ラノベ執筆歴3年ぐらいのド素人がつぶやく創作あれこれ論

=閑話休題= プロフィールにはどこまで載せたらいい? 

 プロフィールにはどこまで載せたらいい? というお悩みを頂きましたので、公募勢の一人として解釈(アドバイス)をしてみます。  気になりますよね。どこまで書いたらいいのか、どういう内容を書いたらいいのか。  公募では、応募要項という名のルールみたいなものが決められています。  これには各種の〇〇賞ごとに違います。応募要項は、しっかりと読んで守りましょう。  【小説の場合】  表紙(一枚目)には「タイトル、名前(ペンネーム)、400時原稿用紙での概算枚数」だけを書きます。  二枚目には「あらすじ」を書く。あらすじの文字数も、内容も決められている場合あり。  三枚目から、いきなり「本文」です。三枚目から、ノンブルをふります。ノンブルとはページ番号の事です。  書き終わったら「了」もしくは「終」を最終行に入れる。  これとは別の用紙に。  タイトル  名前(ペンネーム)  本名 (本名にはフリガナ)・性別 (戸籍謄本に書かれてある性別)  郵便番号  住所 (都道府県から書く)  電話番号 (日中、連絡可能の電話番号)  連絡先 (メールアドレス)  受賞歴・出版歴 (刊行していたらその出版社名と作品名)  執筆歴  略歴 (最終学歴と現在の職種)  ――が、基本です。公募に応募の場合は、です。  でも、Web小説サイトにベラベラと()()()()を書いて公開するわけにはいかないので、さてどうするか?  私は、ペンネームの由来、執筆歴、得意なジャンル、受賞歴・出版歴 (刊行していたら、その作品名)ぐらいは書いてもいいかな、と思っていますが、注意点が一つあります。それは利用規約に「他社の宣伝を禁じる」などと書かれてある場合があるので、そこらあたりは気をつけないといけません。  さじ加減が難しいですが、プロフィールは書いておいた方がいいと思います。  創作以外のお悩みを寄せてくださり、ありがとうございました。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る