自宅で寝てても経験値ゲット! ~転生商人が世界最強になってムカつく勇者をぶっ飛ばしたら世界の深淵に触れてしまった件~

読了目安時間:6分

1-8. 十二歳女神の福音

「これ、儲かるの?」  ドロシーは手を動かしながら聞いてくる。 「多分儲かるし……それだけじゃなく、もっと夢みたいな世界を切り開いてくれるはずだよ」 「えー? 何それ?」  ドロシーはちょっと茶化すように言う。 「本当さ、俺がこの世界全部を手に入れちゃうかもしれないよ?」  俺はニヤッと笑う。 「世界全部……? 私も手に入っちゃう?」  そう言ってドロシーは上目づかいで俺を見る。サラッと銀髪が揺れて、澄んだブラウンの瞳がキュッキュッと細かく動いた。  十二歳とは思えない女の色香の片りんに俺はドキッとして、 「え? あ? いや、そういう意味じゃなくって……」  と、しどろもどろになる。 「うふふ、冗談よ。男の子が破天荒な夢を語るのはいいことだわ。頑張って!」  ニコッと笑って俺を見るドロシー。 「あ、ありがとう」  俺は顔を赤くし、研ぐ作業に戻った。  ドロシーは丁寧に剣の(つば)を磨き上げる。だいぶ綺麗になったが、なかなか取れない汚れがあって、ドロシーは何かポケットから取り出すとコシコシとこすった。  綺麗にすると何かステータス変わらないかなと、俺は何の気なしに剣を鑑定してみる。 青龍の剣 レア度:★★★ 長剣 強さ:+2、攻撃力:+30、バイタリティ:+2、防御力:+2、経験値増量 「ん!?」  俺はステータス画面を二度見してしまう。  『経験値増量』!? 「ちょっ! ちょっと待って!」  俺は思わず剣を取って鑑定してみる。しかし、そうすると『経験値増量』は消えてしまった。これは一体どういうことだ……? 「ちょっと持ってみて」  ドロシーに持たせてみる。しかし『経験値増量』は消えたまま……。一体これはどういうことだろう?  俺が不思議がっていると、ドロシーはまた汚れをこすり始めた。すると『経験値増量』が復活した。 「ストップ!」  俺はドロシーの手に持っているものを見せてもらった。  それは古銭だった。そして、古銭を剣につけると『経験値増量』が追加されることが分かった。 「やった――――!!」  俺はガッツポーズをして叫んだ。  ポカンとするドロシー。 「ドロシー!! ありがとう!!」  俺は感極まって思わずハグをする。  これで経験値が減る問題はクリアだし、剣の性能を上げる可能性も開かれたのだ。  俺は甘酸っぱい少女の香りに包まれる……。  って、あれ? マズくないか?  月夜の時にずっとハグしてたから、無意識に身体が動いてしまった。 「あ、ごめん……」  俺は真っ赤になりながら、そっとドロシーから離れた。 「ちょ、ちょっと……いきなりは困るんだけど……」  ドロシーは可愛い顔を真っ赤にしてうつむいた。 「失礼しました……」  俺もそう言ってうつむいて照れた。  それにしても『いきなりは困る』ということは、いきなりでなければ困らない……のかな?  うーん……。  日本にいた時は女の子の気持ちが分からずに失敗ばかりしていた。異世界では何とか彼女くらいは作りたいのだけれど、いぜん難問だ。もちろん十歳にはまだ早いのだが。 「と、ところで、なんでこれでこすってるの?」  俺は話を変える。 「この古銭はね、硬すぎず柔らかすぎずなので、こういう金属の汚れを地金を傷つけずにとる時に使うのよ。生活の知恵ね」  伏し目がちにそう答えるドロシー。 「さすがドロシー!」 「お姉さんですから」  そう言ってドロシーは優しく微笑んだ。  これで俺の計画は完ぺきになった。使う人も俺も嬉しい魔法のチート武器がこの瞬間完成したのだ。こんなの俺一人だったら絶対気付かなかった。ドロシーのお手柄である。ドロシーは俺の幸運の女神となった。          ◇  結局、研ぎ終わる頃には陽が傾いてきてしまった。ドロシーはしっかり清掃をやり遂げてくれて、孤児院の仕事へと戻っていった。  最後に俺の血液を仕込んだ氷結石(アイシクルジェム)と、ドロシーからもらった古銭のかけらを(つか)に仕込んでできあがり。ちょっと研ぎあとが(いびつ)だが、攻撃力は問題なさそうなのでこれを持っていく。  また、この時、ステータスに『氷耐性:+1』が追加されているのを見つけた。なんと、氷結石(アイシクルジェム)を埋め込むと氷耐性が付くらしい。これは思いもしなかった効果だ。と、言うことは火耐性や水耐性なんかも上げられるに違いない。古銭だけではなく、いろんな効果を追加できるアイテムがあると言うのは予想外の福音だ。俺は儲かってきたら魔法屋でいろいろ仕入れて、この辺も研究してみようと思った。       ◇  剣を三本抱えて歩くこと15分、冒険者ギルドについた。石造り三階建てで、小さな看板が出ている。中から聞こえてくる冒険者たちの太い笑い声、年季の入った木製のドア、開けるのにちょっと勇気がいる。  ギギギギーッときしむドアを開け、そっと中へ入る。 「こんにちはぁ……」  酒とたばこの臭いにムワッと包まれた。  見回すと、入って右側が冒険者の休憩スペース、20人くらいの厳つい冒険者たちが歓談をしている。子供がいていいようなところじゃない。まさにアウェイである。  ビビりながらエドガーを探していると、若い女性の魔術師が声をかけてくる。 「あら坊や、どうしたの?」  胸元の開いた色っぽい服装でニヤッとしながら俺を見る。 「エ、エドガーさんに剣を届けに来たんです」 「エドガー?」  ちょっといぶかしそうに眉をしかめると、 「おーい、エドガー! 可愛いお客さんだよ!」  と、振り返って言った。  すると、奥のテーブルでエドガーが振り向く。 「お、坊主、どうしたんだ?」  と、にっこりと笑う。  俺はそばまで行って紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣を見せた。 「昨日のお礼にこれどうぞ。重いですけど扱いやすく切れ味抜群です。防御もしやすいと思います」 「え!? これ?」  エドガーは紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣の大きさに面食らう。  エドガーが使っているのは ロングソード レア度:★ 長剣 攻撃力:+9  それに対し、紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣は圧倒的にステータスが上だがサイズもデカい。ただ、『強さ』も上がるので振り回しにくいデメリットは相殺してくれるだろう。 紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣 レア度:★★★★ 大剣 強さ:+5、攻撃力:+40、バイタリティ:+5、防御力:+5、氷耐性:+1、経験値増量  エドガーは、 「大剣なんて、俺、使ったことないんだよなぁ……」  と、気乗りがしない様子だ。  すると、同じテーブルの僧侶の女性が、 「裏で試し切りしてみたら? これが使いこなせるなら相当楽になりそうよ」  そう言って丸い眼鏡を少し上げた。  エドガーは、ジョッキをあおって、エールを飲み干すと、 「まぁやってみるか」  そう言って俺を見て、優しく頭をなでた。  裏のドアを開けるとそこは広場になっており、すみっこに藁でできたカカシの様なものが立っていた。これで試し斬りをするらしい。カカシは『起き上がりこぼし』のように押すとゆらゆらと揺れ、剣を叩きこんでもいなされてしまうため、剣の腕を見るのに有効らしい。  エドガーは紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣を受け取るとビュンビュンと振り回し、 「え? なんだこれ? 凄く軽い!」  と、驚く。  紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣が軽い訳ではなく、ステータスの『強さ』が上がっただけなのだが、この世界の人はステータスが見えないので、そういう感想になってしまう。 「どれどれ、行きますか!」  そう言うと、 「あまり無理すんなよー!」「また腰ひねらんようになー!」  やじ馬が五、六人出てきて、はやしたてる。 「しっかり見とけよ!」  やじ馬を指さしてそう言うと、エドガーは大きく深呼吸を繰り返し、カカシを見据え……、そして、目にも止まらぬ速さでバシッと紅蓮虎吼(ぐれんこほう)剣を打ち込んだ。  しかし、カカシは微動だにしなかった。 「え?」 「あれ? 斬れてないぞ?」  皆が不思議がる中、カカシはやがて斜めにズズズとずれ、真っ二つになってコテンと転がった。 「え――――!?」「ナニコレ!?」  驚きの声が広場にこだまする。  いまだかつて見たことのないような斬れ味に一同騒ぎまくる。  エドガーは中堅のCランク冒険者だが、斬れ味はトップクラスのAランク以上だった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    87,800

    230


    2021年6月12日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

  • 実は女だと言い出せない

    男装少女の体験する、非日常。

    318,000

    2,695


    2021年6月10日更新

    人でないものが飛び交い彷徨う、そんな森に囲まれた小さな村で暮らしていた少女、シルヴィ。 唯一の身内である祖母の死をきっかけに村から出て仕事を探すが、村の外へ出て来てみれば人に騙され、村にはいなかった黒く気味の悪いものもそこかしこに見える。 男装して転がり込んだ廃屋のような教会で少年として雇われるが、雇った青年も普通じゃなかった。 女だってばれたら解雇かも? いやいや折角手に入れた衣食住、手放すわけにはいきません。 ※ふわっとした世界観で書いていますので、「そこはちょっと」と思われる個所も多々あるかもしれませんが、ご笑覧いただけたらと思います。 週に一、二度位更新できたらいいな、と思っています。 他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間47分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 帰る故郷はスローライフな異世界!レベル99のふるさと勇者

    遠き心のふるさとで幼馴染みに会いたい!

    151,200

    100


    2021年6月13日更新

    遥か遠き心のふるさとで、初恋の幼馴染みと巡り会いたい! 誰にでも、いつかは……帰りたい『心のふるさと』がある!転生した俺は異世界で『新たな心のふるさと』へ帰る事が出来るのか? これは平凡な青年ケンが異世界へ転生。心の中だけにある失った故郷、離れ離れとなった初恋の幼馴染みを追いながら、『ふるさと限定』の勇者となり、愛する妻や家族と共に頑張り成長して行く波乱万丈の物語。第1章『ど新人女神編』が本編全129話で一旦完結。後は主人公ケンの結婚後の話となります。学校を卒業した俺は都会が嫌になってスローライフを望み、昔離れた故郷へ帰るつもりだった。だけど気が付いたら見た事のない不思議な空間に居て、神様からは天界のミスで死んだと言われてしまう。おわびに3人のサポート女神から好きな者を選べと言う神様。俺は結局ど新人の女神クッカを選ぶ。クッカを選べば辺境の田舎村に転生出来てのんびりスローライフ出来ると言われて……だが俺の奇妙な転生には重大な秘密が隠されていた。その秘密を知らない俺は、地味な村で引きこもって暮らすには、とんでもないレベル99の力を与えられる。広大な異世界の原野に放たれた俺は、女神クッカのサポートを受けながら、途中でゴブリンに襲われた美少女を助けて辺境の村に着く。助けた美少女に慕われた俺は村で暮らす事にしたが、またも新たな美少女達が現れる。 いつもご愛読頂きありがとうございます。 ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。 宜しければ、ブックマーク及び、熱い応援を頂ければ励みとなります。 何卒宜しくお願い致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:58時間50分

    この作品を読む

  • いっしょうけんめい頑張ったら、報われなきゃ! やってらんね~よ! 俺は「ざまあ!」して絶対に超底辺から頂点へ転職するぞ! シモン・アーシュ22歳。ティーグル王立魔法大学卒業。就職活動に失敗し、職探しをしていた苦学生のシモンは、弱みを握られた上、つい目先の金に釣られ、ダークサイドな超悪徳商会へ就職してしまう。騙されたと気付いた時には後の祭り……パワハラ、モラハラ、暴力と、死への恐怖……3拍子どころか、4拍子揃った地獄の研修をクリアしたシモンは、正社員なのに個人授業主のようなトレジャーハンターとしてデビューする。命を懸けて、魔物やアンデッドと戦いながら、日々不気味な遺跡を隅から隅まで探索し、底知れぬ迷宮の奥深く潜るシモン。 働いても働いても搾取されまくるシモンに明るい未来は来るのだろうか? そしてある日、シモンの人生を一変させる大事件が起こる!! 旧作『ぜひ!ウチへ来てください!好条件提示!超ダークサイドなパワハラ商会から、超ライトサイドなロジエ魔法学院へ転職した、いずれ最強となる賢者のお話』を途中から設定変更、大幅改稿しております。 ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。 宜しければブックマーク及び、熱い応援をお願い致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間23分

    この作品を読む