連載中 長編

天使はあくまで魔導聖書(グリモワール)

作者からの一言コメント

魔法と知略で緊迫感のある戦いを!

 これは、運命に翻弄される主人公が、自分なりの正義を探す物語。  代わりに誰かを救う事が出来るなら、あなたは戦うことを選びますか?  ***  主人公・能源(のうげん)章(あきら)は、最寄りの古びた図書館で、“喋る魔導書”リリスと出逢う。そして、その直後、魔獣に襲われ、彼女と魔法の契約をする嵌めに。  魔導書でもあり、天使でもある存在、“守護天使”との魔法契約……それは、大昔に恐竜から進化した生命体、“竜人族(ノガルドティアン)”との戦争、“幻想戦争”に巻き込まれることを意味していた。  章は、持ち前の知能、リリスの持っている魔法の知識を使い、危なげながらも、彼らとの戦闘を切り抜けていく。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
天使はあくまで魔導聖書(グリモワール)
作者名
小鳥遊賢斗
セルフレイティング
暴力描写あり
初掲載日
2019年6月5日 16時00分
最終投稿日
2019年10月1日 17時00分
文字数
111,665文字
ブックマーク登録
7件
コメント/スタンプ
85件
応援ポイント
10,160pt
ノベラポイント
115pt
応援レビュー
0件