連載中 長編

ゾンビVS.ひきこもり

作者からの一言コメント

最強のひきこもりがゾンビと戦う話

 高校生の黒沢誠也は、いつかゾンビが現れるという妄執に囚われて一般的な生活を送ることができなくなっていた。  来たるべきゾンビの出現に備えて食料を備蓄し身体を鍛える黒沢を周囲は笑っていたが、ついにその日がやってきた。  突如として発生した原因不明のゾンビパンデミックは、世界中で急速に拡大することとなった。  世界が震撼する一方で、黒沢は対ゾンビ仕様の要塞と化した自宅に悠然と立て篭もり、水を得た魚のように活き活きとゾンビを始末しながら生の実感を得る日々を過ごしていた。  そんなある日、高校の担任教師と数名のクラスメイトが避難してきたことで黒沢の生活は一変するのだった。 ※ゾンビ好きによるゾンビ好きのための物語 秋までに完結させて第14回HJ文庫大賞に応募予定です

前へ

次へ

作品情報
作品名
ゾンビVS.ひきこもり
作者名
春雨 蛙
ジャンル
ホラー
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日
2019年8月5日 2時15分
最終投稿日
2019年10月16日 2時17分
文字数
79,247文字
ブックマーク登録
55件
コメント/スタンプ
224件
応援ポイント
159,000pt
ノベラポイント
5,305pt
応援レビュー
4件