自宅で寝てても経験値ゲット! ~転生商人が世界最強になってムカつく勇者をぶっ飛ばしたら世界の深淵に触れてしまった件~

読了目安時間:6分

1-4. マジックマッシュルームの衝撃

 街の西側にあるでかい城門を抜けると麦畑が広がっている。今日はいい天気、どこまでも続く青空がとても気持ちいい。風がビューっと吹き、麦の穂が黄金色に輝きながら大きく揺れ、麦畑にウェーブが走る。俺は麦わら帽子が飛ばされないよう、ひもをキュッと絞った。  この街道は、山を越えてはるか彼方王都まで続いているらしい。いつか商人として成功して、王都にも行ってみたい。そのためにはまずは元手だ。今日が俺の商人としてのスタートなのだ。絶対に成功させてやる。  俺は麦畑の続く一本道を二時間ほど歩き、森の端についた。奥まで行くと恐ろしい魔物が出るらしいが、この辺りだと昼間であれば魔物の危険性はほとんどない。  「護身用に」と院長から渡された年季ものの短剣が腰のホルダーにあることを確認し、大きく深呼吸して森の中へと入っていった。  目につく植物は片っ端から鑑定し、レア度が★3以上の物を探す。  しかし……、ほとんどが★1の雑草なのだ。あっても★2まで。分かってはいたが、ちょっと気が遠くなる。  一時間ほど探し回ったが収穫はゼロ。まずい、このままでは帰れない。焦りが広がる。  ちょっと先に小川が流れ、(がけ)になっている所を見つけた。  崖は植生が変わっているので、期待大である。一目でたくさん鑑定できるので効率もいい。  しばらく川沿いに歩きながら見ていくと……、見つけた!   アベンス レア度:★★★★ 悪魔(ばら)いの効能がある  これは凄い! いきなり★4である。俺は興奮して駆け寄った。  しかし……崖の上の方に生えていて簡単には採れそうにない。三階建ての家の高さくらいだろうか、落ちたら死ぬだろう。  諦めるか……命を懸けるか……俺はしばし悩んだ。  小川のせせらぎがチロチロと心地よい音を立て、鳥がチチチチと遠くで鳴いている。 「よしっ!」  俺は両手のひらで頬をパンパンとはたくと覚悟を決めた。俺は今度こそ人生成功するのだ。崖ぐらいで日和(ひよ)っていられないのだ。俺は崖にとりつき、ひょいひょいと登り始めた。  子供の身体は軽い分、こういう時は有利ではあるが、それでも落ちたら死ぬのだ。俺は下を見て、予想以上の高さに心臓がキュッとする。  何度も諦めそうになったが、徐々に体のホールド方法が分かってきて、最後にはなんとかたどり着くことができた。  短剣で薬草を根元から丁寧に採集し、バッグに突っ込む。思わずにやけてしまう。きっと銀貨1枚くらい……日本円にして1万円くらいにはなるに違いない。  だが、今度は降りなければならない。降りるのは登る何倍も難しい。チラッと下を見ると地面ははるか彼方下だ。俺は泣きそうになりながら丁寧に一歩ずつ降りていく。お金を稼ぐというのは命懸けなのだ……。  ゲームばかりやっていたから体の動かし方が良く分からない。せめてボルダリングくらいやっておけばよかった。後悔しながら一歩一歩冷や汗垂らしながら降りていく。  どの位時間がかかっただろうか? 俺はようやく安心できる高さにまで降りてくることができた。  ふぅ……、良かった良かった……  と、気を抜いた瞬間だった。足元の岩が崩れ、俺は間抜けに落ちて行く……。 「ぐわぁ!」  思いっきりもんどりうって転がる俺。  安心した瞬間が一番危険である。俺は身をもって学ばされた。  ゴロゴロと転がり、小川に落ちる寸前でようやく止まった。 「いててて……」  身体をあちこち打ってしまった。ひじから血も出ている。死ななかっただけましだが、痛い……。  体を起こそうとすると、目の前の倒木の下にプックリとした可愛いキノコが生えているのを見つけた。見慣れない形をしている……。  何の気なく鑑定をかけてみると、なんと★5だった。 「ええっ!?」 マジックマッシュルーム レア度:★★★★★ マジックポーション(MP満タン)の原料 「キタ――――!」  ケガの功名である。  これは高く売れるんじゃないだろうか?  俺はケガの痛みなど全部吹っ飛び、飛び上がって思いっきりガッツポーズ。 「やったぞ! いける! いけるぞぉ!」  俺は思わず叫び、そして大きく笑った。  フリーターでゲームに逃げていた俺は今、異世界で新たな人生をつかみ取った。  俺はただの孤児では終わらない、成功への道を一歩踏み出した実感に打ち震えた。  その後、★3をいくつか採集し、陽も傾いてきたので帰ることにする。  院長に教わった通り、来た道には短剣で木の幹に傷を付けてきているので、帰りはそれを丁寧にトレースしていく。ここは魔物もいる森、道に迷ったら死ぬのだ。この辺りは基本に忠実に慎重にやろうと決めている。     ◇  早足で街に戻り、夕陽に赤く染まった石畳を歩いて薬師ギルドを目指す。街は正式には『峻厳(しゅんげん)たる城市アンジュー』という名前で、王様が支配する王国となっている。街の作りは中世ヨーロッパ風になっており、建物は多くが石造りだ。ごつごつとした壁の岩肌が夕陽に照らされて陰影をつくり、実に美しい。カーン、カーンと遠くで教会の鐘が鳴っている。早く帰らないと院長が心配してしまう。  裏通りにある薬師ギルドに入ると、壁には薬瓶がずらりと並び、カウンターの向こうには壁一面に小さな引き出しのついた棚が備えてあった。漢方薬っぽい匂いが漂う。たくさんの種類の薬が製造され、売られているのだろう。 「あら、僕、どうしたの?」  受付の女性がにこやかに声をかけてくる。  髪の毛をお団子にまとめ、眼鏡をかけた理知的な女性だ。俺に向けてかがんだ時に白衣のなかで豊満な胸が揺れた。 「薬草を採ってきたので買い取って欲しいんです」  俺はちょっと顔を赤らめながら背伸びして、バッグの中から取ってきた薬草を出して見せる。 「あら! これ、マジックマッシュルームじゃない!」  驚く受付嬢。 「買い取ってもらえますか?」 「もちろん、大丈夫だけど……僕が自分で採ったの?」  困惑の目で俺を見る。 「マジックポーションの材料ですよね。僕詳しいんです。さっき森で採ってきました」  俺はそう言ってにっこりと笑った。 「うーん、親御さんは何て言ってるの?」  まぁ、そう聞くのは仕方ないだろう。 「僕に親はいません」  そう言って、うつむくしぐさを見せた。 「あ、それは……ごめんなさいね」  聞いちゃいけないことを聞いちゃった、と焦る受付嬢。  孤児というのはこういう時はいいのかもしれない。  その後、ギルドの登録証を作ってもらい、買取をしてもらった。  金貨1枚に銀貨3枚、日本円にしたら十三万円。一日でこれは大成功と言えるのではないだろうか? もちろんマジックマッシュルームが見つけられたからなのだが、幸先良いスタートとなった。  俺はホクホクしながら帰り道を急ぐ。ポケットの中で揺れる金貨と銀貨を指先で確認しながら、こみ上げてくる喜びで思わずスキップしてしまう。日本では時給千百円で怒鳴られこき使われていたことを考えると、異世界はなんて最高な所だろうか。  俺は金貨一枚を自分の報酬として、銀貨三枚を孤児院に寄付することにした。俺が今後大きく成功し、孤児院に還元していくことが一番重要なので、今は院長には銀貨で我慢してもらおう。そのうち金貨をドサッと持って行って驚かせてやるのだ!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 金貨使いの怪人

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    16,450

    250


    2021年6月12日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    高校生百合×心理戦×ファンタジーです!

    20,800

    2,750


    2021年6月12日更新

    ■はじめに 高校を舞台に個性的な女の子たちが登場する 【百合 × 心理戦 × 現代ファンタジー小説】です。 女の子たちの仕草や会話に力を入れています! ■あらすじ 高校二年生の高野凛子はクラス男子たちの会話から、 衝撃の情報を掴んでしまう。 クラスのイケメンが一ヶ月後の夏祭りで、 親友の蘭奈ちゃんに告白するらしい――! 親友としての蘭奈ちゃんには、彼氏ができてほしい! でも恋心の相手としての蘭奈ちゃんには、 彼氏ができてほしくない! 相反する感情の狭間で葛藤する凛子。 私はどっちの気持ちに従うべきなの? そんな中、自らを魔女と名乗る 謎の女の子が凛子に声をかけてくる。 「だったら、その二つの感情どうしを 争わせてみればいいじゃない! 勝ったほうが貴女の選ぶ道ってことで!」 魔女の少女の提案に従って、友情と恋心を 完全に分離した人格とする魔法を受けた凛子。 どちらの人格が出てくるかは、 毎朝の魔女のコイントス次第。 夏祭り当日に向けて、 ある日は親友に彼氏が出来るように背中を押し、 別の日には親友に彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた、凛子の日々が始まる――! ♪♭♪♭♪♭ 毎週 火、木、土、日の19:30頃 更新予定です!

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る