ホラー 短編 完結済

海の底へと

作者からの一言コメント

海に生える美しい白い腕

海に、白く美しい手が生えていた。 女のものか、男のものか分からないが非常に美しい。 しかしそれに触れてはいけない……導かれてしまうから。 【怪談風の創作民話です】

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 海の底へと
作者名 浅倉喜織
ジャンル ホラー
タグ ダーク 和風 ノベプラオンリー R15 海と船の発表会 怪談
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年2月22日 13時10分
最終投稿日 2021年2月22日 13時11分
完結日 2021年2月22日 13時10分
文字数 1,225文字
ブックマーク登録 4件
コメント 8件
スタンプ 21件
ビビッと 5件
応援ポイント 14,600pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 愛の重たいストーカー少女に気をつけましょ

    ♡100

    〇0

    ホラー・連載中・3話・5,002字 英雄譚

    2021年3月5日更新

    それは傲慢なファンタジー作家の身に起きた奇妙な出来事。 人気作家『神谷慎也』はある日、担当編集者と次回作の打ち合わせをしていた。 『テンプレ』を完全に無視したファンタジーな世界観で人気を博した神谷はジャンルを切り替え、突然ホラー系の作品を書きたいと告げる。 担当編集者はなにかの冗談なのかと理由を問うと、神谷は不機嫌ながらもホラー系の執筆意欲のワケを話しだした。 「ただのホラー話を書きたいのではない。この私の身に起きた、実話を参考に物語を創作したいのだ。あれはバレンタイン間近の出来事———」 人気作家にはファンは付き物だ。 中には無論、奇妙なファンも存在していた。 そんなファンとの奇怪的で甘い体験を記したホラー短編である。

  • 明るいゾンビアドベンチャーです。

    ♡206,800

    〇270

    ホラー・連載中・83話・208,227字 黄札

    2021年3月5日更新

    朝、何気なくテレビを付けると、天気予報とセットでゾンビ発生注意が喚起されていた。 まあ、いつものことなので気にもしない。 しかし、お気に入りのアニメを見ようとしたところ、母親から買い物に行ってくれという電話がかかってきてしまう。 ニートである立場上、断れずしぶしぶ重い腰を上げて外へ出る事に…… 家でアニメを見ていても、同人誌を売りに行っても、バイトへ出ても、ゾンビに襲われる主人公。 何で俺ばかりこんな目に……嘆きつつもだんだん耐性ができてくる。 しまいには、サバゲーフィールドにゾンビを放って遊んだり、ゾンビ災害ボランティアにまで参加するようになる。 友人はゾンビをペットにし、効率よくゾンビを倒すためエアガンを改造する。 ゾンビがいるのが日常となった世界で、当たり前のようにゾンビと戦う日常的ゾンビアクション。毎日夜9時更新! 小説家になろうでも投稿。以下なろうでの成績↓ ジャンル別(パニック)日間ランキング最高1位獲得!! ジャンル別週間ランキング4位!!(10月4週) ジャンル別月間ランキング6位!!(11月) ジャンル別4半期ランキング11位!!(11月) ©2020黄札