現代/その他ファンタジー 長編 連載中

GLAY GHOST 〜赫焉のジャンゴ

作者からの一言コメント

生きるべきは生き、死すべきは死す

──『陰謀と野望にそびえ立つ積層都市に、棺桶背負った亡霊の、静かな怒りが燃え上がり、今叛逆のGUNが咆哮する!』 ◆◆◆◆ 我々の生きる現代とは異なる未来を歩むこの地球(ほし)にて──。 突如として月が欠け、破片が地球へと落下したことで世界中の環境が変容した痛ましい事件、〈リフレイン〉と呼ばれる惨劇から、半世紀。 生き残った人類は世界各地に積層都市を築き上げ、そこを最後の楽園、〈方舟〉として暮らすようになっていた。 積層都市のうちのひとつサン・ミゲルにて、ある出来事からなにに対しても無気力で日々を無為に生きている男、ジャンゴ。 彼は腐れ縁の友人トニーと、自分を慕う少女ベルとともに争いごととは無縁の日々を送っていた。 しかし、そこへ〈巫女〉と呼ばれる女性カグヤとの思いがけない出会いを発端として、ジャンゴの硬く封印されていた過去と罪が暴かれ始める。 カグヤとは何者か。ジャンゴの過去とは。 侵食され始める日常。迫り来る魔の手。 なんのためにもう一度戦うのか。 赫焉に染まる夕陽のもと、彼らの戦いは幕を開ける。 それは正義のためでも悪のためでもなく。 ただ一欠片の人間性のために──。 【表紙イラストはヒロヤ様 @h_iro3d に有償で依頼したイラストになります!】

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 GLAY GHOST 〜赫焉のジャンゴ
作者名 DDDog
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル ダークファンタジー 近未来 ミリタリー R15 ディストピア マカロニウエスタン風 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年6月12日 21時00分
最終投稿日 2020年12月29日 20時00分
完結日 -
文字数 398,108文字
ブックマーク登録 28件
コメント 15件
スタンプ 155件
ビビッと 7件
応援ポイント 200,800pt
ノベラポイント 40pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

    ♡70,000

    〇5,000

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話・63,564字 瀬戸晴海

    2021年1月17日更新

    帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けらる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様)

  • 誰よりも呪われ、愛された少女の物語

    ♡44,750

    〇2,105

    異世界ファンタジー・連載中・8話・24,631字 Thera

    2021年1月17日更新

    舞台は湖畔の学院都市、チチェリット。 異教徒狩りを行う宗教都市イスカリオンに唯一対抗しうる勢力であり、『怪しげな魔術』と貶められてきた技を『星沁術式』という科学に発展させた、知力を武器とする街である。 その街に、ひとりの少女が流れ着いた。金髪金眼、乞食のような身なり、その名は『イリス』。 社会的弱者にしかなり得ないはずの少女、その正体が明かされる時──イウロ帝国の歴史に、新たな一歩が記される。 宗教と科学。去り逝く者と奪う者。『呪い』と共に、残される者。 世界を覆いつくす不条理に翻弄されながら、少女は託されたモノの意味を求めて歩き出す。 完結作品ですが、リメイクして再投稿中です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る