SF 長編 完結済

埼北プリジェクションキュレーター

作者からの一言コメント

埼玉北部の変身ヒロイン(科学)ならコレ!

埼北プリジェクションキュレーターの表紙

灼熱の熊谷と秘境群馬の間にあると言う人類最後の楽園、埼玉県埼北市。 それは人の感情に作用する『エモーショナルプロジェクションマッピング』実験都市だった! プロジェクションマッピングの力で変身するのがプリジェクションキュレーター。 埼北市美里町に住む美里中学校二年生、葵上あおいは変身ヒロイン、プリジェクションソーダなのだ。 これは埼玉の平和を守る三人の少女達の友情とイノベーションの物語。 こんな人におススメ ・プリキュア的な変身ヒロインの格闘バトルものが読みたい人 ・「翔んで埼玉」の時も、渋沢栄一の年になっても顧みられない本庄、美里、上里の話を読みたい人 ・発展途上の「心を持つAI」と人間の関係性が読みたい人(後半分部)

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 埼北プリジェクションキュレーター
作者名 隘路(兄)
ジャンル SF
タグ コメディ シリアス アクション/バトル 女主人公 現代日本 近未来 埼玉 本庄 美里 上里 異能 ヒーロー 変身ヒロイン 実在の地小説コン HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月15日 23時11分
最終投稿日 2020年11月8日 12時33分
完結日 2020年11月8日 12時33分
文字数 315,322文字
ブックマーク登録 34件
コメント 22件
スタンプ 271件
ビビッと 1件
応援ポイント 142,350pt
ノベラポイント 190pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 背景描写より大切な事は登場人物の心を!!

    ♡2,500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・27話・226,473字 蒼真空澄

    2021年2月28日更新

    ある程度それなりの有名大学に進学。 特に学業でも何も問題すらない。 いつも私は思う。 「下らない」 「つまらない」 たまに出す口癖でも本心だ。 昔から大人相手をしてきた事もある。 だから相手の『目』を見れば大体、嘘か本当かも判る。 だからこそウンザリする!! 人間なんて嘘の塊でしかない。 大抵の事も苦労なく出来る。 友人なんて使いっ走りだ。 私の本心すら一切、気付かない馬鹿ばかり。 男なんて更に馬鹿で救いようがない。 私の外見のみ。 誰も内面なんて見ても居ない。 それに私の場合、金も親から定期的に貰ってる一人暮らし。 でも別にそれも実家に居ても変わらない。 親は常に仕事で居ない。 家には家政婦が定期的に来るだけ。 私には金を渡すだけ、ずっと今までそうやって生きてた。 そして私は人間が、一番嫌いだ!! 私自身が人間な事すら嫌気がする… そんな中で普通を装って私は生活してたけど。 ある日を境に異世界へ。 どうやら私は死んだらしい… それは別に、どうでも良かったけど。 でも私の死は神だと名乗る馬鹿のミスだった。 更に慌てる様子をしてる馬鹿神を『誘導』してみた。 その馬鹿は… 本物の馬鹿神だった。 私が誘導したらアッサリと、もう驚く。 まさかの異世界チート生活をする事になった。 私は内心思う。 これは楽しめそうじゃないか? そんな形で始まった異世界生活。 私の場合は完全なチートだろ? 私専用にと得た『異能』もだけど。 更に、それだけじゃなかった。 この異世界でなら… 誰の事すら気にする必要さえない!! だから私は初めて本当の自由になれた気分だった。 そして初めて出会った『獣人』の言動に困惑した。 でも動物でも、人間でもない!? 私に何を言いたい? 全く判らない… 私が判らない事もあるけど。 だから相手からの提案を一応は受けた。 その内容が『誰かを愛せるまで一緒に居る事』だった。 私が誰かを? 愛せる気すらない。 判らないからこそ… 始まる異世界での恋愛チート物語を。

  • その矛先は、魔族から人へ。

    ♡13,700

    〇60

    異世界ファンタジー・完結済・28話・105,824字 紺色ツバメ

    2021年2月28日更新

    十二歳になったフィル・レイズモードは、その魔法の才能から、田舎村から身一つで大都市にある魔法学校に送られる。そこは、魔力を持って生まれてきた子どもたちを、魔族率いるモンスターから人類を守る兵士に育てるための学校だった。 入学時のフィルは、その”異様な武器”と、測定によって判明した”異常な魔力量”によって非常に持て囃された。 しかし、その才能は、魔族に対しては無力であり。 最弱の烙印を押されるまでそう長くはなかった。 これは、その彼の才能の矛先が、人間に対して向けられるお話。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る