サヴァイヴ・アライブ ―殺戮人形の矜持―

読了目安時間:5分

エピソード:36 / 58

Section11『リミット・オーバー』~時系列『現在』~

――499――  バーンズは三人に銃を向けられた状態でも余裕の態度で、むしろ表情には笑みさえ浮かべている。 「ドールズが揃ったか」  フィオラはすかさずスタームルガーP95拳銃を抜き、かばうようにバーンズの前に立った。 「完全にバーンズのモノに成り下がったか! フィオラ・ウィリアムズ!」  専用武器の拳銃を構えながらハーヴが吐き捨てる。  フィオラは沈黙を返事にした。  バーンズは自分を守護するフィオラとそれに対峙するドールズの面々を交互に見てはぁと息を吐いた。 「ウィリアムズくんはまだ、わかりやすいな。この子の望んでいることはカイルくんとの個人的な決着。……むしろ不思議でたまらないのは君たちの方だ、ドールズ」  バーンズは前のフィオラに割り込むようにしてドールズの前に立った。向けられた銃口には意にも介せないように。  フィオラの銃口が渋々といった感じに下ろされることを確認すると、バーンズは続けた。 「私にはね、まぁあれを起こした張本人が言うのも恐れ多いが、あの現状になってもなお、アメリカに忠誠を誓う君たちの心情が理解できないのだよ」 「よせ、耳を傾けるな! ハーヴ!」  ベッドに繋がれているカイルが何かを察し、口を挟む。 「そう言うなカイルくん。私は至極当然の事を言っている」  バーンズは微笑みながら優しく諭すと続けた。 「私が思うに、君たちデザイナー・ベイビーは遺伝子レベルに「愛国心」が刻まれているようにも窺えるが、どうだね? 私と敵対していることも、アメリカを守っているのも、すべて操作されている……そうは思わないか?」  ハーヴの銃口はガクガクと揺らいでいた。それは共にバーンズに銃口を向けているジェーンやレイもそうだった。  恐怖心によるものか? ハーヴはそう思ったがそれ以前の話だ。自分の存在意義(アイデンティティ)がもろく崩れ去ろうとしている。そんな漠然とした不安に囚われた。 「さて、君たちが連合国(リ・アメリカ)を守る理由はなんだ?」  かちり、と撃鉄を倒す鋭い音がハーブの背後に響き渡った。 「貴様たちはここで最後だ」  ジャック・フリンのしわがれた声が後ろから聞こえる。 「それでは私はこれにて失礼するよ、諸君らと遊んでいる暇もそんなにないのでね」  まるで少しばかり席を外すよろしくバーンズは手に持っていた回転式拳銃(リボルバー)をホルスターに収め、出入り口のドールズの三人の横を通り過ぎた。 「フリン、後は頼むぞ」  その三人に銃を向ける使いにそう言うと部屋を出る。 ――400――  カイルは焦りを隠せないでいた。ジョンが戦意喪失、ハーヴとジェーン、レイもだ。残るは手錠で繋がれたおれとミラだけ。  そこで動きがある。ごんという鈍い音が聞こえた後、フリンが突っ伏して倒れていた。見るとクレア・ヘンドリクスが鉄パイプを持って佇んでいた。  すかさずミラはフィオラの持つ拳銃を捻じり取り、顔面に一発お見舞いした。  フィオラが倒れる。  クレアが「ああ、やっちゃった!」と鉄パイプを取り落した。 「あんたなんなんだよ?」  カイルが困惑気味に叫ぶ。 「ASFの潜入工作員よ! ほら、こいつらが倒れている間にとっとと行くよ!」 ――299――  アンジェリカ・クラーク司令の乗せたVTOL機は急速に島に近づいていた。  島に近づく度に機内はがたがたと振動が来る。 「もっと近づけないの?」  司令がそううながす。パイロットは、 「やってみせますぜ……!」  と歯をぎりぎりと噛み、機体を近づけた。 ――199――  カイル一同はマップを頼りに脱出ポイントまで急いでいた。  カイルはハーヴに肩を貸して歩くのがやっとで、ジェーンとレイ、ミラが背後に追従している。  ジョンとクレアは先頭を歩いていた。  敵兵と呼べる者は不気味なほど居らず、ただ薄暗い空間を陣を組んで走っている。  ジョンがヘリポートに繋がるドアを蹴り開ける。  大雨が一同を襲った。 「VTOL機は……!」  ジョンは発煙筒(フレア)を擦り、辺りを見渡す。 「おやおや……! どこに逃げると言うんだね? ドールズ諸君」  背後からねっとりとした声が聞こえる。  ヴィクター・バーンズだった。  ジェーンが地面を蹴り、専用武器(パーソナル・ウェポン)であるN(ナックル)・ブラスターを構えながら、バーンズに突進した。  この武器は拳を突き出すと弾が射出される仕組みの銃だ。  バーンズは背を屈め、拳を躱すと、ジェーンの首を掴む。 「ジェーンを離せ!」  ミラがガバメント・カスタムを構えながら言う。 「ああ、そうしよう」  バーンズはそう言うと、ジェーンの首を締め上げへし折った。  力を無くしたジェーンの骸がへたりと地面に倒れる。 「ほら? 離してやったぞ」  ミラが叫びながらガバメントをバーンズに連射した。  バーンズも弾道をかわしつつ、M500回転式拳銃を一発、二発、三発と連射した。  三発目でミラの心臓部に弾丸が直撃する。  ミラは「ぐぅ!」と言い、地面に倒れた。 「ミラ!」カイルとジョンが同時に叫ぶ。  その時、雨の中に銃声が聞こえバーンズの回転式拳銃(リボルバー)が弾け飛んだ。  バーンズがその方を見ると、VTOL機が頭上を飛んでいく。 〈私の子に手を出さないでくれる?〉  クラーク司令の鋭い声がスピーカーを通じ響き渡った。  救援が来たのだ。 「『私の子』か……、なるほど」  バーンズはそう独り言ち、ミラの骸の首を持ち上げた。  そして何を思ったか、カイルを担いでいるハーヴの元に凄まじいスピードで来ると掌打(しょうだ)でハーヴを突き飛ばし、カイルを担ぎ上げる。 「アンジェリカ、この子が欲しいと言うならば、私を追いに来い!」  そしてジョンが先刻蹴り開けた脱出口に消えていった。  VTOL機のハッチが開かれ、クラーク司令がPSG-1狙撃銃を持って出迎える。 「ヒビキ少尉、マークス上等兵、スピード二等兵、ヘンドリクス、無事ね?」 「カイルが……!」  ジョンが言う。 「これ以上はこの機体が持たないの、脱出するわ」  クラーク司令がそう告げて、機体のハッチを閉めた。  ジョンはぐったりと疲労感が蝕むのを実感した。  おそらく、あの局面で最も勇気のある啖呵を切ったカイルと……そしてミラ。  ミラが死んだ? バーンズの放った凶弾はたしかにミラの心臓部に着弾していた。  嘘だ、そんなはずはない。彼女が死ぬわけがない。  カイルもだ、狙撃手たる彼の安否は……?  深い絶望感に囚われたままジョンの乗るVTOL機は本国へ帰還しようとしていた。 ――000――  生存者――3/8人。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 猫

    アサシン工房

    ♡1,000pt 2021年11月21日 20時38分

    え?ミラ死んじゃったの!?

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    アサシン工房

    2021年11月21日 20時38分

    猫
  • みりたりステラ

    玉屋ボールショップ

    2021年11月23日 22時31分

    果たして……次回をお楽しみに!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    玉屋ボールショップ

    2021年11月23日 22時31分

    みりたりステラ
  • みりたりステラ

    中村尚裕

    ♡500pt 2020年1月9日 22時32分

    バーンズなりの『寛容』と『冷徹』の境界というものに、ふと思いが及ぶエピソードですね。 己に銃口を向ける者は受け流せても、理想に牙を剥く輩には容赦せず――あるいはそんな行動原理が覗いているような。あるいは息子に通じる“子供”を前にしているからこそ怒りを覚えるのかも知れませんね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    中村尚裕

    2020年1月9日 22時32分

    みりたりステラ
  • みりたりステラ

    玉屋ボールショップ

    2020年1月16日 21時32分

    いつもコメント&PTありがとうございます! 大人の対応を取りつつも、己の信念に妥協はしない……そんなことが感じられたら、と思います!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    玉屋ボールショップ

    2020年1月16日 21時32分

    みりたりステラ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 雨上がりに僕らは駆けていく

    世界の運命を変える、ある1人の少女の物語

    8,800

    0


    2022年8月17日更新

    「隕石衝突の日(ジャイアント・インパクト)」 そう呼ばれた日から、世界は雲に覆われた。 明日は来る 誰もが、そう思っていた。 ごくありふれた日常の真後ろで、穏やかな陽に照らされた世界の輪郭を見るように。 風は時の流れに身を任せていた。 時は風の音の中に流れていた。 空は青く、どこまでも広かった。 それはまるで、雨の降る予感さえ、消し去るようで 世界が滅ぶのは、運命だった。 それは、偶然の産物に等しいものだったが、逃れられない「時間」でもあった。 未来。 ——数えきれないほどの膨大な「明日」が、世界にはあった。 けれども、その「時間」は来なかった。 秒速12kmという隕石の落下が、成層圏を越え、地上へと降ってきた。 明日へと流れる「空」を、越えて。 あの日から、決して止むことがない雨が降った。 隕石衝突で大気中に巻き上げられた塵や煤が、巨大な雲になったからだ。 その雲は空を覆い、世界を暗闇に包んだ。 明けることのない夜を、もたらしたのだ。 もう、空を飛ぶ鳥はいない。 翼を広げられる場所はない。 「未来」は、手の届かないところまで消え去った。 ずっと遠く、光さえも追いつけない、距離の果てに。 …けれども「今日」は、まだ残されていた。 それは「明日」に届き得るものではなかったが、“そうなれるかもしれない可能性“を秘めていた。 1995年、——1月。 世界の運命が揺らいだ、あの場所で。

    読了目安時間:11時間16分

    この作品を読む

  • 宇宙艦隊オッパリオン

    胸弾けるSF艦隊ファンタジー開幕!

    4,400

    50


    2022年8月17日更新

    【読者の皆様のおかげで、第三章公開中です!!】 本日も宇宙艦隊オッパリオン発進!! 地球より遙か離れたオッパリオン星系。そのオッパリオン星はマーラ帝国の侵略を受け、危機に瀕していた。劣勢のオッパリオン星はアーリア提督を筆頭に星を救うという伝説の力、Zリーヌンスを求め、水平の銀河――地球を目指す。そこで地球人翔平はオッパリオン人と出会い、宇宙を揺るがす騒乱に巻き込まれていく。 Twitterもやってます。 本文・構成:スケキヨ「@sukekiyo_00」 原案・デザイン・更新:YOM「@ei_yomsan」 「小説家になろう」「PIXIV」「カクヨム」でも同時掲載しております。 小説家になろう(R15)は「https://ncode.syosetu.com/n3118gr/」 PIXIV(R18)「https://www.pixiv.net/novel/series/1446094」 カクヨム(セルフレイティングあり)「https://kakuyomu.jp/works/16817139555432038147」

    • 性的表現あり

    読了目安時間:23時間34分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 白い魔女と小さな魔女

    魔女とお客さんの物語。

    37,550

    5


    2022年8月16日更新

    どこにでもありそうな普通の住宅地。 その片隅には異人館を彷彿とさせる小さな洋館が建っており、そこには白い魔女が住んでいた。 髪も肌も、心までどこまでも白く清純で、瞳もまた透き通るように青く美しいその魔女は、モノを修復する魔法を生業に暮らしていた。 これは、その白い魔女と小さな魔女、そしてお客さんの物語。 イラスト:mia(@mamia_14)様

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    15,900

    0


    2022年8月17日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:12時間27分

    この作品を読む