エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

ラノベ執筆歴3年ぐらいのド素人がつぶやく創作あれこれ論

作者からの一言コメント

エッセイの執筆歴25年がラノベ創作を語る

読了目安時間:6分

 私、執筆歴25年ぐらい。そのほとんどがエッセイと詩(歌詞)。  Web版ライトノベルは約3年。ほとんど独学。回り道をしてきたからこそ、書ける創作論を展開していきたいと思います。  ヒトは言う。大ベテランやん⁉ と……、そうかしら? と返す私です。  ※あくまでも「私」の考えなので、万人に受けいられるとは思ってないので、苦情などは受け付けておりません。あしからず。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ラノベ執筆歴3年ぐらいのド素人がつぶやく創作あれこれ論
作者名 あかつき らいる
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ノベプラオンリー 現代日本 日常 エッセイ コラム 創作論 執筆 プロット お悩み解決
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月19日 15時40分
最終投稿日 2020年7月27日 17時00分
完結日 2020年7月27日 17時00分
文字数 2,915文字
読了目安時間 6分
ブックマーク登録 15件
コメント 16件
スタンプ 31件
ビビッと 0件
応援ポイント 13,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【R·O·S·E】

    学園の深層で始まる少女の復讐劇。

    32,400

    60


    2021年4月24日更新

    異物の異郷【ミスティルテイン】剣聖学園。 毎年、何百人もの入学生を迎える世界の中心にある剣の学園へ入学した女性【リディア・ローズ】は異郷での六年間を開幕させる。 不安定な安寧、不特定な混沌が蠢く世界の中心で、墓標に朽ちた【極剣】と新たな【極剣】を携え、復讐の華を咲かせる。 許しなど必要ない。自分にも誰にも、世界にも。 最低の選択でもいい。それで未来を一滴たりとも残さず奪えるなら。 九年前に平凡な未来を奪われた少女が、今度は未来を奪う。 なんて事ない平凡を失った、滑稽な復讐劇。 ◆◇◆ 2021/04/24 にて【R·O·S·E】は一旦〆です。 エピローグに 後書き がございますので、そちらも読んでいただけると幸いです。

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    7,800

    10


    2021年5月9日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛のみ』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った。 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で、別次元の世界に居た者にと、興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして一切、妖華を離す気もない。 でも龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華にと気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 けれど知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全てが判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐに龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すらも愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。

    読了目安時間:8時間24分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る