました。 各エピソードタイトルはタイトルではなくそれぞれの書き出しです。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空色の告死天使<アズライール>

    空から降ってくるヒロインは王道ロマン!

    160,554

    5,927


    2022年1月23日更新

    空から降ってきた少女を守ると決めた――。 メビウスとウィルは魔獣退治の帰りに空から降ってきた少女を助ける。 目が覚めた少女には記憶がなく『ソラ』という名前でメビウスたちと共に自身の記憶を探し始めるが、そこへ襲い掛かってきたのは遥か昔に封印されたといわれる魔族につらなるものたちだった。 魔族とは切っても切れない因縁のあるメビウスは、少女を守ると心に誓う。 たとえ、少女がなにものだったとしても。 ソラもまた、少年のちからになりたいと願う。 自分の謎を知ったとき、なにが起こるのか知らぬまま――。 剣と魔法、滅びた王国、三つの種族。混沌の世界で繰り広げられる、王道ど真ん中正統派少年少女の冒険譚。 三章開幕。魔法と機械も大好きですを込めたウィルメイン話。 不定期更新。ちょいちょい修正してます。イラスト系は更新報告ページに置いてます。 最高ランク、ジャンル:日間4位 / 総合:日間12位!糧になります。ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間55分

    この作品を読む

  • 勇者の死霊術

    死霊術の糸が交錯する、勇者と魔王の物語

    24,500

    3


    2022年1月15日更新

    ~物語は、王の娘マイティアの日記から始まる~ 「勇者を迎えにいきなさい。彼の者と共に歩むのです」復活した魔王によって滅ぼされた筈の女神、その予言が王国に下された。 女神の宿る聖剣を持ち、予知夢を見る勇者ネロスは、彼を迎えに来た王の娘マイティアと行動を共にするが、何故かネロスは王の下へ向かいたがらない。 待ちきれなくなった王がネロスからマイティアを連れ戻すが───彼の予知夢は、血塗られた未来を予見していた・・・。 女神に捧げる贖罪と懲罰 死霊術の糸が交錯する、勇者と魔王の末路とは ※挿絵を一部追加しました(2022/1/11時点 1話、4話、10話) ※この作品は、小説家になろう、カクヨムにも投稿されているものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間13分

    この作品を読む