【ここどこ】迷子になったんだが【助けて】

読了目安時間:3分

前へ

目次

次へ

本編

1:怖い名無し まさかこの歳にもなって迷子になるなんて思いもしなかった 2:怖い名無し 2ゲッツ! とりまイッチはコテハン&スぺやれな 3:迷子です 俺は高校生 4:怖い名無し 簡潔スギィ!! 5:怖い名無し どういう経緯で迷子になったんだよ? 6:迷子です ≻≻5 帰宅中にいつもは通らない裏路地通ってたらいつの間にか知らないところにいたの 7:怖い名無し イッチ実は余裕だろ 8:迷子です まぁ、スマホの充電きれるまでは無敵だよ 9:怖い名無し 寄り道はだめだとあれほど・・ 10:怖い名無し 周りに何が見えるんや? 11:迷子です ≻≻10 ドデカい鳥居 12:怖い名無し 神社? 13:迷子です わからん。でも、鳥居だけがある感じ 14:怖い名無し それはそれで怖いですね。中に潜ってみてください 15:怖い名無し 手水舎はあるか? 16:迷子です てみずしゃってなんやねん 17:怖い名無し 杓置いてあるところだよ。水場あるだろ 18:怖い名無し チャンネル民に語彙力を求めてはいけない 19:迷子です ああ、それっぽいのはあったけど半壊してる。水びしゃびしゃ漏れ出てるんだが 20:怖い名無し 水止まってないのか 21:怖い名無し ≻≻20 ちょっとおかしいですね そのほかに何か見えますか? 22:迷子です ぐるっと走り回った感じ拝殿?が二つある 23:怖い名無し 内拝殿と外拝殿かな 24:怖い名無し 本殿はー? 25:迷子です ちょっと待ってクレメンス 26:迷子です ちょっと警察に通報する 27:怖い名無し どうした 28:迷子です どくろあった 29:迷子です 件が言ってなってる 30:怖い名無し おちつけ 31:怖い名無し 取り敢えず鳥居の前で固まるんだ。誰かしらとおるだろ 32:迷子です といりがない。どこにもない 33:怖い名無し 迷子になったのか 34:怖い名無し 素数数えるんだ。ちょっとバカっぽいイッチに戻っておくれ 35:迷子です 素数って0含まれるっけ…… 36:怖い名無し あ!ちょっと馬鹿っぽい! それでこそイッチやで 37:怖い名無し なんでそこまでイッチを馬鹿にできるんや? おまいらも素数わからんやろ 38:怖い名無し ≻≻37 当たり前やろカス 39:迷子です 警察につながらないし、もうどうすればいいんだ 40:怖い名無し 奥へ行ってみてください 41:迷子です オッケー 42:怖い名無し なんかあった? 43:迷子です 洋館あった! お屋敷お屋敷! 電話借りてくる! 44:怖い名無し 一件落着かな??? 45:怖い名無し さっきからイッチを誘導してるカスがいるな 46:怖い名無し それな 47:怖い名無し マ? 48:怖い名無し マジやで 49:怖い名無し そんなことねぇだろ 50:怖い名無し 読み直してこいボケ 51:怖い名無し ほんまやん 52:迷子です 誰も居なかった。無人だったわ 53:怖い名無し え? 無人? 54:迷子です そろそろ怖くなってきたな。脱いどくわ 55:怖い名無し その洋館に入ってください 56:怖い名無し ≻≻55 マジでやめろよ。そういうの 57:怖い名無し その洋館に入るな。なんか≻≻55が怪しいぞ 58:迷子です もう入っちゃったんだけど 59:怖い名無し 保護しに行きます 60:迷子です 誰か来た!ひといたんだなあ 61:怖い名無し ダメだ、このイッチレス見てない 62:怖い名無し 勘違いしてほしくないので言いますが、僕はこの洋館の主です 63:迷子です 美人さんがスマホ片手に凛とした表情作ってるwww 草生えるってこんなの 64:怖い名無し どゆこと 65:怖い名無し 釣りってことです 66:怖い名無し ちくしょう!俺の時間返せ!!

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 夜ひらく

    怖がりでも大丈夫。怖さ少なめの話です

    0

    0


    日時集計中

    実話あり創作ありの短編集です。コメントにある通り、怖さ少なめの軽いお話です。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 一行怪談集

    ただ一行で紡ぐ怪談。

    1,858,401

    8,406


    2021年6月22日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む

  • 私。

    「私。」の言葉は時に優しく、時に刃となる

    22,000

    50


    2021年6月22日更新

    この話の中に出てくる人物は、全て同じ人間、成人女子である。 彼女に限らず、誰だって様々な局面で様々な立ち回りをするものだ。 無意識に。別人のように振る舞う。 人間は無意識に相手によって振る舞い方を変えている。 良くも悪くも。 誰もが持つ陰と陽。 最後に。 彼女はメンヘラ そして バイセクシャルである。 一話完結の短編集。 <追伸> 各タイトルの始めに書かれている○は「陽」、●は「陰」から始まる物語であることを示している

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:31分

    この作品を読む