SF 長編 連載中

超変則将棋型バトルゲーム クロス・レイド

作者からの一言コメント

俺のターンだ! 将棋×モンスターバトル!

読了目安時間:7時間4分

超変則将棋型バトルゲーム クロス・レイドの表紙

二×××年 あるゲームが世界中で記録的なブームを巻き起こしていた。 それは将棋から派生したゲームで、名前を『CROSS RAID(クロス・レイド)』という。 『CROSS RAID』の『CROSS』は、『Creative(クリエイティブ)』『Realize(リアライズ)』『Over(オーバー)』『Shogi(ショーギ)』『System(システム)』の頭文字をとって名付けられたと伝えられている。 だが、なぜか『RAID』の方の語源については、そのような言い伝えが一切残っていない。 基本的なルールは将棋そのものだが、盤と駒のサイズは通常の将棋のものより二倍ちかく大きい。 ルールにおいて将棋と明確に違うのは、クロス・レイドには『スキル』という概念が存在することだ。 クロス・レイドは駒をモンスターとして表現しており、最新の技術によってモンスターが立体映像化して迫力のあるバトルが楽しめるのだ。 クロス・レイドが発売してから四百年近くが経過している現在、すでに職業として成り立つほど世界に定着していた。 これは、クロス・レイドを愛してやまない少年の成長の物語。 ◇ ◆ ◇ 挿絵あり。 序盤は文章にやや難あり。(改稿が厳しいので、ひとまず諦めました。) 見どころは二章の終盤。ダブルス決勝戦です。 三章に入ってからは、比較的安定しているかと思いますので、特に序盤の方は改稿されるまでは、場合によっては読み飛ばしながらよろしくお願いします。<m(__)m> クロス・レイド設定資料 https://novelup.plus/story/868421939 クロス・レイド外伝 https://novelup.plus/story/683580499

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 超変則将棋型バトルゲーム クロス・レイド
作者名 音村真
ジャンル SF
タグ 将棋 変則将棋 バトル 立体映像 スキル 俺のターン 召喚 モンスター トレーディングゲーム 召喚口上 ドラゴン ダブルス 外伝あり ノベプラオンリー HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月2日 17時38分
最終投稿日 2021年5月10日 11時49分
完結日 -
文字数 212,204文字
読了目安時間 7時間4分
ブックマーク登録 13件
コメント 13件
スタンプ 70件
ビビッと 8件
応援ポイント 83,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,900

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • 心霊刑事 楓

    怪奇事件に刑事高見澤とバイトの楓が挑む

    691,800

    67,553


    2021年5月14日更新

    世の中には犯人が人間ではない怪奇事件が増えていた。怪奇事件専門の刑事高見澤は、電子義眼でサングラスをかけている盲目の少女楓を最低賃金で助手のバイトに雇った。楓は持ち前の霊感力で、人外、半妖、悪霊などが引き起こす事件の捜査の大きな助けとなる。次々と難しい事件を解決したニ人は怪奇事件捜査の最強コンビになった。高見澤は楓をプロの刑事に育てようとする。しかし、楓には誰にも知られていない秘密があった。

    読了目安時間:11時間12分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不正破壊者の我侭姫

    それは、もう一つのリアルなのかもしれない

    2,400

    10


    2021年5月15日更新

    西暦2019年、様々なARゲームが稼働している中、『アーケードリバース』と言う名のARゲームを巡り、コンテンツ流通を独占しようと言う勢力とゲーマーが激突する――そんな物語。 そのフィールドで戦う事になる、我侭姫ことデンドロビウムは――チートがはびこるゲーム業界に何を思うのか? そして、SNS炎上、コンテンツ業界……様々な要素が、この世界を変えようとしている。 ※この作品はフィクションです。実在する地名などとは関係ありません。 ※本作で言及されているふるさと納税に関しては、現実に存在する同名の物とは全くの別物になります。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載していますが、細部は若干異なります。 ※本作の二次創作を段階的に許可しております。詳細は、カクヨムかピクシブにて公開中のガイドラインをご覧ください。(リンクはピクシブの物です)https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12408308

    読了目安時間:8時間52分

    この作品を読む

  • 夕日の空に一粒の光が輝いて。

    思いつきで書いた軽いSFの読み切りです。

    200

    0


    2021年5月15日更新

    いつもと変わらない夕日の空に一粒の光が……。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む