恋愛/ラブコメ 長編 連載中

音がない世界、音しかない世界。

作者からの一言コメント

真逆の苦悩を持つ2人の恋愛物語です

聴覚過敏を持ち、耳栓やイヤフォンなしで街を歩けない華音は、ある日大学で耳が聞こえない奏多と出会う。音を使わない交友を強く望んでいた2人は仲良くなり、やがて互いに惹かれあっていくが‥。 「音が聞こえすぎる彼女」と「音が聞こえない彼氏」。補えそうで決して補い合えない溝を巡る恋愛物語です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 音がない世界、音しかない世界。
作者名 うなぎーぬ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ シリアス 女主人公 現代日本 男主人公 大学生 聴覚過敏 ADHD 恋愛 感動
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月4日 22時03分
最終投稿日 2020年10月5日 17時52分
文字数 3,845文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡393,350

    〇1,280

    異世界ファンタジー・完結済・225話・781,504字 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。

  • 想いの力さえあれば、奇跡だって起こせる

    ♡6,100

    〇65

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話・3,532字 アリステスリア

    2020年11月25日更新

    地球全土を席巻していた人類は、もう居ない。 世界には人の心を喰らい血肉を啜る怪物、心喰獣(ナイトメア)が溢れている。 そんな世界、防壁に囲まれた都市で生活する人類は、心を力に変えて戦いながら必死に生きていた。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • こちらも楽しんでいただけたら幸いです‼

    ♡200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・10話・11,858字 樋良島柊帆

    2020年11月26日更新

    『幽霊AIプロジェクト』 死んだ人間の記憶を元にデータを作成し、その記憶の持ち主に似た姿をしたロボットを作成して、データ化した記憶を入れる。ただ、会話をしても決まった言葉しか返ってこない。そんな、『幽霊AI』を作成するプロジェクトが少子高齢化が進むこの世の中で実行された。 そんなプロジェクトが実行される前、小学を卒業する前日、俺は彼女を事故で亡くした。 悲しみながらも、苦しみながらも、月日は流れ、高校の二年生になった。 そんな俺の前に、現れたのだ。 「今日は転校生を紹介する」 という担任の言葉と同時に幽霊AIとなった彼女が・・・ 彼女は死ぬ前の記憶しかなかった。それでも、いいんだって、そう思いながら、AIになってしまった彼女と一緒に日々を過ごしていたが、一週間後、悲劇は突然俺を襲う。 「昨日行った海、また行きたいな」 「・・・海?」 と首を傾げる彼女。 俺は必死に訴えるも、首を傾げるばかり。 なんでと、詳しく調べていると・・・ 『幽霊AIは、一週間に一回充電をしないと生きていけない。そして、充電をすると充電する以前の余分なデータ、つまり一週間の記憶が削除される』 とそんな資料が発見をしたのだった。 それでも俺は、簡単に削除できないような思い出を作ろうとするのだが・・・ もし、あなたの大切な人の記憶が一週間で消えるとしたら、あなたならどんな思い出を作りますか?

    タグ:

  • 初めてBL挑戦しました

    ♡3,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・1,847字 鈴川ちほ

    2020年11月26日更新

    この夏、はじめて人を好きになった でもそれは誰にも言えない秘密の想い せめて友達としと側にいよう ピシリと、何かが壊れていく音がする それでもこの気持ちはなくならない