異世界ファンタジー 長編 完結済

少年魔導師ですが、勇者と出会ったので今から世界を救ってきます! -Chalice of Dragon-

作者からの一言コメント

王道×冒険×ファンタジー。3部作完結!

読了目安時間:9時間25分

少年魔導師ですが、勇者と出会ったので今から世界を救ってきます! -Chalice of Dragon-の表紙

各章完結! お好きな章からお試しください(*´∀`)♪ 【第一部:はじまりの詩(うた)】 「〈龍の盃〉――聖杯の伝説を知っているか?」 北国の少年ノエルは、雪積もる荒野で戦士と出会った。 重大な決意を胸に秘めたその男は「最強の魔導師」を探して旅をしてきたとノエルに語る。 四人の仲間とともに、最強の少年魔導師が世界を救う旅に出る。 「最果ての地」の先で、少年は一つの真理に至る。 【第二部:魔王の手紙】 エルフの白魔導師ヴァイスの元に舞い込んだのは、「伝説の魔王」の復活を知らせる故郷からの一通の手紙だった。 世界を救った五人の仲間が、新たな冒険を繰り広げる。 空中都市や世界樹のあるジャングルを抜け、ついに追い詰めた魔王の正体とは?! 【第三部:色紡ぐ音】 善き魔女ブランシェが取り出したのは、人を飲み込む【呪いの絵】だった。 「絵の中に入り、中の人を助け出すのじゃ」 「絵の中に入るって、どうやって?!」 『色と音』が織り成す不思議な世界で五人を待ち受けるものとは?! 個性豊かな五人が、剣と魔法の世界を舞台に色鮮やかな物語を紡ぎ出す。王道の冒険ファンタジー! <キーワード> ●第1部:剣と魔法/魔導術/創世と救世の伝説/神話/龍の盃/精霊/冒険図鑑 ●第2部:魔王/手紙/飛空艇/空中都市/人魚/獣人/世界樹/ドワーフ/ドラゴン/魔女/悲恋/童話 ●第3部:色と音/天使と悪魔/仲間との絆/親子の絆/女主人公 ※「幕間」の物語はサラッと読み飛ばしても大丈夫! ※ブクマや応援、感想、励みになります! ありがとうございます!m(_ _)m✨ HJ大賞2020後期の一次選考を突破しました! 初めての経験なので嬉しいです(*´∀`*) たくさんの応援をありがとうございました!"(ノ*>∀<)ノ

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 少年魔導師ですが、勇者と出会ったので今から世界を救ってきます! -Chalice of Dragon-
作者名 邑弥 澪
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ HJ大賞2020後期 シリアス ほのぼの アクション/バトル ダーク 最強主人公 男主人公 女主人公 魔王 勇者 人外 エルフ 西洋風 ハッピーエンド 獣人
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月29日 17時09分
最終投稿日 2021年2月12日 14時23分
完結日 2021年2月12日 14時24分
文字数 282,704文字
読了目安時間 9時間25分
ブックマーク登録 67件
コメント 239件
スタンプ 318件
ビビッと 8件
応援ポイント 430,400pt
ノベラポイント 5,653pt
応援レビュー 3件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • お清め日和

    ホラーの連作短編です。

    363,680

    10,172


    2021年6月4日更新

    ホラーの連作短編です。暴力グロ残酷表現など使わず恐怖を表現出来たらと思っています。よろしくお願い致しますm(_ _)m

    読了目安時間:3時間1分

    この作品を読む

  • 引きこもりを夢見るオタクOLですが、ヤンデレ御曹司に婚姻届を突きつけられています

    ヤンデレ御曹司×オタクOLのラブコメディ

    81,100

    100


    2021年7月30日更新

    『大野美也』は『少しだけ怠惰』で、『オタク』なOLだ。 『宝くじが五億円当たったら、好きなことだけをして引きこもってくらしたい』 そんないつもながらの妄想しをながら仕事を終わらせ、今日も変わりない一日が終わった……と思いきや。 社長令息で上司でもある『栗生透』に退勤後になぜか捕まってしまった。 栗生は御曹司で仕事もでき、見た目もよく人当たりもいいパーフェクトな人間だ。 美也との接点はふだんはまったくない。 『なにか仕事のミスでもしたのだろうか』 そんなことを考えてびくびくとする美也だったが、目の前に差し出されたのは……一通の『婚姻届』だった。 「はい、大野さん。これにサインしてね」 栗生は――いつもの人好きがする笑顔で美也にそう言った。 求婚される心当たりが一切ない。なので当然、この申し出を断る美也だったが…… 「僕と結婚したら、君が望む極上の『引きこもり』生活を提供してあげられるよ」 そんな言葉につられて、ついうっかりサインをしてしまう。 だけど栗生は……閉じ込めて甘やかしたいタイプのヤンデレだったのだ。 ヤンデレ夫に甘やかされつつの、極上の引きこもり生活がはじまりを告げる。 「オタク系イベントの時は、外に出してよ!」 「……それは、美也ちゃんの行い次第かな」 外での趣味の時間を勝ち取るためには、夫の機嫌を取らねばならない。 趣味の喜びを勝ち取るために、あれやこれやの恥ずかしいことをさせられて……。 「あれ。これってすごく『労働』してない? というかこれって監禁……?」 時々我に返りつつも、明るい『引きこもり』生活は続く。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む