連載中 短編

ノベプラの底からこんにちは

作者からの一言コメント

表紙絵が全てを物語ってマス

黒依澄「カッとなってやった。後悔は、ちょっとしてる」 こういう人間も生息してるよ、というお話。 華麗にスルーしてください。 お絵描き始めたのは「88話」から。初期はホント凄まじい。 いろんな表紙絵や『底』のイラストは「MediBang Paint」というアプリを使ってiPadで描いてます。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 ノベプラの底からこんにちは
作者名 依澄礼
ジャンル ブログ/活動報告
タグ ノベプラオンリー 日常 自虐ネタ R15 実話 お絵描き 魔王と私 イラスト ブログ 活動報告
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年7月20日 8時42分
最終投稿日 2020年7月13日 11時01分
文字数 161,549文字
ブックマーク登録 70件
コメント/スタンプ 1,996件
応援ポイント 461,300pt
ノベラポイント 958pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 怖くないけど怖いです

    ♡15,100

    〇130

    ホラー・連載中・15話 不適合作家エコー

    2020年7月13日更新

    ランニング 夜道のランニング、その時…… 2020年7月4日 2時 公開予定 2020年7月中公開 『まぶた』に潜む怪物 水と怨念 1話完結 殺された僕ら 全2話

  • 一人?違うな、俺達が妖魔師だ。

    ♡13,900

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・18話 ぷりん頭

    2020年7月14日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る