ミステリー 長編 連載中

迷探偵「明智小町」の推理アビリティ―~12月は白百合に花束を~

作者からの一言コメント

百合を愛する読者に捧げる

探偵の明智小町は、北川高校の女子生徒、水科凛と四十川千春から依頼を受ける。その内容は、部活仲間の森、三田村が自殺したことだった。 ただし、彼らの元には気味の悪いQRコード付きメールが届き、そのメールを受け取ってから二人は自宅の二階から飛び降りる。鑑識結果から二人は自殺と判断されたが、彼女達は自殺ではないと考える。メールが原因ではないかと考え、どんな依頼でも相談にのる小町に話を持ち掛けた。 小町は依頼を肯じる。凛からQRコードの画像を見せてもらい、調査を続ける。すると、QRコードはスマホでは読み取れないことが分かり、小町は別の端末で読み取らないといけないのではと推理する。 その間、凛と千春は、小町に或る秘密を打ち明けようと相談していた。以前部活に在籍していた藤沼由里絵という友達についてである。由里絵は同性愛者であることを凛達に話し、内緒にしてほしいと話していた。が、凛の手抜かりから部活仲間に知れ渡り、由理絵は森達に虐められ、不登校となる……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 迷探偵「明智小町」の推理アビリティ―~12月は白百合に花束を~
作者名 帰ってきた緑龍寺
ジャンル ミステリー
タグ ミステリ― 女主人公 百合 青春 学園 現代もの ライト文芸 現代日本 殺人事件 シリアス 本格ミステリー 探偵 ダーク 恋愛 日常
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年3月24日 3時47分
最終投稿日 2021年4月12日 18時00分
完結日 -
文字数 69,992文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 1件
応援ポイント 2,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 悪人には死を

    恋愛、事件、復讐の展開になります

    100

    0


    2021年4月13日更新

    主人公の高橋尚哉は17歳の高校2年生。 スポーツはできるし、勉強もそこそこできるし、顔もどちらかと言えばイケメンの部類に入る。 尚哉が初めて彼女を作ったのが中学2年生の時である。すごく可愛い女の子で性格も良く、明るくて勉強ができる女の子だった。しかしその彼女が3年生の夏休み直後に自殺してしまう。 尚哉は相当落ち込んだが、彼女が死ぬ間際に送ってきたメールに書いてあった「必ず〇〇校に合格してね。私の最後の願いなの」という言葉に励まされて、〇〇高に合格する。 しかし、大好きだった彼女を自殺で亡くしてしまった彼は、勉強に対しては前向きだが、恋愛に対しては前向きになれなかった。告白されることは度々あったが、付き合う気持ちにはなれずに断っていた。 ある土砂降りの雨の日、家に帰った尚哉は風邪をひかないように風呂に入った。そこで亡霊になった彼女と再会するのである。 最初こそ腰が抜けるほど驚いた尚哉だったが次第に冷静さを取り戻し、彼女が何故自殺したのかを知ることになる。 ここから二人の復讐劇が始まるのだった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 忘れられた怪談

    ノスタルジックな学園ミステリーです。

    6,900

    0


    2021年4月13日更新

    関東の某県郊外にある穏やかな中規模都市「枝伏木〈えふすき〉町」。その町の心霊スポットを取材にやって来た徳丸学園新聞部一同は、そこで二体の死体を発見してしまう。死体のうち一体はホームレス風の中年男、そしてもう一体は、なんと自分たちが通う徳丸学園の生徒だった。 ホームレス風中年と高校生。 この不釣り合いな組み合わせの殺人事件の謎を解明すべく、徳丸学園新聞部が調査を開始する。

    読了目安時間:2時間44分

    この作品を読む