自宅で寝てても経験値ゲット! ~転生商人が世界最強になってムカつく勇者をぶっ飛ばしたら世界の深淵に触れてしまった件~

読了目安時間:4分

1-9. チート、スタート!

 あまりのことに混乱したエドガーは俺に聞いてくる。 「ちょっとこれ、どういうこと?」 「その剣は紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣といって、由緒あるすごい剣なんです」  俺はニコニコしながら言った。 「いやいや、これなら今まで行けなかったダンジョンの深層に行ける。これは楽しみになってきた!」  エドガーは改めて紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣をまじまじと眺めた。刀身には金色で虎の装飾が彫ってあり、実に豪勢な造りとなっている。 「じゃぁ使ってくれますね?」 「もちろん! いや、これちゃんとお金払うよ!」  と、言ってくれる。 「命の恩人からはお金取れません。その代わり、お客さん紹介してもらえますか?」 「いやー、このレベルの武器を売ってくれるなら、いくらでも欲しい人はいるよ。なぁみんな?」  そう言って、やじ馬の方を向いた。 「俺も欲しい!」「俺も俺も!」  やじ馬も目の色を変えて言ってくる。  これで販路開拓もOKである。俺は幸先の良いスタートにホッとした。  結局その日は★3の武器二本を金貨四枚で売って、金貨二枚の利益となった。日本円にして20万円である。いい商売だ。★3なら金貨二枚、★4なら十枚で売っていけるだろう。この価格なら……、月商一千万円、利益五百万!? えっ!?  俺は暗算して思わず声を上げそうになった。俺、なんだかすごい金鉱脈を掘り当てたんじゃないか? 「ヤッホ――――イ!!」  帰り道、俺はスキップしながら腕を高々と突き上げた。無一文だった孤児がついに成功の糸口にたどり着いたのだ。もう、嬉しくて嬉しくて仕方なかった。  これもドロシーの協力あってこそ。  俺はケーキ屋でリボンのついた可愛いクッキーを買った。喜んでくれるかな?        ◇  翌日、おじいさんのお店に行こうと街を歩いていると、  ピロローン! ピロローン! ピロローン!  と、頭の中に音が鳴り響いた。 「キタ――――!!」  俺は思わずガッツポーズである。  急いでステータスを見ると、レベルが5に上がっていた。  予想通り、エドガーたちの倒した敵の経験値が俺にも分配され始めたのだ。これで俺は勝手にレベルが上がる環境を手に入れた。今後さらに武器を売っていけば、さらに経験値のたまる速度は上がるだろう。  冒険者千人に使ってもらうことが出来たら、俺は家に居ながら普通の冒険者の千倍の速さで強くなっていく。きっと人族最強どころかこの世界に影響が出るくらい強くなってしまうに違いない。『商人』がこの世界を揺るがす仙人の様な存在になる……なんと痛快だろうか!  もちろん、俺のやっていることはずるいことだ。チートでインチキだ。でも、孤児が異世界で生き抜くのにきれいごとなんてクソくらえだ。  俺はガッツポーズを繰り返し、ピョンピョンと飛び跳ねながら道を歩く。歩きなれた石畳の道が、俺には光り輝く栄光の道に見えた。          ◇  おじいさんの店に来ると、にこやかにおじいさんが迎えてくれた。  倉庫を見せてもらうと、そこにはずらりと、それこそ数千本の武器が眠っていた。もう数百年も前から代々やっているお店なので在庫が山ほどたまってしまったらしい。しかし、多くはほこりが積もり、()びが回ってしまっていて、おじいさんも管理に頭を悩ませているそうだ。  俺は欲しい物を選ばせてもらうことにして、倉庫で延々と鑑定を繰り返した。  夕暮れまで頑張って、俺は★4を二十本、★3を百五十本見つけ出すことができた。  おじいさんは、『ほとんどがジャンク品だから』と、全部で金貨十枚でいいという。しかし、さすがにそれは気がとがめるので、(もう)かり次第、儲けに応じて追加で金貨を支払うと約束した。その代わり、しばらく保管してもらうことにして、気になる★4だけ、いくつか持って帰ることにする。  今回驚いたのは、特殊効果付きの魔法の杖。 光陰の杖 レア度:★★★★ 魔法杖 MP:+10、攻撃力:+20、知力:+5、魔力:+20 特殊効果: HPが10以上の時、致死的攻撃を受けてもHPが1で耐える  これは例えばメチャクチャに潰されて死んでも生き返るという意味であり、改めてこの世界のゲーム的な設定に驚かされた。一体どうなるのだろうか……?         ◇  商材がこれだけ揃えばあとは売るだけである。武器商人として、俺は毎日淡々と武器を研いで整備して売るということを繰り返した。  営業はしなくても『すごい武器だ』といううわさが口コミで広がり、購入希望者リストがいっぱいになるほどで、まさに順風満帆である。  二ヶ月もしたら、売った武器はもう100本を超え、経験値は毎日ぐんぐん増えるようになった。レベルアップの音が毎日のように頭の中に響き、一度も戦ったことがないのにレベルは80を超えてきた。これはもはやAランクのベテラン冒険者クラス、まさにチートである。  こんなレベル、本当に意味があるのか不思議になり、試しに剣を振り回してみた。すると、重くてデカい剣をクルクルと器用に扱えるようになっていることに気が付いた。武器の扱い方が体にしみこんでいるようなのだ。これ、ダンジョンでも無双できるのではないだろうか? いつか行ってみたいなと思った。  それから魔法石の効果もいろいろと研究し、水、風、火、雷の属性耐性の他に、幸運、自動回復を付与する方法を見つけた。  俺は売る武器には全てこれらの特殊効果をてんこ盛りにして詰め込んだ。手間暇もコストも増えるが、経験値を分けてもらう以上、手抜きはしないと決めているのだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 鈍き刃のストラグル

    サイバーパンク風味の異能バトル物です

    61,400

    0


    2021年6月25日更新

    「――選べ。ここで死ぬか、私と一緒に来るか」 地上は草木も生えないほどに荒廃し、巨大な都市シェルターでの生活が当たり前になった世界。 突如出現した未知の物質『アボミニウム鉱石』は生物の進化を促し、これまでの全てを一変させた。 その影響によって誕生した異能を持つ新人類『ネクスト』と、旧人類『オリジン』は、一つの事件を境に戦争へと突入。 数少ない土地と資源、そしてアボミニウム鉱石を巡って、終わることのない戦いを繰り広げていた。 ネクスト陣営に所属する主人公・マサムネは、オリジン陣営に所属する女ネクスト・ルシアーノとの激闘の末、敗北を喫する。 失意の中突きつけられた選択は、『生き残りたければ私の仲間になれ』というものだった。 生きて仲間と再会するために『裏切り』を選択したマサムネは、ルシアーノと過ごす中で彼女の素顔を知ることになる。 かつては敵だった二人の関係は、やがてお互いの背中を預けるかけがえのない相棒へと変化していく……。 これはひとつの裏切りが引き起こす、揺るぎない信頼の物語。 ・ただいま隔日更新中

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間32分

    この作品を読む

  • 【第一章完結!】vtuberに転生するはずが転生先は異世界でした!?〜異世界で仲の悪い異種族を繋いで俺が配信王になってやる〜

    配信×異世界ファンタジー!

    2,400

    50


    2021年6月25日更新

    ネット配信で大炎上してしまった俺。 職業、住所、顔、全てがバレ、職も失った俺は最後の希望 vtuberへの転生を狙う。 何日も徹夜して体を自作、完成したと思ったその時、突然意識が途絶える。 目が覚めると大自然 自分の姿を見ると自作した姿に!? 確かに転生したかったけど異世界に行く方じゃないんだよおーーーーーーー メインジョブ[配信者]で異世界でも配信者ライフ!? 仲の悪い種族間を繋いでどんどん視聴者増やします! ドワーフにエルフに獣人に! みんな合わせてハッピースローライフを満喫する!! 第一章完結しています! ※ざまぁ要素は2章後半から出てきます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • エレス冒険譚 ~竜騎士物語~

    転生ではない、王道系ファンタジーです

    184,800

    50


    2021年6月25日更新

    考古学者として旅していたカシムだが、誘拐された王女を偶然助けたことで、国王から「竜騎士」を目指すように命令される。 それは、この世界で最も恐ろしい十一柱の創世竜の元を巡らなければならない、「死刑宣告」と同義の命令だった。 この物語は、エレスという世界を舞台に繰り広げられる、カシムやその仲間たち、そして、さらに沢山の冒険者たちの物語である。 ※一応セルフレイティング入ってますが、それが主眼の話しではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26時間10分

    この作品を読む

  • ペルソナぼっち

    他人に興味を持てない高校生のお話。

    5,000

    0


    2021年6月24日更新

    戸部ショウは他人に興味がない。過去に何かあったというわけではなく、生まれつき。今日も今日とて一人で過ごす、孤独を愛する者だ。 高校に友だちはいない。そもそもクラスメイトの名前を覚えていないし、顔と名前も一致しない。面白くない授業は聞き流し、自分の殻に籠もる日々に満足していた。 しかし、高校二年生に上がった時、それをおびやかす存在が現れた。 東野シノ。学内で一番の美人とうわさの少女。彼女と同じクラスになってしまった。しかも隣の席で、さらには同じ委員会に任命され、否応なく彼女と関わりを持つことになってしまう。 平穏な孤独を恋しく思う一方で、何気ない会話を積み重ね、彼女もまた孤独を抱えている人間だと知り、ほんの少しずつだが彼女に惹かれていく。 他サイトで同時掲載中。 週一回ペースでの更新を予定しています。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む