エクストラ称号『たまごの御使い』を持つ薬師~魔王や聖女なんかにはなりません。どうぞ、後はお好きにしてください~~

読了目安時間:8分

魅惑の食べ物を夢想する

 寝ている者達を気にしたシルアは、小さな声で呟いた。 「ステータスオープン」  その言葉で『神のシステム』が起動する。  すると、シルアの見詰める正面に透明のパネルが浮かび上がった。  そのパネルに載っている情報をつぶさに観察してみた。  ■■■■■■■■■■■■■■■  【シルア】  ■■■■■■■■■■■■■■■  種族 :人間  職業 :農奴  年齢 :8  レベル:2  HP :5/30  MP :5000/5000  力  :2  魔力 :5000  体力 :10  敏捷 :5  器用 :5  運  :30  祝福 :創造神の祝福  ■■■■■■■■■■■■■■■  一般スキル(Lv/Lv上限)   ■■■■■■■■■■■■■■■  無属性魔法  1/10  魔力操作   1/10  悪食     4/10  ■■■■■■■■■■■■■■■  才能スキル(Lv/Lv上限)   ■■■■■■■■■■■■■■■  魔素耐性 30/100  魔素変換 30/100  魔素吸収 10/100  魔力譲渡(じょうと) 10/100  魔力波動 20/100  ■■■■■■■■■■■■■■■   【魔素耐性】   └大気中に含まれる魔素による精神汚染、身体汚染に耐えうる能力。 【魔素変換】   └魔素を気体(魔素霧)液体(魔素水)個体(魔素石)に変換できる能力。 【魔素吸収】   └大気中に含まれる魔素を効率よく体内に吸収し、MP・魔力に置き換える能力。 【魔力譲渡】   └自己のMPを他者に移譲する能力。レベル次第で魔力も移譲できる。 【魔力波動】   └自己の魔力数値の属性魔力を、体外空間に魔力波として放射する能力。  ■■■■■■■■■■■■■■■  このステータスを見て私が疑問に思うのは2点。  ──1つはレベル。      今だに私のレベルは2のままだ。  何故か私だけ、孤児院の皆よりも、レベルが非常に上がりにくい。  私は魔物を討伐するのが怖いし臭いし面倒臭がりやな面もある。  それでも同年代の人達より大分レベルが低かった。 (何か理由があるのかもしれないけど……)       『神のシステム』には、次のレベルに必要な経験値は表示されない。 (だから、何故なのかはわかんないの) (まあ、レベルが低くても今のところは、何とか成っているけど……) 【魔力波動】Lv20のスキルがあれば、魔力の衝撃波と魔力弾の乱れ打ちで大抵の大人達は、襲いかかってきても、私は余裕しゃくしゃくで返り討ちにできていた。  今の所は、何とか対処出来てはいる。  実際に強そうな大人達が襲いかかってきても、私の【魔素吸収】と【魔力波動】のダブルコンポで、大量の高濃度魔力を直接浴びせ掛けてやれば、大抵足腰が立たなくなる。その間に逃げてしまえばいいんだ。  ただし、この力は直ぐに暴走する。  取り扱いが凄く厄介なんだ。  此れまでは、余程のことが起きない限り、使わないようにしている。    ──もう1つ疑問に思うのは、才能Lvの上限値。  一般スキルのLv上限値は10が最大値。  才能スキルのLv上限値は人によるみたいだけど……。  通常の才能スキルのLv上限値は15~20が相場だと言う。  才能があると、そのスキルの能力の限界値の壁がより大きくなるけど、さすがに私の才能Lv上限値は高すぎる。  国に仕える【剣聖】の才能スキルでもLv上限値が50だそうで、私の才能の成長限界が高いのは、お分かりいただけたと思う。  しかも、殆どの大人達は一般スキルが殆どで才能スキルを持つ人間は限られる。  Lv上限値までスキルLvを上げきれていないのが普通のようだし。  これで、私の種族が人間だというから、全く訳が解らない。  間違いなく両親の片方は魔族だと考えられるけど、今のところそれしか思い浮かばない。  私の容姿が白っぽいのも、多分、魔族の血とかの影響もあるんだと思う。  運の数値が孤児の子達の中でも結構良い値のはずなんだけど、何故か現在の職業が農奴……。  おかしいとは思うけど、才能に運を使い果たしたと考えれば、ちょっとは納得できるかも。 【魔素耐性】があるから、大気中の魔素を吸収しても体に変調をきたしにくいし、魔素に身体が汚染される危険も限りなく少なく成るから、長生きできそうな能力だとは思うけど、才能があってもその才能を活かす機会が全く無いのである。  私の才能は当然お国にも知られていて孤児院に神童がいると噂に成っていたそうで、自分じゃ全然自覚がなかったけど、私はある意味有名人だったらしい。  そうしたなか、孤児院を出た後は、お国に強制士官するよう命令されて、私はそれを黙って受け入れた。  そして、授業料が国費で払われて、私自身は全くお金を負担しないで今年念願の魔術学院に入学できたけど、そこで私は、早々に人生を大きく踏み外したんだ。 (その時まで、私には輝かしい未来が約束されていたのに──)  私が大農場で強制労働するはめになる、そもそもの原因は、特大級の魔力暴発。  あの時は、魔術学院の入学式の当日にお貴族様の不興(ふきょう)をかってしまい、何故か公式競技場で直接対決する羽目になった。  面倒だからそれを力で押さえつけようとしたのが悪かった。  レベル2の私は、周囲からかき集めて吸収した魔素の力の制御が全くきかない。  そのまま魔力が荒れ狂うように大暴走をやらかして、終いには、特大級の魔力暴発を引き起こす。  普段見られないような規模の魔力爆発だったけど、結界の中に魔素が充満してたから、譜とした切っ掛けでこうなったんだと思う。  兎にも角にも、入学式を祝う晴れやかな舞台が一変して、阿鼻叫喚(あびきょうかん)の現場と化して、大惨事(だいさんじ)になっちゃったからなのでした。  幸い魔力結界で覆われた場所での決闘だったから、爆心地にいた決闘相手側の公爵家の6男が(ちり)になって死亡したのと、魔力結界の装置完全破壊、会場の軽微損傷、怪我人軽傷者多数ですんだけど、お貴族様に死亡者が出たのは流石にまずかった。 (私にとっては、死んでも当然のクソ野郎だったけど……) (殺すつもりまではなかったんだ) (でも失った命は、もう戻らないからね)  一緒に入学した孤児仲間にちょっかいをかけて、身分を盾にして集団で暴行しようとする奴には、天罰が必要だと思っていたけど、今はやりすぎた自分の犯した罪に少し後悔してる。  普通なら貴族を死亡させた首謀者はその場で首を切ってお仕舞いなんだそうだけど、創造神の祝福を持つ私を処刑するのは不敬(ふけい)で出来ないそうで、結局南極こうなっちゃった。 (今現在の私の正式な身分は、アスバール公爵家所有の奴隷……) (王家に所属していた私の身柄は、息子が死んだ公爵家に引き渡されて──) (ここで大人達に混じって一生働くのが私の罰)  今現在の私の才能は、魔力が人より優れていてもそれを活かすことが出来ないただの魔力電池に過ぎない。  なので、この才能を活かすためにも、魔法の勉強を専門職の人に師事して学びたかったけど、農奴になったから、その方法はもう取れない。  次に人にいつ師事する機会があるのか、今の私には、それはまったく未踏せない。 (どうやら、自己流で魔法を研究していくしか道はないのかもしれないね) (ふう、いろいろ考えていたら、もっとお腹が空いてきた)  お腹が空きすぎて、ぎゅるるるる、とお腹が何度も鳴っているのがわかる。  なんだか空腹感で考えることも億劫(おっくう)になってきた。  お腹を抑えて両手を軽く組んだ姿勢で横になると、神様への魔力奉納と祈りを手早く済ませて、そのまま目を閉じた。 ◇  目を閉じると、暗闇に包まれる感じに安堵(あんど)する。  この暗闇の時間は、誰にも邪魔されない。  農奴にも与えられる自由な時間だ。  私の頭の中は、相変わらず空腹感に支配されているが、その思考に(ふた)をする。  今日、一日中作業して体力もないから、きつくて苦しくて辛かった思いにも蓋をして閉める。  その中での楽しかった仕事内容だけと抜き出すと思い耽るように、じっくりと振り返ってみたくなった。  あの眼下に広がる場景には、圧倒された。  あんなに沢山の鶏を見たのは、生まれて初めてだった。  大きな飼育建屋の中庭で元気に歩き回る鶏達。  独特のほっこりするような鳴き声や、首を動かすときの可愛い仕草に、アッという間に魅了されてメロメロになった。  今日は初めて養鶏場で鳥の世話をして、本当に疲れたけど、でも楽しかったな。  その場にいた先輩農奴にいろいろ質問したら知らないことも教えてくれたし、白い高級食材の興味深い話しもしてくれたんだ。  忘れがたい体験だったから、あの高級食材の姿形が目に焼き付いて忘れられそうにない。  汚れを知らない純白色のコロコロ転がる面白い食べ物。  まだ一度も食べた事の無い魅惑(みわく)の食べ物。  この大農場で見て触って教えられた可愛らしい形をした食べ物は、一体どんな味がするんだろう。  お貴族様やお金持ちしか食べれない食べ物を一度でいいから口にしてみたい。  そんな思いをそっと静かに呟いた。 「あ~ぁ、一度でいいからアツアツ茹でたての卵をお腹いっぱい食べてみたいな」  このまま、ここで農奴として生き続けるとしたら、その夢も、生涯(しょうがい)叶わない夢になるかもしれない。  でも、夢は叶わなくても、夢を見ることは自由なんだ。  私はその自由をこれからも行使していくつもり。  それは、農奴でも変わらない誰もが持つ自由で平等な権利だから。 (神様、それくらいなら、罪を犯した私でも望んでもいいですよね?) (まあ、いいって言わなくても、続けますけどね。御免ね、神様)    さてさて、ここに来てから毎日するようになった願いをして、さっさと寝ちゃおうか。 (──神様、お願いです) 「早く、この悪夢から目覚めますように……」  きっと叶わない希望を、周りの目を気にして小声で呟くと、神様にもう一度お祈りを捧げて、そのまま深い眠りについた。  その夜、私はとても言葉では言い表せない素晴らしい夢を見てしまった。  そして、その夢の世界において結ばれた契約により、いままで巧く噛み合っていなかった運命の歯車は、新たに部品を取り替えられると、また勢いよく動きだしていく。

最後まで読んでくれてありがとう。 物書きとしてまだまだ至らないわたしですが、暖かい目で見守っていただけたら嬉しいです。 誤字脱字、文面におかしな点があればアドバイスをお願いします。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 図鑑のスクリプトル

    図鑑を開き、何を思う?

    4,800

    10


    2021年6月25日更新

    「退治するためだけの図鑑は……きっと必要ない。誰もがモンスターを知ることができ、いざというときには身を守ることができる。そんな図鑑が必要なんだ」 魔法研究をしながら、のんびりと日々を過ごしていた魔法剣士のソラ。 ある日、モンスター図鑑を作成してほしいという依頼が冒険者ギルドを通じて舞い込むのだった。 最初は戸惑っていたソラだが、とあるモンスターとの出会い、そのモンスターを巡る事件が起きたことにより、図鑑の重要性を理解し始める。 そして、彼は異種族との出会いを経験することで、更なる情報を伝えていく必要があると感じ、モンスター図鑑を深化させた『異種族・モンスター図鑑』を作成しようとするのだった。 人・モンスター・人とはちょっと異なる異種族との交流で、お互いのことを知り合い、知識を1つの本にまとめてゆく物語。 作品タイトルを、『魔法剣士の異種族・モンスター図鑑作成譚』から『図鑑のスクリプトル』に変更しました! 以前のタイトルは、中途半端に長いと思っていたので。 ちょっと分かりにくく……なっちゃった……かも?

    読了目安時間:11時間9分

    この作品を読む

  • 光を失った魔女の追憶

    魔女と悪魔の奇妙な関係

    6,700

    0


    2021年6月25日更新

    今作は魔女と悪魔による魔法アクションバトルとなっております! 中世ヨーロッパで発生した魔女狩り。その発端とされた魔女アレシアは、同胞からの呪いにより光を奪われ、三百年以上結界の中で眠りについていた。ふと目が覚めて外を眺めると、遠くから三百年前に殺された恋人に瓜二つな少年がやってくる。 それから毎週末になるとやってくる少年の相手をする生活が二年続いたある日、結界が急に反応して少年は閉じ込められてしまう。 そこに魔女狩りで同胞を大勢失った魔女の族長キテラが現れ、三〇〇年ぶりの復讐を始めると宣言する。アレシアは、四皇の魔女と呼ばれる魔女狩りを生き延びた強力な魔女達を退けながら、結界から少年を逃がすための戦いに身を投じていく。 そもそもの魔女狩りの原因は本当にアレシアなのか? 真の敵の正体とその目的とは?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間38分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 黒き魔人のサルバシオン

    人ならざる者は自身の存在価値を求める

    19,300

    1,100


    2021年6月23日更新

    万物の根源たる六属性の魔素が織りなす世界、ヴェルトモンドには人間や動物などの有機生命体とは別に、魔物と称される魔素生命体が存在する。 古き時代より人間は、自分たちを脅かす魔物を徹底的に排除することで安寧を享受していたが、魔物至上主義団体、アマルティアの台頭が原因で世界の平穏は崩れ去ってしまう。 そんな折、ひょんな理由で人間としての生活を送っていた人型の魔物、魔人と呼ばれる存在であるエルキュール。そんな彼の日常も、アマルティアとの遭遇により捻じ曲げられることに。 自身の矛盾した在り方に苦悩しながらも、エルキュールは世界を壊すアマルティアとの戦いに身を投じることを選んだ。 小説家になろう様・カクヨム様にて同時掲載しております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    904,000

    153,959


    2021年6月21日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:15時間1分

    この作品を読む