異界からのボトルメール

読了目安時間:1分以内

エピソード:10 / 26

(なんだろう、上手く言えないこの気持ち)

joker(3)

 ああ 君の声が 聞こえてくる よ  今の僕はここにいる けれども耳に 確かに届く  君の為なら 消えてもいい よ  かつて愛した 記憶の為に  ああ 君の嘆きが 聞こえてくる よ  今の僕はここにいる けれども心に 確かに届く  君の為なら 消えてもいい よ  かつて愛した (heart)の為に  いいよ 僕のことは  いいよ 君を生きて  いいよ 僕のことは  いいよ 彼を見ていて  僕を愛して くれたのは  確かに過去の 君だけど  僕が愛した 君だけは  今生(こんじょう)自由を 謳歌して……  過去の君 ひとり まもれぬ僕が  今の君 ひとり 愛するなんて  きっと自分を 許せない から……  joker ---

(少しだけ…… jokerと話してみたいな)

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 落零〈rakurei〉~おちこぼれ達の退魔伝~

    妖魔VS退魔師のバトルファンタジー

    490,850

    2,303


    2022年7月11日更新

    ──これは少年の物語である。 男子高校生、五十土五奇(いかづちいつき)の平和な日常は、とある一体の”妖魔”と呼ばれる存在によって破壊された。 父子家庭で育った五奇がある日学校から帰宅すると、何者かの手により、父の精神を破壊されてしまったのだ。 「キミ可愛いね? 優しく殺してあげようか?」 その魔の手に襲われそうになった所を、白いマントの男に救われた五奇は、敵が”妖魔”であること、それを倒せるのは”退魔師”だけだと教えられ、父の仇を討つため退魔師を目指すことになる。 それから三年後、退魔師達が所属する、特殊対妖魔殲滅部隊(とくしゅたいようませんめつぶたい)通称:トクタイに、なんとか入隊出来た五奇だったが、割り振られたチームは”おちこぼれ”達の巣窟だった!? 前途多難な落ちこぼれ退魔師達の物語、開幕! (表紙イラストは梅咲しゃきこ様https://twitter.com/Ume_syakiです) (こちらは小説家になろう様、カクヨム様、Nolaノベル様でも連載しております)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間40分

    この作品を読む

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む