連載中 短編集

ファルのFA的な何か

作者からの一言コメント

ノベルアップ+内でお渡しする方法として

ノベルアップ内で特定の作品向けに描いたFAを投稿するために使用しようと思います。 (レビューつけれるときはつけるんだけどね。毎回そうとも限らないので;;) たぶん何度か描く機会はあるよね! あ、あとこれ、あくまでお渡し方法なので、ポイントとかいらないです!(無理に断りはしませんが;;)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ファルのFA的な何か
作者名 ファル
ジャンル ブログ/活動報告
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月22日 19時51分
最終投稿日 2020年5月23日 13時36分
文字数 799文字
ブックマーク登録 8件
コメント/スタンプ 21件
応援ポイント 3,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • アンドロイドと中年がチェスをするお話

    ♡16,600

    〇0

    SF・完結済・3話 ツネキチ

    2020年5月28日更新

    人類が宇宙に進出して数百年、とある民間の宇宙船が事故により遭難し宇宙を漂っていた。 船の中には一体のアンドロイドと一人の中年が。 彼らは退屈を紛らわすために毎日チェスに興じていた。 この作品はSF作家アイザック・アシモフ氏が提唱したロボット工学三原則を引用しています。

  • ネコとOLの織りなすハートフルコメディ。

    ♡8,000

    〇10

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話 あんじょうなほみ

    2020年5月31日更新

    「ボク」は、東京のオフィス街・大黒天の片隅で暮らす名前のない1匹の野良猫。 静かで、日当たりがいいこの公園が大好きで、お昼時にはいつもここで過ごしています。 ある日、この公園にふらりと一人の女性がやってきました。 女性の名前は斉藤さん。 「ボク」と「斉藤さん」は、なぜか心が通じ合うのです。 斉藤さんは次の日もそのまた次の日も公園へとやってくるようになり 斉藤さんは「ボク」に、日頃の悩みを打ち明けるようになりました――。 1匹の野良猫「ボク」と、都会ではたらくOLの「斉藤さん」との心の交流を描くハートフルコメディです。 <こんな方にオススメ> ★猫(ねこ/ぬこ)が大好きな方 ★心温まる話・泣ける話が好きな方 ★ハッピーエンドが好きな方

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る