恋愛/ラブコメ 長編 完結済

pianissimo-ピアニッシモ-

作者からの一言コメント

切なく美しいラブストーリー

読了目安時間:4時間0分

どこかで聞いたことのある音だ。ある日、立花由香は、ショッピングモールの広場でのピアノの演奏に足を止めた。演奏をしていたのは、タキシード姿の男子。その姿を見た、由香の胸はふいに高鳴る。その演奏に聞き入っていると、どうしてか懐かしさが込み上げてきた。胸の奥に詰まる思いの正体の理由を分からぬまま、由香はその場を離れるのだった‥‥ 懐かしい音楽の記憶、漠然と胸に広がったその気持ちの正体は‥‥。 これは、淡く切ない、恋と友情と青春の物語。 ※別サイトで完結している作品なので、予約投稿で随時更新していきます!かなりハイペースの更新になる予定です! 『小説家になろう』『カクヨム』公開作品

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 pianissimo-ピアニッシモ-
作者名 伊勢祐里
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 青春 恋愛 音楽 クラシック音楽 阪急電車 日常 ピアノ ラブストーリー ライト文芸 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年6月3日 11時23分
最終投稿日 2019年6月7日 22時11分
完結日 2019年6月7日 22時11分
文字数 119,828文字
読了目安時間 4時間0分
ブックマーク登録 8件
コメント 1件
スタンプ 49件
ビビッと 0件
応援ポイント 8,588pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 当て馬になる気はありません

    物事はよく考えて動きましょう?

    8,800

    0


    2021年7月26日更新

    最近婚約者であるライト様に近づいている令嬢が居ます。 子爵家の庶子として最近引き取られた彼女は、社交界のマナーにもうとく、学園でも浮いた存在だけれども、何を考えているのか第三王子であるライト様に近づいているのです。 そしてその令嬢、スーリャ様はわたくしに対してこういうのです、「悪役令嬢としてせいぜいあたしの当て馬になってよね」、と。 申し訳ありませんが、そのようなものになる気は微塵もございません。 ※好評でしたら連載します

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 瑠壱は智を呼ぶ

    拗らせ系ラブコメディー、開幕!

    300

    0


    2021年7月26日更新

    ☆前作「朱に交われば紅くなる」読者の方へ☆ 本作は、自著「朱に交われば紅くなる」シリーズの設定を引き継ぎ、細部を見直し、リライトする半分新作となっております。 一部キャラクター名や、設定が変更となっておりますが、予めご了承ください。 詳細は「はじめに」の「「朱に交われば紅くなる」シリーズの読者様へ」をご覧ください。 □あらすじ□ 今思い返せば、一目惚れだったのかもしれない。 夏休み。赤点を取り、補習に来ていた瑠壱(るい)は、空き教室で歌の練習をする一人の女子生徒を目撃する。 山科沙智(やましな・さち) 同じクラスだ、ということ以外、何一つ知らない、言葉を交わしたこともない相手。そんな彼女について、瑠壱にはひとつだけ、確信していることがあった。 彼女は“あの”人気声優・月見里朱灯(やまなし・あかり)なのだと。 今思い返せば、初恋だったのかもしれない。 小学生の頃。瑠壱は幼馴染とひとつの約束をした。それは「将来二人で漫画家になること」。その担当はどちらがどちらでもいい。なんだったら二人で話を考えて、二人で絵を描いてもいい。そんな夢を語り合った。 佐藤智花(さとう・ともか) 中学校進学を機に疎遠となっていた彼女は、いつのまにかちょっと有名な絵師となっていた。 高校三年生。このまま交わることなく卒業し、淡い思い出として胸の奥底にしまわれていくものだとばかり思っていた。 しかし、事は動き出した。 沙智は、「友達が欲しい」という話を学生相談室に持ち込み、あれよあれよという間に瑠壱と友達になった。 智花は、瑠壱が沙智という「女友達」を得たことを快く思わず、ちょっかいをかけるようになった。 決して交わるはずの無かった三人が交わったことで、瑠壱を取り巻く人間関係は大きく変化をしていく。そんな彼の元に生徒会長・冷泉千秋(れいせん・ちあき)が現れて……? 拗らせ系ラブコメディー、開幕! □更新情報□ ・基本的に毎日0時に更新予定です。 (最終更新日:2021/06/08)

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    1,023,972

    38,873


    2021年7月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれの答えを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくれる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間50分

    この作品を読む

  • 笑顔のベリーソース

    天才を理解できるのは、天才だけ

    13,500

    0


    2021年7月25日更新

    青年ラウルは、とある王国の城下町デリツィオーゾで天才料理人として名を馳せていた。 ある日、ラウルの店に身分の高そうな客が来店する。客はうまそうに「仔グリフォン肉のソテー」を平らげるが、客が連れていた毒見役は、その食材が実際には仔羊の肉であることを見破った。彼――「神の舌」を持つ天才毒見人レナートは、客がお忍びの国王であることを明かし、ラウルへ宮廷料理人になるよう迫る。 「羊とグリフォンの区別もつかない凡人たちのために、あなたは料理を作り続けるおつもりですか?」と。 「【自主企画】天才フェス」 https://novelup.plus/story/686634039 短編部門参加作です。 表紙画像: 写真AC ヨータさん https://www.photo-ac.com/main/detail/5103548

    読了目安時間:10分

    この作品を読む