詩/短歌 長編 連載中

恋がしたくなる言葉

作者からの一言コメント

毎日、あなたに恋焦がれる

読むだけで、恋がしたくなるような短歌を毎日更新していきます。 読んだ人それぞれに思いを馳せて頂きたいので、短歌の説明などはあえて書きません あなたにきゅんが届きますように

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 恋がしたくなる言葉
作者名 桃口 優
ジャンル 詩/短歌
タグ 女性向け きゅんきゅん 毎日更新 ドキドキ 恋愛 ラブラブ 自由詩
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月11日 20時37分
最終投稿日 2021年1月24日 5時02分
完結日 -
文字数 7,596文字
ブックマーク登録 73件
コメント 167件
スタンプ 2,557件
ビビッと 3件
応援ポイント 708,381pt
ノベラポイント 4,887pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最強の力なのにバレたら処刑とか聞いてない

    ♡13,600

    〇80

    異世界ファンタジー・連載中・70話・282,287字 霜月みさき

    2021年1月24日更新

    自分は異世界である「日本」という国の「高校生」で名前を「井神みぃ」だということを思い出した。 それだけならどれだけよかったか。 今いる世界の人間には能力が備わっている。 例外なくみぃにも能力が備わっていたがその力が史上最強最悪と言われたとある国の女王と同じ力であったことから運命が大きく動き出す。 いろんな人たちのいろんな思惑に振り回されたり、理不尽に痛めつけられたり、どうしようもなくて泣いたり散々なこともあったけど、それでもみぃは歩き続ける。 大好きな人たちとの約束を守りながら。

  • 藍。青より濃く、紺より淡い。

    ♡305,100

    〇630

    文芸/純文学・連載中・36話・101,938字 椿木るり

    2021年1月24日更新

    蝦夷梅雨も終わりかけの北の大都会・札幌。休学中の美大生である宇津木詩音はこの街で酒と性に溺れる生活を送っている。ある日、詩音は不倫相手の内田恭子に連れられて行った居酒屋で浅村佳澄と出会う。そこで忘れてしまったライターを返され会話をした日からしばらくの後、土砂降りの中で傘も差さずに立ち尽くす喪服姿の佳澄を見つける。 詩音は幼少期に一冊の画集を手にしてから降り頻る雨の中でキャンパスに描かれる少女性を見つめ続けていく。佳澄、恭子、妹の詩乃、そして真珠の耳飾りの少女。 これは宇津木詩音が画集を手に入れてから手放すまでの、そして詩音が描く少女たちの物語。 「君と見た夏の海」 第一景 ※作中には一部、未成年者の飲酒・喫煙・不純異性交友シーンが含まれますが、それらの犯罪行為を助長する意図はありません。あくまでも小説上の演出であることをご理解ください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 気儘に綴る感情と歪

    ♡13,650

    〇545

    詩/短歌・連載中・26話・4,096字 椿灯夏

    2021年1月25日更新

    生きていくことは綺麗な感情ばかりではいられない。 どんな感情も。 どんな生き方でも。 ただひとつの、証。 生きる、生きた証としてーー足掻いた確かな記憶として遺ればいいなと思って、書いてみようと思いました。私がどうあろうと言葉は続いてゆくのだと願って。 もしかして、私が行きたかった場所まで連れていってくれるかもしれない。 もう「諦めてしまった」ことからーー。 願って願って、これを始まりの物語とする。 いつかの終に向かって。 ✦内容がとにかく闇なので、そのまま書いてるので、苦手な方は閲覧を控えることをおすすめします。

  • 思いついたら書きます

    ♡5,000

    〇20

    詩/短歌・連載中・12話・1,911字 透吉 太夫

    2021年1月24日更新

    頻度や作品の出来は適当です。 文字を書く練習として書きます。 また、作品の傾向としては、キャラクターを参考にしています。 コメント是非お願いします。

    タグ: