現代/その他ファンタジー 長編 完結済

Re:Maria -天使と悪魔-

作者からの一言コメント

私はただ、誰かに必要だと言って欲しかった

読了目安時間:8時間7分

西暦2031年12月。 中央ヨーロッパの一国、ハンガリーでは国際連盟主催による特別総会が開催されようとしていた。 欧州を揺るがした難民危機から15年余り。未だに解決の兆しを見せない問題に対して国家という括りを越え、国際機関である世界特殊事象研究機構を含めた取り組みが始まろうとしていたのである。 その最中、ハンガリーとセルビア国境付近で謎の殺人事件が頻発する。 最初の事件発生から1か月経過しても現地警察などが犯人の足取りすら掴めずにいる中、ある軍事機密漏洩が原因による新兵装の使用疑いがあるとの情報が国際連盟にもたらされた。 その情報は連盟内部から機密情報が漏洩した可能性を示唆するものであった。 世界特殊事象研究機構と国際連盟が動き出す中、自身の未来に対する答えを求める旅をする青年もまたハンガリーの地を訪れる。 生涯孤独の難民殺人者、難民狩りの男【ライアー】 自身の未来に答えを求め旅をする青年【フロリアン】 国際連盟 機密保安局 -セクション6 局長【マリア】 世界特殊事象研究機構 総監【レオナルド】 冬の冷たい空気が満ちる欧州の地で、異なる目的を持つ人物たちの4つの運命が交錯する。 さらに、その運命の行く末を見届ける者もまたハンガリーの地を訪れていた。 ヴァチカン教皇庁 総大司教 【ロザリア】 それぞれの目的を胸に秘め、この地に集まる者達が辿るそれぞれの未来を描く物語が今、始まる。 【この物語はフィクションです。作品に登場する国家・人物・団体・名称などは実在のものとは関係がありません。】

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 Re:Maria -天使と悪魔-
作者名 Limaria
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 近未来 架空組織 難民問題 ハンガリー 宗教と科学
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年3月20日 22時56分
最終投稿日 2021年3月20日 23時23分
完結日 2021年3月20日 22時54分
文字数 243,275文字
読了目安時間 8時間7分
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 14,800pt
ノベラポイント 383pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る