エクストラ称号『たまごの御使い』を持つ薬師~魔王や聖女なんかにはなりません。どうぞ、後はお好きにしてください~~

読了目安時間:8分

ぷっぷちゃんはやれば出来る子 ①

 一旦気になり出すと、頭にモヤが掛かったようになって集中しにくくなる。  これから長いこと付き合っていく相棒というべき存在が何なのか、どういう存在なのか、それを詳しく調べてみたい。どうにも気になって仕様がない。 (私達人間も神様がお造りになられた) (人間には男と女の性別があるようにされたのに、ぷっぷちゃんには性別がないの?) (神のシステムも神様がお造りになられたはずだから、どういう仕組みになっているのかな?)  分からなければ直接聞いてみればいいと私はぷっぷちゃんに話しかけてみた。  「ねえねえ、ぷっぷちゃんって男の子なの?女の子なの?」 「ぷっぷちゃん!どっちか教えてほしいな」  その私の疑問に答えるように画面が激しく点滅しはじめた。  だけどその行為が何が言いたいのか、それでは全然伝わらない。  ぷっぷちゃんは自分の意思で、自由に神の御声を使えるわけではなさそうで、今は単にパネル上がピカピカ光って眩しいだけだ。 「それじゃあ、わかんないよ」 「そうだ、私がそれぞれの言葉をもう一度いうから、それに反応して」 「じゃあ、いくよ」  透明なパネルは合図がわりに1回光った。 「ぷっぷちゃんは男の子」  透明なパネルはピカピカ眩しく光った。 「ぷっぷちゃんは女の子」  透明なパネルはピカピカ眩しく光った。 「どういう意味??」  「じゃあ、ぷっぷちゃんは、男の子と女の子」  透明なパネルはピカピカピカッと眩しく光った。 「ぷっぷちゃんは2人いるの??」  透明なパネルは薄くなって消えそうになる。どうやら違うようだ。  その後、何回か人数を増やして聞いてみても、画面は薄くなったままの状態をキープしている。  質問するのが飽きてきた私は、最後の質問にしようと次の言葉を問いかける。 「じゃあ、ぷっぷちゃんは沢山いるの??」  透明なパネルはかなり眩しく点滅し続けた。 「そうなんだ、ぷっぷちゃんは沢山いるのね」 「なんとなくぷっぷちゃんのことが少しわかったような気がする」 (沢山いるってことは、意識が沢山あるっとことよね)  大勢のぷっぷちゃんが私のことをサポートしてくれているようだ。  それがわかっただけでも、聞いてみた価値があった。  多分、小さなぷっぷちゃんが集合して、色々な情報を集めているイメージだと思う。  私が思い描くぷっぷちゃんは、手足の生えた小さなたまごだ。  その子達が大勢粗せ集まって、私の為に色々仕事をしているのをイメージしてみたら、なんだかほっこりしてきた。   「あんまりぷっぷちゃんのこと聞いてたら、本来の調べ物をする時間がなくなるから、またこんど、質問するね」  ぷっぷちゃんはパネルをピカッと1回光らせた。  私がパネルを直接操作しないで言葉でお願いしたら、今のぷっぷちゃんなら、なんだか出来そうに思えてくる。 (これも、結果が見てみたいから、試してみてもいいかもね)  試しに言葉を使ってぷっぷちゃんにお願いしてみる。 「じゃあ、ぷっぷちゃん、次はたまごSPを検索してみて」  いままで、ちまちまと手入力パネルを操作していたけど、ぷっぷちゃんが操作するほうが断然早く画面が切り替わる。ぷっぷちゃんにお任せしたほうがスムーズにいくことが分かった。 ────────────────   ────検索画面──── たまごSP      合計 190 └神代スキル(御使い)のスキルレベ ルを上げる際に必要なポイント。  一定数のポイントを割り振ることで スキルレベルを上げることが出来る。  また、一定数のSPを使用して未取 得スキルとポイント交換できる。   ──────────── ──────────────── 「ほうほう……」 (なるほどね)  レベル上げに消極的な私でも、これならできる。  これなら嫌な気分にならないですみそうだし。  怖いのが苦手だから、このやり方なら変に強がる必要もないし、戦闘に備えるために体調を管理を生真面目にしてやる必要性もない。 「ぷっぷちゃん、次はパネルに、たまごコインを検索して出してみて」  私が頼んだら、すぐに反応してパネルの画面が切り替わる。   ────────────────   ────検索画面──── たまごコイン     合計1000 └たまご通販で利用できるコイン。  たまごコインを一定数消費すると、  素敵なプレゼントがもらえる。   ──────────── ────────────────  何なに、私は、プレゼントなんてもらったことないから、これは絶対欲しいったら欲しい。  なかなか面白そうな企画だから、積極的に参加していって必ずプレゼントをゲットしてやるぞ。  これは、またまた楽しみが増えちゃった。  どんなプレゼントがあるのか、時間があるときでも調べてみようっと。  それと、後で【たまご通販】スキルがどんな物を扱っているのか、それも確認しておこう。 「ぷっぷちゃん、お次はたまごクエストを検索してくれないかな」  私の声に反応して、自分で操作するよりも、早く画面が切り替わる。 ────────────────   ────検索画面────   たまごクエスト 達成5/追加10 └クエストを達成すれば、たまごSP  やたまごコイン、時には珍しいアイ  テムが貰える。是非挑戦してみよう。   ──────────── ────────────────  わざわざ冒険者ギルドで登録してクエストを選ばなくていいのが気にいった。  大農場には、他の街にあるような冒険者ギルド自体が存在しない。  だから、そもそも冒険者も見かけたことが滅多にない。  当然私も冒険者なんてここで見かけたことはない。  それに、私のような奴隷が1人だけで冒険者登録ができるかわからない。   そもそも、ここにいる限り冒険者登録なんて到底かないっこないから、これはいい感じ。  こちらのほうがすぐにクエスト確認できるから断然いい。  報酬も直ぐに貰えるのが手っ取り早くていい。 「でも、どうせなら、こちらで流通しているお金も一緒に報酬でもらえるとか、普通の経験値なんかも報酬で貰えたら、もっといいんだけど……」   (そこまで高望みしちゃいけないよね) 「まあ、念のため、他のクエストも確認してみよっか」 「ぷっぷちゃん、今あるたまごクエストをパネルに表示して」  そのお願いに反応して、検索項目が上から下に流れていく。 ────────────────   ────検索画面────    たまごクエスト  たまごスキルを4回使用してみよう  (1/4)  報酬:たまごSP40  報酬:たまごコイン400玉  追加報酬:400ギル(NEW)  追加報酬:400経験値(NEW)   ──────────── ────────────────   ────検索画面────    たまごクエスト  たまごを3個食べてみよう  (1/3)  報酬:たまごSP30  報酬:たまごコイン300玉  追加報酬:300ギル(NEW)  追加報酬:300経験値(NEW)   ──────────── ────────────────   ────検索画面────    たまごクエスト  たまご魔法を1回使用してみよう  (0/1)  報酬:たまごSP10  報酬:たまごコイン100玉  追加報酬:100ギル(NEW)  追加報酬:100経験値(NEW)   ──────────── ────────────────   ────検索画面────    たまごクエスト  【たまご創造】スキルを使用して5  種類のたまごを作ってみよう  (4/5)  報酬:たまごSP50  報酬:たまごコイン500玉  追加報酬:500ギル(NEW)  追加報酬:500経験値(NEW)   ──────────── ────────────────   ────検索画面────    たまごクエスト  スキル取得画面を開き、たまごSP  を投入し【たまご操作】を取得しよ  う。  (0/1)  報酬:たまごSP500  報酬:たまごコイン500玉  追加報酬:500ギル(NEW)  追加報酬:500経験値(NEW)   ──────────── ────────────────   ────検索画面────   たまごクエスト  作成したたまごを沢山の人に食べさ  せよう。  (0/100)  報酬:たまごSP10000  報酬:たまごコイン10000玉  追加報酬:10000ギル(NEW)  追加報酬:10000経験値(NEW)   ──────────── ──────────────── ────────────────   ────検索画面────   たまごクエスト  【たまご創造】スキルを100回使  用しよう   (5/100)  報酬:たまごSP10000  報酬:たまごコイン10000玉  追加報酬:10000ギル(NEW)  追加報酬:10000経験値(NEW)   ──────────── ──────────────── ────────────────   ────検索画面────   たまごクエスト  【たまご合成】スキルを100回使  用しよう    (0/100)  報酬:たまごSP10000  報酬:たまごコイン10000玉  追加報酬:10000ギル(NEW)  追加報酬:10000経験値(NEW)   ──────────── ──────────────── ────────────────   ────検索画面────  たまごクエスト    【たまご進化】スキルを100回使  用しよう    (0/100)  報酬:たまごSP10000  報酬:たまごコイン10000玉  追加報酬:10000ギル(NEW)  追加報酬:10000経験値(NEW)   ──────────── ──────────────── ────────────────   ────検索画面────   【たまご変換】スキルを100回使  用しよう    (10/100)  報酬:たまごSP10000  報酬:たまごコイン10000玉  追加報酬:10000ギル(NEW)  追加報酬:10000経験値(NEW)   ──────────── ──────────────── 「──うひょっ」  何気なく呟いた言葉が現実になった。追加報酬項目が追加されたことに驚いてしまった。 「1番と2番目のクエスト達成の時には、ギルが貰えなかったのに」 「まだ達成してないクエストからは、追加でギルと経験値も報酬に加わった──」 「これ、ぷっぷちゃんが対応してくれたの?」  私の言葉に反応して、1度だけパネル全体が点滅してYESのサインがあった。 「凄いよ、さすがは、私のぷっぷちゃん」 「ぷっぷちゃんはやれば出来る子だって私は信じていたよ」 「私の話したことをすぐに対応するなんて、まさに神対応」 「もう、感動しちゃった」 「仕事がめっちゃ早すぎだよ」 「これで、私が密かに企んでいた野望──夢の食っちゃ寝レベルアップの第一歩が踏み出せる」 「ありがとう♪ぷっぷちゃん♪」

最後まで読んでくれてありがとう。 物書きとしてまだまだ至らないわたしですが、暖かい目で見守っていただけたら嬉しいです。 誤字脱字、文面におかしな点があればアドバイスをお願いします。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    87,800

    230


    2021年6月12日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    高校生百合×心理戦×ファンタジーです!

    20,800

    2,750


    2021年6月12日更新

    ■はじめに 高校を舞台に個性的な女の子たちが登場する 【百合 × 心理戦 × 現代ファンタジー小説】です。 女の子たちの仕草や会話に力を入れています! ■あらすじ 高校二年生の高野凛子はクラス男子たちの会話から、 衝撃の情報を掴んでしまう。 クラスのイケメンが一ヶ月後の夏祭りで、 親友の蘭奈ちゃんに告白するらしい――! 親友としての蘭奈ちゃんには、彼氏ができてほしい! でも恋心の相手としての蘭奈ちゃんには、 彼氏ができてほしくない! 相反する感情の狭間で葛藤する凛子。 私はどっちの気持ちに従うべきなの? そんな中、自らを魔女と名乗る 謎の女の子が凛子に声をかけてくる。 「だったら、その二つの感情どうしを 争わせてみればいいじゃない! 勝ったほうが貴女の選ぶ道ってことで!」 魔女の少女の提案に従って、友情と恋心を 完全に分離した人格とする魔法を受けた凛子。 どちらの人格が出てくるかは、 毎朝の魔女のコイントス次第。 夏祭り当日に向けて、 ある日は親友に彼氏が出来るように背中を押し、 別の日には親友に彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた、凛子の日々が始まる――! ♪♭♪♭♪♭ 毎週 火、木、土、日の19:30頃 更新予定です!

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 帰る故郷はスローライフな異世界!レベル99のふるさと勇者

    遠き心のふるさとで幼馴染みに会いたい!

    151,200

    100


    2021年6月13日更新

    遥か遠き心のふるさとで、初恋の幼馴染みと巡り会いたい! 誰にでも、いつかは……帰りたい『心のふるさと』がある!転生した俺は異世界で『新たな心のふるさと』へ帰る事が出来るのか? これは平凡な青年ケンが異世界へ転生。心の中だけにある失った故郷、離れ離れとなった初恋の幼馴染みを追いながら、『ふるさと限定』の勇者となり、愛する妻や家族と共に頑張り成長して行く波乱万丈の物語。第1章『ど新人女神編』が本編全129話で一旦完結。後は主人公ケンの結婚後の話となります。学校を卒業した俺は都会が嫌になってスローライフを望み、昔離れた故郷へ帰るつもりだった。だけど気が付いたら見た事のない不思議な空間に居て、神様からは天界のミスで死んだと言われてしまう。おわびに3人のサポート女神から好きな者を選べと言う神様。俺は結局ど新人の女神クッカを選ぶ。クッカを選べば辺境の田舎村に転生出来てのんびりスローライフ出来ると言われて……だが俺の奇妙な転生には重大な秘密が隠されていた。その秘密を知らない俺は、地味な村で引きこもって暮らすには、とんでもないレベル99の力を与えられる。広大な異世界の原野に放たれた俺は、女神クッカのサポートを受けながら、途中でゴブリンに襲われた美少女を助けて辺境の村に着く。助けた美少女に慕われた俺は村で暮らす事にしたが、またも新たな美少女達が現れる。 いつもご愛読頂きありがとうございます。 ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。 宜しければ、ブックマーク及び、熱い応援を頂ければ励みとなります。 何卒宜しくお願い致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:58時間50分

    この作品を読む

  • いっしょうけんめい頑張ったら、報われなきゃ! やってらんね~よ! 俺は「ざまあ!」して絶対に超底辺から頂点へ転職するぞ! シモン・アーシュ22歳。ティーグル王立魔法大学卒業。就職活動に失敗し、職探しをしていた苦学生のシモンは、弱みを握られた上、つい目先の金に釣られ、ダークサイドな超悪徳商会へ就職してしまう。騙されたと気付いた時には後の祭り……パワハラ、モラハラ、暴力と、死への恐怖……3拍子どころか、4拍子揃った地獄の研修をクリアしたシモンは、正社員なのに個人授業主のようなトレジャーハンターとしてデビューする。命を懸けて、魔物やアンデッドと戦いながら、日々不気味な遺跡を隅から隅まで探索し、底知れぬ迷宮の奥深く潜るシモン。 働いても働いても搾取されまくるシモンに明るい未来は来るのだろうか? そしてある日、シモンの人生を一変させる大事件が起こる!! 旧作『ぜひ!ウチへ来てください!好条件提示!超ダークサイドなパワハラ商会から、超ライトサイドなロジエ魔法学院へ転職した、いずれ最強となる賢者のお話』を途中から設定変更、大幅改稿しております。 ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。 宜しければブックマーク及び、熱い応援をお願い致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間23分

    この作品を読む