ラノベ執筆歴3年ぐらいのド素人がつぶやく創作あれこれ論

長く続くコツってありますか? 1

 創作に関するお悩みを募集したところ、さっそくいただきましたので、私なりに解釈(アドバイス)をしてみたいと思います。 【悩み】  長く続くコツってありますか?  【アドバイス】  物語が長く続くコツなのか、執筆活動が長く続くコツなのかが、ちょっと分からないので、この際、両方とも書きますね。  そのため3つに分けます。   (物語の場合)  物語の骨組みともいえるプロットや、登場人物の設定のようなキャラクターシートを作っていますか?   最初のエピソードから、終わりまでの()()()エピソードを決めて書いておくと、物語が横道にそれて戻ってこれなくても、プロットを見ると元の位置へ戻ってこれます。プロットは人それぞれですが、簡単でいいです。例えば「主人公が、何をして、どうなった (どうなる予定)」。これだけでも構いません。    逆にこういう人もいます。プロットにこだわりすぎちゃって文章化する余力がないよー!!   こういう人はプロットに書く項目を減らすだけで改善できたりもします。    これは私の場合ですが、40pの大学ノートに直筆で書き込んでいます。このノートはもうすぐ3冊目に突入しますが、ネタ帳も兼ねているので冊数が多いだけです。プロットも、キャラクター設定も、モンスター図鑑のようなものも書いています。  ()()()()()()()()()を作っていまして、これは、終わり (結果)から書いていくという技法です。  プロットには本文に盛り込みたいエピソードを文章ではなく「箇条書き」で書き入れています。セリフだけの場合や、使いたい単語だけの時もあります。先に「主人公たちがどうなる予定、その予定をクリアするために起きる出来事、はじめの書きだし」といった順番ですね。  私は説明が下手でうまく伝わるかが分からないので、連載している作品「ジビエ料理は異世界食堂で」のプロットをほんの少しだけ画像で見せますね。こういうのは見てもらった方が早いと思うので。  あくまでも「私」の場合は、ですが。 (次のページでお見せします。少しネタバレ含むけど)

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る