連載中 短編集

恋がしたくなる言葉

作者からの一言コメント

毎日、あなたに恋焦がれる

読むだけで、恋がしたくなるような短歌を毎日更新していきます。 読んだ人それぞれに思いを馳せて頂きたいので、短歌の説明などはあえて書きません あなたにきゅんが届きますように

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 恋がしたくなる言葉
作者名 桃口 優
ジャンル 詩/短歌
タグ 女性向け きゅんきゅん 毎日更新 ドキドキ 恋愛 ラブラブ 自由詩
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月11日 20時37分
最終投稿日 2020年7月3日 5時10分
文字数 1,069文字
ブックマーク登録 26件
コメント/スタンプ 211件
応援ポイント 56,300pt
ノベラポイント 960pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少年レンは異世界生活を楽しむ!

    ♡93,501

    〇11,450

    異世界ファンタジー・連載中・44話 ネコカレー

    2020年7月1日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる。 転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムの「レム」メイドの「ミュウ」ギルドマスターの「セレナ」と共にギルド結成 レンはレベルアップして召喚石で召喚獣の「ライ」と「アンジュ」をサモン!そしてなんとスキルで人の姿に変身!? この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! ジャンル異世界ファンタジーランキング 2位を獲得しました!

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡180,900

    〇1,683

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 言の葉のさざめきに、その身を任せて。

    ♡1,900

    〇100

    詩/短歌・連載中・4話 御子柴 流歌

    2020年7月3日更新

    短歌や詩をメインに、いわゆる小説的ではないタイプの「言の葉」をお届けします。 ちょっとガンバって詠んだモノから、何気なく詠んだモノまで。

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡2,800

    〇0

    詩/短歌・連載中・22話 真朱マロ

    2020年7月3日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集